おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

タグ:骨折 ( 10 ) タグの人気記事

受傷後8週間。もう少しか?

受傷後8週間。

朝から病院へ。小雨が降る中、松葉杖を持って自転車で。
先々週に撮ったMRIの結果を見て、結果が良ければ松葉杖は返却し好きに歩いていいよ、となるはずだったが、治癒具合はあまりよくなかった。かかとの骨の中の柔らかいところが、思ったよりくっついてない、ということらしい。
あと2週間は片方だけでも松葉杖を使って、怪我をしてる足の方は2/3くらいまでの体重をかけてもいい、という話。
そして、高いところから飛び降りたりできるようになるには、1月末くらいかな、ということだった。
次回、2週間後の検診。

ここ数日は、怪我した方の足を引きずりながらだが、松葉杖無しで歩いている。ただし、痛みはある。歩いている最中にもあるし、歩き終えた後もしばらく痛む。
そして、負傷部位は明確に腫れていて、押すと痛い。
MRIを撮ったときは、歩き始める前だから、治癒が遅いということには関係ない。やっぱり栄養が悪いせい? 小魚とか全然食べないし。インスタント食品とコンビニ弁当とサプリばかりだからなあ。。。クライミングをやらないとヒマだから、ついつい酒を飲んじゃうし。

多少の痛みがあっても、杖無しで歩けるならその方が断然楽なので、どうしても無しにしてしまう。しかし、今日の話では、まだ片方だけでも杖は使った方がいいかも。
松葉杖は大げさなので、L字型の簡単な杖が欲しいのだが、買うのもばかばかしいな。

トレーニングでは、ベンチプレスなどは、足への負担が少ないので平気だが、ベントオーバーローはやめておいた方がいいな。ワンハンドローにしよう。あとはスクワット以外ならだいたい大丈夫だ。
クライミング復帰は、年末か? いまのところ、かかとが腫れてるので、まだシューズを履くのがつらそう。

ま、もう少しか。
[PR]
by seeyou44 | 2011-12-01 11:14 | 怪我・故障 | Comments(0)

2ヶ月ぶりにお風呂に浸かった

怪我をして以来、2ヶ月ほど入浴(湯船に浸かる)をしていなかった。
べつに入浴が嫌いなわけではないのだが、家の湯船は小さく、足を縮めて入らないといけないし、湯をためるのも時間がかかる。銭湯は、近くにはないので、自転車じゃないと行きにくい。それで、ずっとシャワーだけで済ませていた。
しかし、たまにはゆっくり湯に浸かりたい。
2ヶ月ぶりに銭湯に行った。神田の江戸遊。ここは第三セクター方式でやっている、半官半民の銭湯で、サウナや、休憩所のフロアもあり、銭湯としては大型だ。しかし、いわゆるスーパー銭湯とは違って、湯船の種類は普通の湯、ぬる湯、水風呂、の3種類だけ。そんなに広くもないが、サウナを利用しなければ、一般的な銭湯料金(450円、3時間まで)で入れるのは魅力的。
入場者数をロッカーの数だけに限っており、入れなくて待つこともしばしばある。今日は運よくすぐに入れた。
40度のぬる湯にじっくり使って、温まったらストレッチをしながら体をほぐす。ときおり水風呂に足だけはいって、ほてりを冷ましたら、また湯船につかる。
こうして、久しぶりに長風呂をしたら、ちょっと疲れてしまった。
怪我の部位は、暖めたせいか、それともストレッチをしたせいか、ちょっと痛くなった。最後に水風呂でアイシングをすればよかったのだが、温まったまま出てしまったのが悪かったか。
戻ってから、バケツ水でアイシングしたら、痛みは治まった。

帰りに、ハナマサによって、鶏肉、葱、にんにく、日本酒、醤油、ワインビネガーなど、大量に買い込む。鶏胸肉は1kgで390円、安い!葱は6本で250円、にんにくは15個入りで150円(しかもセシウムフリーの中国産)。日本酒は純米酒が1升で1100円。
なんだかとっても得した気分で、幸せになった。
[PR]
by seeyou44 | 2011-11-27 23:18 | よしなしごと | Comments(1)

