おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

クライミングメモ6(ジム6、江戸川橋6、パス17)2階ルーフで軽く

夜に江戸川橋。
リードエリアを覗くと誰もおらず、おまけに2階にもだれもいない。
1階の黄色の登ってないのをやってもいいかと思ったが、まあまあ混んでいるので、ガラガラの2階で登ることにした。
しかし、来る前にラーメンを食べたせか、どうも体が重い。
とりあえず、長ものでちょっとだけ触ってみるかと、以前に触ったことのある「おたんじょうびおめでとう」ルート11dをやろうかと、ルーフにぶら下がるも、まるでできない。
ルーフになれていないからだろう、正しい体の向きをさぐるのに、えらく試行錯誤しなければならない。

そのうち、顔見知りの常連さんが来て、軽くセッションになった。
150度壁に設定されている長もの、大原12aというのに触ってみるが、4パート(5級、5級、5級、6級)のうちの、最初の1パートがすごく厳しい。ここだけやっても、普通のボルダリング課題として限界に近い。とてもつながる気がしない。

おたんじょうびおめでとうルートに戻って、3パートのうちの最後の紫パートのムーブを解析。ここが一番難しいパートで、ファイルに記載はないが、たぶん5級くらい。

セッション効果もあってムーブの解析が進み、以前は全然歯が立たないと思っていた紫パートがなんとかなりそうな感じになったのは収穫。ゴールまでは行けなかったが、俄然やる気がわいてきた。
3パートのうち、一番難しくてパワー系の部分が最後に来ているので、つなげるのは相当に苦労しそうだが、当面の目標にしたい。
最初のパートもそう簡単ではないが、真ん中は簡単で、推定、5/6級、7級、5級、といったところか?
全体をつなげて11dというグレードは、江戸川橋のリード壁のグレードと比べれば確実に1グレードは辛いと思うが、自分の相場からすると、むしろリード壁のグレードが甘くて、こちらの方が適正である気がする。

そのリード壁だが、前回ピンク12aを落とした後に1便だけ出していた左1面ハングの黄色12abが、なんと11dにダウングレードされてしまった。
先日に、Y原さんから「ピンクより黄色の方が易しい」と聞いていたし、他にもそういう声があったが、彼の見立て通りだったのだろう。
しかし、そもそもの設定が、1.5グレードも違っているなんて、設定スタッフのグレード感覚として、問題ではないだろうか?
0.5グレード程度、場合によっては、1グレード程度なら仕方ないこともあるだろうが。。。
グレードは、所詮は目安とは言っても、素人の客がつけているのではなく、プロとして店のスタッフがつけているもので、いわばグレードも「商品」の一部なのであるから、もうちょっと気を配って欲しいと思う。
[PR]
by seeyou44 | 2014-01-17 23:59 | ジムクライミング


<< クライミングメモ7(ジム7、江... クライミングメモ5(ジム5、江... >>