おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

6級むずい…/クライミングメモ135(ジム117、江戸川橋93、パス14)

昨日は、午後から夜までかなり本降りの雨だった。当初、Oトモさんと北川の予定だったが、これは到底無理と判断。Kスケさん組からは城ヶ崎・シーサイドのお誘いもいただいたのだが、行って登れないとショックが大きいので、ぼくは見送らせてもらった。Kスケさんたちは、行ったらしいが、登れただろうか?

夜に江戸川橋。K浜さんと、軽くボルダーセッションになった。まずはスラブ壁で、ファイルの5~6級程度の岩課題、m上課題などで遊ぶ。
m上課題が、ムーブを作らないと登れず、かつスラブなのに全身をダイナミックに使う課題で大変面白い。コンペっぽくもあるし、小川山のスラブでたとえるなら、ジャーマンスープレックス的ではなく、ブラック&ホワイト的な感じとでもいうか。さすが一流コンペティターの課題だと、感心した。

続いて舟壁。以前からちょっと触っている岩「6級」のファイル課題をやるが、3本設定の、どれもモノにならず。1本は、あと少しで登れそうだったが、もう1本はかなり困難、そしてもう1本はムーブの見当もつかなかった。。。厳しい。
K浜さんは、スローパーが苦手だと言いながら、スローピーな課題を1撃して、実力を見せつけていた。

100度壁では赤7、8などを触るが、まるで話にならず。最後は110度壁で水色や11aの長ものをちょっと触っておしまい。
全体的に、いまいちだったが、連登で指がよれているせいかもしれない。

その後、mixiの知人からの情報で、北川の岩は乾いていて登れたとあり、これには本当に驚いた。あの辺りでは、あまり降らなかったのかな? 行ってみないとわからないものだねえ。
[PR]
by seeyou44 | 2014-12-21 23:59 | ジムクライミング


<< 木枯らしの北川で、「ヒロシ君」... ストーブのおかげで黄色12a登... >>