トレメモ64 めずらしく体調がよかった。あちこち痛みはあるが。

昨日は軽く晩酌をして、早く寝た。1時前だと思う。
早く寝たら早く起きるかと言うとそうでもなくて、起床は2時前。13時間ほど寝たことになる。我ながらよく寝るなあ。
ギプスは外れたものの、医者は外を歩くときはまだ松葉杖は使って、と言っていた。が、自分は無視して、勝手にリハビリを進めている。もう、家の中ではもちろん、近所に行くときも松葉杖は使わない。歩くと多少痛むが、がまんできる範囲だから、どんどん歩いた方がいいだろう。もちろん、左足を引きずる感じになるし、衝撃荷重は禁物なので、ゆっくりとしか歩けないが。
たまった洗濯物を洗いにコインランドリーに。
思い切って、自転車に乗ってみた。先日、ジムでバイクに乗って、なんともなかったので、大丈夫だろうとは思っていたが、やはり大丈夫だった。乗り降りのときと、止まるとき(基本的に左足をつくので)、注意が必要だが、こいでいる間は、徒歩よりもむしろ痛みが少なくて快適。
これで銭湯にもいけるし、行動範囲が広がる。

というわけで、今日はめずらしいことに、体の倦怠感も感じず気分がよかった。前回トレから中2日なのに。トレに体が慣れてきたか。
むしろ、体を動かしたくてたまらない感じ。たまにはこういう日もある。
4時半くらいから、自転車で体育館へ。自転車だとあっという間につくので、体が温まらない。アップのバイクは必要になる。

・バイク:5分

・チンニング:15、9、5 逆手7、4(しばらくラットプルばかりやっていたのでどうかと思ったが、ま、落ちてはいない)

・ダンベルアームカール:10/7 7.5/10、10(10の途中で、右ひじが痛くて上げられず。7.5ならなんとか。アームカールは、無理せず軽めの重量で、高REPでやるようにしよう)

・ラットプルマシン:57/10(一応追い込み的に)

・ベンチプレス:30/10 40/8 50/4 60/7、4f 55/7、6 ナロー50/8、4(怪我後はじめて、限界まで出し切った感じ。60でフォール、リカバリーはできずに、ベンチの上にバーベルを乗せて、プレートを外してなんとか。次回から、重いの/1repを入れてみたい。いきなり70はつらいかな。絶対できる65から、2.5ずつ上げていくか)

・バタフライマシン:50/5 35s/5+30s/2 30s/7 中央少し(35sはきついな。成長ホルモンを出すための追い込みなので、30sでいいのか)

・ベントオーバーロー:45/10 50/10、10(50でも背中は楽勝なのだが、足が心配。それと、右ひじの方が心配)

・ラットプルマシン:三本指41/10、10(一応、指トレ)

・バーベルリストカール:25/13、12 15/40(25でも重過ぎるということはないと思うのだが。。。ただ、重くなってくると、まっすぐなバーだとやりにくい。Wバーでできれば。20で高REPにした方がいいかな)

・バーベルリバースリストカール:7.5/30、20(これだけできるなら、10でもいいか)

・バックプレス:15/10 30/8、2 25/10(ショルダープレスはがんがん重さが上がったのに、バックプレスにしたらしょぼしょぼ。まず、左肩にかなり痛みが出る。ショルダープレス筋とバックプレス筋は違うのか。最後だから疲れてたというのもあるかもしれないが、左肩の痛みを考えると、当面は27.5にして、REP数を増やした方がいいか)

・ダンベルトライセプス:7/7左右 5/10左右(三頭追い込み)

・リアレイズ:10/10、10(なんとなく)

・フィンガーロール:25/10 35/少し(なんとなく)

・クランチ:50(もっとできるかも)

・ツイストクランチ:20(姿勢が難しい)

・リバースSU:20、10(こんなもんか)

両足を着いてトレーニングできるのがうれしくて、また、珍しく体調がいい感じだったこともあって、2時間びっちりやってしまった。
バックプレスと、サイドレイズを入れればほぼ、上半身フルだ。
終わった後も疲労感はそれほどない。これも珍しい!ドリンクにブドウ糖10g+ポカリ粉少し入れたけど、それが良かったかな?ちなみにPWDにも、塩少々。

