おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

ラスト1週間、登りきれるか?/クライミングメモ111(ジム91、江戸川橋63、パス39)

先日、錦糸町 110,90,26,38
Kジマ氏とリード。
3日連登。1日の登る本数は少なくして、登る頻度を上げるという実験。技術的な面からは、たぶんこの方がいいはず。だが、フィジカルは強くなるのか?
軽いアップの後、まず黄色12aの核心部のみの練習。1回は止まるが、ゴールは取れず。この核心部、ここだけやっても成功率は50%に満たない。練習あるのみ、だが。ツヨツヨ女性のYさんに聞いたら、遠い1手ができないので、やめたと言っていた。サイズが合わない、と。自分はギリギリだな。そこだけやればできるときもあるのだから、諦めることはできない。

7月課題11dを登るが、下部からテンテンで話にならない。体が上手く動かない。疲れているというより、ぼーっとしているというか、眠っている感じ。
まったく調子が悪そうなので、たまにはスラブでもということで、スラブのオオイケ11aをトライ。遠い遠いで苦労したが、2便でRP。ちなみに、Kジマさんは11cをOS。クライミングが上手い人はなにをやっても上手い。
先ほどのテンテン1本と、スラブを登ったら、ようやく体の目が覚めた感じで、少し軽くなった。スラブの難しいのをやると、手は張らないが全身を伸ばして動かすので、アップにいいのかもしれない。
奥壁が空いたので、再び7月課題にトライ。中間部の核心を越え、鬼門だったクリップもこなし、最後の2手は声を上げ、終了点へ。ようやくRP。
8便もかかってしまった。情けない。11dなら5便以内で登りたい。
Kジマさんは、8月課題の12bをRP。4,5便目だろう。さすがだ。見ていた店長から、設定よりも下足から核心を越えていて、体幹が強いと感心されていた。
次は、黄色12aトライしつつ、垂壁左の10d、11aあたりかな。


本日、江戸川橋 111,91,63,39
雨だから混んでいるだろうと思いつつでかけ、実際ボルダーエリアはそこそこの混雑だったが、リードエリアは空いていた。みんなどこに行ったのだろう?
50氏、Oツカさんがリードで登っていたので、混ぜてもらう。
狙いは1面ハング黒12c。
月曜にホールド替えになるだろうから、この土日で登ってしまいたい、と思っていたが、50氏と話していて、1週間勘違いしていたことに気づいた。ホールド替えの作業が行われる店の定休日は再来週だから、あと1週間あるんだった。ま、そうは言っても早く登れるに越したことはない。
アップの後、1便目。
昨日は完全レストしたので、体は軽いし、腕の疲労感もない。下部は軽快に登り終了点の下2ボルト目のサイドカチを右手で取り、左手をマッチし、体を上げようとしたところで落ち。前回と同じところで、同じように落ちている。が、下部はだいぶスムーズになっており、まあまあ余裕はある。

2便目、先ほど落ちたサイドカチのマッチはキープでき、次のカチに正対でデッド気味に左手を出したが、触っただけで止まらず落ちる。ここだけやればなんということのないムーブなのに、つなげると悪い。原因はわかりきっていて、単に指の保持力が弱いから、ヨレてくると耐えられなくなるからだろう。
正対デッドではなく、足位置を替えてフリで取るムーブを練習。ここだけならフリの方が楽なのかなあ?ただ、フリの場合取ったあとの足の載せ替えと戻しが必要になり、足はバタバタになる。

3便目、下部は問題なし。核心部、フリで行こうとしたが、右手がサイドに持ちきれていない。中途半端に上の方を持ってしまい、保持できずに落ち。つなげた時にどっちがいいかと言われると、微妙だな。

指がヨレヨレになったので、Oツカさんがやっていた50氏設定課題(11a~b程度?)をフラッシュ。ちょっと遠いところがあるが、ガバガバで指には良い。そしてpink10dを登り、降り。このクライムダウンの最後の部分がトラバースで、いつもわからなくなってしまう。腕を張らせておしまい。

明日の日曜はビレイヤーがいなくて登れないかもしれないから、あと1週間あってよかったー。
外岩と違い、ジムの課題は所詮はうたかた。ジムで登ることはトレーニングなのだから、RPにそれほどこだわりはない。だが、ここまで煮詰めたならやっぱり登り切った方が気分がいいことは間違いない。ひとつひとつのムーブもトレーニングだが、登り切るということも大切なトレーニングだ。
がんばろう。

●メモ
50氏、Oツカさんから、自分の登りは、足がぴょんと飛んで乗る感じが多い、という指摘。
パワー系と言われたが、要は無駄に力を使っているのではないかということだ。
たぶん、足をドカっと乗せてるのだろうな。前に自分が登っている動画を見て、ずいぶん足をドカっと置いているという印象があった。
なぜ足をドカッと置いているかというと、重心移動がスムーズじゃない、ということだと思う。あとは、足元はどうしてもメガネの視界から外れやすいので、じっくりと動かせない、ということもあるかもしれない。すぐ視界から外れるので、一瞬でぱっと見て、ぱっと動かさないといけないのだ。
その指摘の意味はわかるのだけど、どうやって改善すればいいのかがわからないなあ。スメアを意識して使うか?

50氏がうまくインサイドフラッギングを使っているので、感心した。最初は意識して使うようにしていると、だんだんすぐに出てくるようになるらしい。
これはすぐに採り入れられると思う。意識してインサイドフラッギングを使えないか考えてみよう。
[PR]
by seeyou44 | 2015-08-29 23:59 | ジムクライミング


<< 国会前集会→江戸川橋→体育館/... 歳をとるということは/クライミ... >>