おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

今日の収穫/クライミングメモ67(外14、北川9)

いつもの時間、いつもの電車に乗ったが、やけに混んでいる。池袋駅でもう満席。あやうく座れないところだった。
吾野でなにかイベントがあったらしく、ハイカーたちがごっそり降りていった。西吾野で降りたのは、10名ほどか?
1本早い電車で来て待っていたというbuchiさんと、はじめてお会いするM田さんに挨拶し、岩場へ。

駅からの道すがら、クルミや山椒に実がなっているのを、buchiさんやM田さんが見つけて教えてくれる。自分は、教えてもらわなければ、クルミの木もカキの木も区別がつかない。知識は世界を豊かにする。

岩場には、1パーティ4名の先客。おひとりが錦ヶ浦トライ。
午後からは、どこかの大学の学生集団。野球の早慶戦の話が聞こえてきたので、早稲田か慶応だろう。山岳部か、ワンゲルか? 先輩が、しっかりとバックアップもとった支点を作り、1年生にトップロープで5.9や10台のルートを登らせていた。
ほとんど初クライミングに近いらしい1年生の初々しくも真剣なトライが、周りを囲む木々の新緑と同様に、まぶしくみえる。

岩はカラカラに乾いており、状態はよい。日が差さない朝のうちに、「錦ヶ浦」の上部をちょっと練習しようかと思ったが、本気トライらしい先客の邪魔をしてもと思い、今日は「大権現」だけにしておく。

コングのフロッグで1ボルトにプリクリ。最初は前回と同じ足位置にしていたが、M田さんのアドバイスもあり、少し下げてクラックに突っ込んでみた。
すると、左手が止まるようになった。どうも前回までの足位置は、狭すぎて切れていたようだ。

岩の先端が食い込んで痛い右手の対策として、保護のための伸縮テープ(キネシオテープ)を持ってきた。しかし、伸縮テープは生地が粗く、摩擦に弱い。すぐボロボロになってしまう。そして、粘着力も弱いような? 結局あまり使い物にならず、2便目では普通の非伸縮タイプのテープを巻いた。

さらに、3トライ目では、テープを外した。当然、その方がしっかり持てる。朝の、ムーブの思い出しのようなときだけはテープを巻いてもいいが、後は外したほうがいい。少し持ち方のコツが分かってきたのか、素手でも前ほどは手の平に傷がつかない。しかし、全部のテープを外したら、中指は非常に痛かったので、中指だけは巻き直して、最後まで巻いていた。

左手のガバ穴が取れたら、右足をクラックにトウフック、そして右手を寄せる、というところまでは8割くらいの確率でできるようになった。
その後、右足を1手目ホールドに乗せて、右手を上のカチに送る、まではいいのだけど、その後ができない。足位置をもう少し検討した方が良さそう。右足を1手目ホールドに乗せて上カチを取るのは安定するが、かなり体をひねっているので、その後の左足が決めにくく、足ブラになりやすい。この次、左上の斜めカチを取った後は必ず足ブラになるので、そこまでは足を切らずに力をセーブしたい。
「できたとしてー」で、斜めカチを取った後、いったん足ブラになって、ガバ穴に右足を乗せて右上ホールドを取るが、この右手が遠い!左足がないので、なんとも体が安定せず、出しにくいのだ。
チョンボ棒を借りて、2ピン目にもクリップしてトップロープ状態で練習したが、結局、ここは1度も取れなかった。
一難去って、また一難……。

それでも、前回に比べれば2手は進んだので、よしとしよう。

M田さんはとても強くて、今日初めて触るという「UV」を3便目で落としてしまった。そして、北川で登っていないのは「錦ヶ浦」と「名無しのゴンちゃん」だけで、この2本を登ればコンプリートだという。おめでとうございます。ぜひコンプリート達成してください。

5時過ぎに撤収。まだ昼間のように明るい。
朝に目をつけた山椒の木から、実を少しだけいただいた。アク抜きして塩漬けにするほどの量ではないので、そのまま小瓶に入れて、醤油に漬けた。よい香りのする山椒醤油になるだろう。

●気温、服装メモ
飯能の予想最高気温は27度。だが、朝は思いのほか涼しく、長Tにバーブライトで家を出る。前回の障子岩ではタンクトップで日焼けしてひどい目にあったので、今日は半Tと、WBだけ持参。
岩場では半Tでちょうどいい。午前中はヘルメットも暑くない。だが夕方は陽が差してきて、やっぱりヘルメットは暑くて汗をかく。最後は脱いだ。
蚊は出ていたようだが、虫除けスプレーをたっぷり塗り、被害なし。

▼今日の収穫、山椒の実
d0252022_150883.jpg



▼クルミの実はまだ小さい
d0252022_1495252.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2015-05-23 23:59 | 外岩クライミング


<< 1年ぶりTOEICから江戸川橋... 今週のジム/クライミングメモ6... >>