ただし、右ひじの痛み、左肩の痛みが、それぞれある。肩の痛みはずいぶん前からだけど、肘の痛みはここ最近。松葉杖を使い始めてから顕著に痛むようになったので、松葉杖を使わなくなれば治るだろうか?また医者に行くのも面倒だなあ。

戻ってから足に痛みを感じたので、バケツに水を入れてアイシング。いまの時期なら、氷を入れなくても十分に冷たい。アイシングしたら、痛みも治まった。
[PR]
by seeyou44 | 2011-11-26 23:02 | トレーニングメモ | Comments(0)

トレメモ63 はじめて両足をつけるようになった。しかし肘が痛い。

昨日は晩酌に日本酒が飲みたくなって、軽く一合くらいだけと思って飲み始めたら、結局四合瓶を1本開けてしまった。最近毎晩飲酒をするクセがついてしまい、大変よくないぞ。
飲んでると気分がよくなってきて、目が冴えてなかなか眠れない。
昨日は寝たのは何時だろう。たぶん朝5時くらいだろうか。
寝る前にパープルラスを飲むと、翌朝すっきり。二日酔いになりにくい。
といっても当然起きるのは遅くなり朝じゃない。目が覚めたら午後3時過ぎだった。どうせクライミングができなければヒマだからいいのだけど。
当然、FWRが開いている5時までには体育館に行けず。しかも雨が降ってきた。面倒だなと思っていたが、やんだので7時半くらいに出かけた。
松葉杖を1本で行くか、2本で行くか迷ったが、とりあえず2本にしておいた。

そして、はじめて左足にもシューズを履いてみた。紐を思い切り緩めて、ゆるゆるの感じで。歩くのが目的じゃないからこれでいい。左足をひきずって、ヨタヨタした感じだが、体育館の中での移動なら、杖なしで歩けた。

・バイク:8分 (シューズも履けたことだし、怪我後はじめてバイクに乗った。軽めの負荷でこいだが、まあまあこげる。ただ、ペダルへの足の乗せ方によって少し痛みを感じるときも。ランやウォーキングは無理だけど、バイクで有酸素できるな。これなら自転車にも乗れるかも)

・ベンチプレス:30/10 40/8 50/6 60/4、3 55/7、5 ナロー45/12、7+2(チェストプレスマシンは飽きたし、バイクもこげるようなので、怪我後はじめて、両足を着いた通常のフォームでやってみた。落ちてはいるが、こんなもんか。70が1発でもあがるだろうか?まだ、無理かな)

・バタフライ:50/4 45/3 35s/4+30s/6

・ラットプルマシン:20/10 36/8 47/4 68/10、7 57/10、8 逆手52/10 縦棒持ち52/10 指三本41/10 (68あたりでも、背中に効かせるのが難しい。でも10repできるんだから、もっと上げた方がいいかな?指三本は、滑ってくるので、止めて持ち替えをしながら。でも、多少は強くなってるかな?)

・ベントオーバーロー:40/10、10、10(最初は左ひざをベンチに乗せたが、後の2セットは両足を着いて。これくらいの軽い負荷なら、なんとかできるようだ。それより、右手の肘が痛い。)

・バーベルトライセプス:20/10(とりあえずやってみた。両足で立ってできた)

・バックプレス:20/10(上の続きで)

今日の成果は、言うまでもなくはじめて両足を着いてのトレーニングができたこと。高重量はまだ無理だが、軽めのフリーウェイトが扱えるので、トレーニングの幅が広がる。やはり、トレーニングはマシンよりフリーウェイトが面白い。
終了後、シャワーを浴びてるときに、左足のかかとが痛くなってきた。やはり多少とはいえ、負荷をかけると痛むらしい。まだまだだな。
帰りは、左足を着いたり、着かなかったり。松葉杖2本にしてよかった。1本だったら、痛む左足がしんどかったと思う。

右手の肘の痛みが、なかなか治まらない。プッシュ系ではなくて、プル系で痛む。
あちらもこちらも痛くて、なんだかボロボロだ。。。
[PR]
by seeyou44 | 2011-11-23 22:58 | トレーニングメモ | Comments(0)

