おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

クライミングメモ12 (外2、湯河原幕岩2) またまた雪のユガマクで

昨日日曜、W君、M君と湯河原幕岩へ。
途中からM君の友人2名も合流し、久しぶりににぎやかな外岩となった。
現地につくといきなり小雪に見舞われ、驚いた。幸いすぐにやんだが、まさか前回に続いて、ユガマクで2度も雪に降られるとは。。。




例年であれば、幕山公園は梅祭りの真っ最中だろうが、今年は寒いからだろう、開花が遅くまだほとんどつぼみ状態。看板には、24日から入園料を取ると書いてある。しかし、なぜか駐車場だけは有料になっており、500円をとられた。どういうことなんだろう?
よそから来てタダで岩場を使わせてもらっているクライマーとして、地元の経済に多少なりとも還元することは必要だと思うので、お金を払うこと自体は問題ないのだが。
ちなみに、自分は、昼食などを買うコンビニも、できるだけ都内で買っていかずに、地元の店で買うようにしている。

自分は夕暮れ時(10b)を、2便でなんとかRP(再登)。出だしの微妙な足置きがいかにもユガマクらしくて、難しいけど好きなルート。
以前苦労してRPしたシャックシャイン(10d)にもトライ。核心部で左手ピンチの後にカチが取れずフォール。さらに、上部でテンションと、使うホールドを憶えているルートにしては情けない結果だったが、自分としては「意外と登れた」という感じで、まあまあ満足だった。
あとは、アリババを右コースから再登しようと思ったが、行き詰まり、左に移動しながら再登。
日も暮れかけて寒くなったのでおしまい。

M君の友人の彼女は、彼氏の付き添いという感じできてて、クライミングシューズも持ってなかったのだけど、せっかく来たのだからやってみなよ、と、ハーネスとシューズを貸してTrで登らせてみたら、すごく上手で驚いた。
5.8はノーテンで登りきったし、5.9もテンションこそしたけど、トップアウトしてしまった。一見して、バランス感覚がとてもいいとわかる綺麗な登り方で、しかも難しい核心でも、ぜんぜん怖がらない。とてもじゃないけど、生まれて初めてクライミングをやっている人には見えなかった。
才能とかセンスというものは、やっぱりあるんだなあと強く感じてしまった。やるかどうかは知らないけど、彼女が真面目にクライミングに取り組めば、たぶん外で11を登るのに1年もかからないはず。

帰りは真鶴道路が久しぶりに渋滞。
運転しているW君には悪いが、しばし熟睡させてもらった。
[PR]
by seeyou44 | 2012-02-20 23:11 | 外岩クライミング


<< クライミングメモ13(ジム1... トレメモ14 背中、足、二頭 >>