受傷後3週間検診

朝から病院へ。
前回、かなり長時間待たされたので、今日は9時半予約のところを、9時15分くらいに受付した。
前回よりは患者も少ないこともあり、待ち時間も少なかった。

骨折部位は、だいたい順調らしい。内出血はまだ引かず、外見は青タン、赤タン状態だが、中で骨君は着実に結束し、連帯を固めつつあるようだ。
まだ体重はかけられないが、入浴するとき半ギプスをはずして足首を前後に動かしてください、とのこと。
入浴をしなければ。。。
足の甲部分にも痛みがありこれが心配だったのだが、レントゲンを撮ってもらったところ、骨には異常なし。ずっと固定してるので痛むのでしょう、ということだった。よかったよかった。
しかし、レントゲン4枚で、被曝も心配であるが。。。

次回診察は3週間後にMRI。そこで問題がなければ足を着けるかも、ということ。早く3週間たたないかな。
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-27 14:55 | 怪我・故障 | Comments(0)

久々に体育館(55)

久々に体育館のトレーニングルームへ行った。
主な目的は、シャワーを浴びること、だけれども。

しばらく行ってないので、定期がいつまでかすっかり忘れていたのだが、ふと見たら、まだ期間が少し残ってるので、行くことにした。
混んでるとちょっと嫌だが、土曜の夜なら、空いてるはずだ。

体育館に行くまでに、すでに汗だく。10月だというのに、なんという残暑か。
受付のおばさんは、すごくびっくりした顔で目を丸くして、「その足でトレーニングできるんですか?」という。松葉杖ついてトレーニングルームを使うやつも、珍しいだろうな。
「上半身のトレーニングだけなら…」といって、階段を登る。
行くまでの移動ですでに体は温まってるので、アップは必要なし。
読みどおり、最初に1人だけ利用者がいたが、すぐに帰ってしまい。後はずっと自分だけの貸切状態。使いやすい。

バタフライ、チェストプレス、ラットプル、ショルダープレス、の各マシンを、適当に。最後にベンチでクランチとレッグレイズ。
バーベルでベンチプレスくらいちょっとやってみようかとも思ったが、セットするときが危なそうなんで、今回はやめておいた。

片足に力を入れられないと、どうしても上半身も全力を出すのが難しい。筋トレ自体久しぶりなので、軽めに。足が治るまでは、現状維持程度で仕方ないだろう。

それでも汗だくになって、心地よい疲労感を得られた。

それから、お待ちかねのシャワータイム。
半ギプスを外して、シャワーを浴びる。洗髪は片足で立ったまま、体を洗うときは、床に座り込んで。
負傷部位を刺激しないように気を使ったが、10日ぶりにシャワーを浴びて、大変気持ちよかった。

上半身トレーニングも、シャワーも(混雑がなければ)問題ないということがわかったので、また通おう。
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-15 23:57 | トレーニングメモ | Comments(0)

「お元気でしたのに」

どこでもそうだろうが、うちの近くのコンビニ(セブンとローソン)にも、中国人留学生と思しきバイトが多い(名札を付けているので名前でわかる)。
風土も生活習慣も違う外国で、忙しいコンビニの仕事で働くなんて、自分にはとてもできそうにない。
彼・彼女たちは、日本語もすぐうまくなる。若いから、ということはあるだろうが、それでも立派なものだと、半ば尊敬の念を感じる。

少し前からセブンで働いてる某さんという中国人女性がいるのだが、いつもニコニコと愛想がよくて一生懸命で、感じがいい。日本人の店員で、あまりいないタイプだ。

今日買い物にいったら、某さんのレジにあたった。
「足、どうして怪我したんですか?」と聞かれ、説明が面倒だったので「うん、まあ、ちょっと…」言葉を濁したら、「お元気でしたのに…」と。

多分、このセブンでは、「いつも半ズボンにタンクトップで、毎日何度も来る、元気そうなおじさん」で知られてるんだろうなと思い、苦笑した。
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-14 23:11 | 怪我・故障 | Comments(0)

受傷後1週間 アルコール、筋トレOKと

先週の金曜に骨折して、ちょうど1週間。
たまたま怪我の翌日から3連休で助かった。ちょうど風邪を引いたこともあり、ひたすら寝ていた。
連休明けからも、病み上がりの感じで、だるくて動きたくない。なるべく動かないようにして過ごした。
昨日、今日は仕事の打ち合わせで出かける用事があり、はじめて電車に乗ってみた。
やはり、松葉杖で歩くのはしんどい。昨日は長袖Tシャツで出かけたが、すぐに汗だくになった。
運動量の感じとしては、ジョギングくらい?
ただ、使う筋肉が上半身中心なので、長い時間はもたない。ただでさえ移動スピードが遅いところに、休み休み進まないといけないので、なれてきても、普通に歩くのより2倍は時間がかかる。

JR御茶ノ水駅は、山の手線内で唯一(だと思う)、都内でもめずらしく、エスカレーターやエレベーターが設置されておらず階段のみ。バリアード。昼間で乗客が少ないから、階段でもゆっくり昇り降りすれば問題ないが、朝夕のラッシュ時だったら、かなり怖いと思う。
電車では、生まれて初めて席を譲られた。立ったままでいるのは、柱などに寄りかかれれば片足でもそれほど疲れないが、ありがたく座らせてもらう。
道を歩いていてもだいたい人が進路を譲ってくれるし、世の中おおむね親切な人が多いなと感じる。もちろんそうでない人もいるのだけど。

今日は朝から病院へ。
歩いて25分ほどだった。昨日の反省を活かして半そでTシャツで行ったが、やっぱり汗だく。
かなり混んでいて、予約していたにもかかわらず、レントゲンを撮ってから診察まで1時間以上待たされた。まあ、混んでるのは仕方ないが、まだセキも鼻水も出る感じなので、長く病院にいると、どうも病気をうつされそうで、あまり気分がよくない。
だが、病院はなんとなく落ち着く。つまり松葉杖で歩いていても、まったく違和感がない、というか、怪我をしていることが当たり前だから。病院の外では松葉杖で歩く自分はマイノリティであることを否応無しに意識させられるが、健康な人の方が少数派というのが病院であり、病院の中では、そのようなアウェイ感を覚えることが無いからだろう。

診察は、レントゲンを見て、「順調ですね。このまま8週間我慢してください」と言われて、半ギプス固定している包帯を巻きかえられて終了。3分くらい?
一応、4週間くらいたったらMRIを撮りましょう、と。
うーん、MRIか、お金がかかるなあ、、、と思うが、いやだというのもなんなので、うなづく。
「アルコールは飲んでもいいですか?」
「上半身の筋トレをしてもいいですか?」
と、大切な質問。どちらもOKだと。
また、半ギプスは外して入浴してもいい、と。
足の裏とふくらはぎの裏側だけ固定されている半ギプスだから、自分でも包帯を巻きなおせばつけはずしができる。
ただし、怪我をしてる足は地面につかないように注意ということ。
今日の診察代は1000円程度、安くてほっとした。
また25分かけて会社に戻る。途中で昼飯の弁当を買うが、リュックに入れると横になってしまうし、松葉杖で持っている手でぶら下げると、ぶらぶらして歩きにくい。

往復50分の有酸素運動は、なかなかこたえた。会社に戻ってトイレに行こうと階段を上がるとき、ふらついてコケそうになった。
危ない危ない。
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-13 23:14 | 怪我・故障 | Comments(0)

骨折2日目

松葉杖で移動しなければならないのだが、慣れてないこともあるのか、けっこう大変。
階段さえなければ、移動自体はスムーズにできるのだが、腕がつかれるし、手の平がこすれて痛い。また、脇もちょっと痛い。今日は、腕や肩のあたりが、軽い筋肉痛だ。
怪我をした方の左足は、常に自力で持ちあげていなければならないので、これも疲れるし、もちろん1本で体重を支える右足も、かなり疲れる。
室内の短い距離は、すべて片足で、いわゆる「ケンケン」で移動している。これもけっこう疲れる。
松葉杖は、いまのところ、普通に歩くのに比べて、3倍くらいの時間がかかり、5倍くらいの疲労感を感じる。
ちょっとコンビニまでの距離でも歩くと、背中がじっとりあせばむ。といっても、会社からコンビにまでは、普通に歩いて1分くらいだから、まだ助かる。
もし自宅だったら、10分ほど歩かないとコンビニがないので、大変だ。コンビニに行くだけで往復1時間のトレーニングになってしまう。

足の怪我だけなら、「トレーニング」と思って楽しめるのだけど、どうも昨日から、喉が痛い、と思ってたら、風邪を引いてしまったようだ。
疲れがたまっていたのだろう。扁桃腺が腫れて痛く、熱も少しあるようだ。
泣き面に蜂とは、このこと。
会社のトイレは階段の踊り場にあって、階段を昇り降りしないといけないのだが、これが少し大変だ。
ただでさえ風邪で体がだるいのに、なにをするにも“筋トレ状態”になるので、非常に疲れる。

あとは風呂をどうするか?
もともと自分は、これくらいの季節ならシャワーを毎日浴びなくても気にならないタイプなのだが、もう4日シャワーを浴びてないので、そろそろなんとかしたいところ。
当然ながら、会社には風呂はない。
洗髪だけなら、流しでできるのだが、体を洗うのをどうするかだ。
自宅に帰って、自宅の風呂を使うかだが、まず、会社から駅まで10分、そして、駅から自宅まで徒歩10分、この移動がかなり大変そうだ。普通のときなら、根性でいける距離だが、風邪で熱の体で松葉杖歩行はかなり厳しい。
会社から一番近い銭湯でも、普通に歩いても20分以上かかるので、絶望的に遠すぎる。たぶん、タクシーじゃないといけない。タクシーで銭湯はさすがにばかばかしい。
いつも使っていた体育館のシャワールームは、狭いので、危ないし、難しそうな感じがする。そもそも、「石鹸・シャンプー使用禁止」なので、おおっぴらに使うことができない(いつもこっそり使ってる)。
ギプスを巻いている部分を濡らさないように、ビニールを上から巻いて、塞いでから片足でシャワーを浴びることになる。体育館のシャワー施設は座ることは考慮されていないので、シャワーは上部に固定式で、そもそも各ブースが狭い。そんなところで、片足で体を洗ったりできるだろうか? 足を滑らせて転ぶのがオチなような気がする。

しかし、自分は会社に寝泊りできる立場だからよかったが、これが普通の会社員だったら、家から通勤するとなると、大変だろうなあ。
普通の会社員ならそんな怪我をしたら、2、3日くらい休むのかもしれないけど。。。
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-09 23:02 | 怪我・故障 | Comments(0)

T-Wall江戸川橋57(p61) 左足かかと骨折!

d0252022_265433.jpg


最近、仕事が重なったり、妙なトラブルがあったりして変に忙しく、ろくに睡眠も取れていない。
やはり、こういうときは注意散漫になるのだろうか、大きな怪我をしてしまった。

夜、神楽坂に荷物を届ける用件ができた。ついでにちょっと登ってくるか、とクライミングシューズをかばんに忍ばせる。
江戸川橋は、トップロープの壁の一部が変わっていた。でっかりハリボテができて、難しそうな10dがあった。
常連さんと見学しながら、「これ難しそうですねえ」などと話していたが、今日はハーネスを持ってないし、寝不足で疲れてもいるので、そんなにバリバリ登るつもりもない。軽く体をほぐす程度ですぐ帰ろう、と思っていた。

ボルダーで適当に以前登った課題をリピートしたり、常連さんとセッションしたりしたりて、そろそろ帰るか、というときに、トップロープ壁の黒10dが気になった。
どうやるのかなあ、と下部だけ触ってみようと思い取り付くと、意外と簡単。巨大ハリボテのカンテを持ち、「なるほど、ここでヒールだね」と思いムーブを確かめてると、突然手が滑って落ちた。落ちたといっても、1.5mか、もしかしたら1m程度かもしれない。体育館マットの敷いてあるリード壁なら、なんの問題もないはず。
しかし、江戸川橋のトップロープ壁の下は、ただのじゅうたんだ。まあ、不意落ちでバランスを崩していたから、落ち方が悪かったのだろう。左足のかかとから落ちてしまったようで、かかとに激痛が走る。
やっぱり、疲れがあって、注意散漫になっていたのだと思う。

歩こうとして、左足をつくと、痛くて歩けない。このときに、「ああ、多分折れたな」と思う。
病院に行かなければ。。。でも、ここで救急車などを呼ぶのはジムに迷惑をかけるし、なによりかっこ悪い。
自転車で来ていたので、歩くのは無理でも自転車なら乗れるだろうと思い、乗って取り合えず会社に向かう。
なるべく左足に力がかからないよう、右足だけで自転車をこぎながら、とりあえずいったん会社に戻り、タクシーで救急病院に行こう、と思って、ケータイで、救急病院を調べながら走るが、よくわからない。
そうこうするうちに、だんだん痛みが強くなってくるので、こりゃだめだわい、と思って、大通りのわかりやすいところに歩道で自転車を停め、119に電話する。
救急車両の出動件数が多く、本当に重篤な状態の人に悪い影響があるということは知っているので、夜間診察してくれる救急病院がどこかだけを教えてもらって、タクシーで行こうと考えていた。
しかし、電話に出た女性はまったく取り付く島もない感じで、とにかく救急車を出すから、今いる場所を教えろの一点張り。
それで、○○通りの、○○銀行の前と告げ、救急車を待つことにして、電話を切る。いま、重病患者が出ませんように、と願いながら、やけに喉が渇くので、自販機でジュースを買う。
この時点で、左足はじっとしていても痛く、もちろん地面につくことはできず、電柱などに寄り添いながらずっと片足立ちの状態。
ジュースを飲んでいると、電話が鳴り、救急隊員と話しているうちに、サイレンが近づき、救急車が来た。

「怪我してる人はどこですか?」と聞くが、本人がぴんぴんして(片足は上げてるけど)「私が電話しました」と言うと、ちょっと“拍子抜け”といった表情をチラリと見せ、そうなんですね、高いところから落ちて怪我をしたと聞いたので、2階とか3階から落ちたのだと思ってました、などとと言う。しかしもちろんストレッチャーに寝かせてくれ、救急車で病院まで運んでくれた。
救急車の中では、血圧・心拍数や体温を計られ、瞳孔を調べられ、氏名住所、怪我をした理由、現在の症状などを聞かれる。自分は基本的に体が弱く、持病があったりするので、救急車で運ばれたことは何度かある。したがって、こういうやりとりは初めてではないし、今回は痛いところは足だけなので、落ち着いていられる。
御茶ノ水の駅の向こうの、日大病院へすぐに到着。本郷・御茶ノ水付近は病院が多いのでこういうときはとても助かる。以前は、千駄木の日本医科大病院に運ばれたのだが、あそこだと会社からちょっと遠い。日大病院ならあそこよりは近いから助かるな、などと考えていた。

まずはレントゲン撮影。幸運にも打撲だけだったらいいな、と思ったが、やっぱりかかとの骨折だった。ギプスをまく前に、医師がナースさんに「足を拭いてあげて」という。いやあ、汚い足で面目ない。。。昨日も風呂に入ってないし、今日はさっきまでクライミングシューズだし、足が臭いだろうなあ。おまけにそこに脱いであるサンダルは、ガムテープで底の穴を塞いでるし。ちょー面目ないよ!

フリークライミングで落ちて怪我したということは、救急隊員を通じて、病院にも伝わっていたのだが、ナースさんが「クライミングで赤い壁を登ったんですね?」と言う。(たしかに、江戸川橋で赤テープの課題にトライしたけどなあ。。。なんでそんなこと知ってるんだろう? もしかして、クライマーナース?)と思い、「赤い壁とは?」と聞くと、「足が真っ赤だから」という。モカシムの色移りだ。。。
帰りには、かばんからモカシムを取り出し、「こういうシューズを裸足で履いて登るんですよ」と、クライミングシューズを見せてあげたら、「なるほど、それで赤くなったんですね~」と、ナースさんは喜んでいた(ような気がする)。

医師はギプスを巻きながら、足が着けるようになるまで6週間くらい、全治は2ヶ月くらいですね、という。まあ、そんなものなのかな?意外と早いようにも思えた。
最初、足首が痛いと思っていたので、足首を折ったかと思ったが、そうではなくて良かった。119に電話したときはあわてていたので、「3メートルくらいのところから落ちた」と言ってしまった。医師は3mから落ちてこれだけの怪我なら幸運ですよ、と言ってたが、よく考えるとそんなには高くない。実際は、せいぜい1.5mといったところだろう。それでも折れるときは折れるんだね。

医師は、ギプスを巻いたら、来週また来てと言い残し、さっさと帰ってしまった。そっけないが、夜中に診てくれたので、感謝してます。
松葉杖を貸してくれたのだが、その保証金が2本で6000円もすると言う。高いなあ、と文句を言うが、ナースさんは無視。借りなければ、今から帰ることもできないのだから、借りるしかない。
診察室で、ちょっと歩き方の練習。「若いからすぐ上手になりますね」と言われて思わず苦笑いして「いや、若くはないんだけど…」というと、「お年寄りだと歩くだけでなかなか大変なんですよ」という。爺さんと比べるなぁ。
もう1人のナースは、「スポーツをやってるから、大丈夫ですよね」などという。その通り、こういうときのために、普段から筋トレを、、、してるわけではない。
子どものころにも、膝の骨折をしたことがあるので、その時の記憶から、風呂に入るのが面倒だなと思って聞いてみると、ギプスは固定されているのではなく、包帯で巻いて固定しているもので、取り外しができるという。だから、外せば今日からシャワーを浴びてもかまわないらしい。さすがに今日はシャワーはいいけど。。。

後からギプスをよく見てみると、ギプスになっているのは、足の下と後ろの半分だけで、上はただ包帯だけだった。たしかにこれなら外せるけど、完全固定、という感じではないなあ。大丈夫か?それに外すのはいいけど、また自分で包帯を巻くのは、けっこう難しそうだけど。。。

会計は、診察代が1万3000円以上!松葉杖保証金とあわせて、約2万円。高いねえ。。。怪我も痛いけど、出費も痛い。もちろん、そんな大金持ち合わせていないので、借用書を書かされる。
御茶ノ水の神保町よりの病院から、会社までは一駅程度の距離だろうか。病院の前には、客待ちのタクシーもいるのだが、普段だったらなんてことのない距離だから、タクシーに乗るつもりはさらさらない。
診察費のこともあるから、節約しなければならないし。

御茶ノ水駅前のラーメン屋で飯を食いながら、メールやmixiで皆さんに骨折報告(写真はラーメン屋で撮った)。
腹ごしらえもしたし、さて帰るか、と歩き出すが、これがけっこう大変だった。
松葉杖って、要するに足の代わりに手で体重を支えるわけだから、腕がけっこう疲れる。上腕三頭筋がだるくなるし、ずっと握ってるので、前腕なんかパンプしそう。
怪我をした方の足は、地面に着かないようずっと上げているので、これはハムストリングスが疲れる。
一応クライマーで、トレーニングもしている自分ですらそうなのだから、普通の人が松葉杖で長距離を歩くのは、とても大変だろう。しばらくすれば、筋肉が適応してくるのだろうが。。。
ようやく会社に戻ったときには、かなり汗をかいていた。
これは、上半身のいいトレーニングになるね。要するにディップスみたいなもんだから、大胸筋や腕を鍛えるには最適だ。

今回の反省点としては、やっぱり寝不足で注意力が散漫になってるようなときは、ジムに行かない方がいい。思わぬ怪我の元になる。
しかし、怪我をしてしまったことは今更どうこう言ってもしかたないので、これからの生活について考える。
クライミングは当分できないだろう。ちょうど、来週に江戸川橋の半年パスが切れるタイミングで、無駄がないのは不幸中の幸いだった。
上半身はなんの支障もないから、チンニング、キャンパシング、ベンチプレス、アームカールなどでバリバリ鍛えよう。とくに、クライミングをやってる間はなかなか取り組めない、指力強化、握力強化には真剣に取り組みたい。
有酸素運動は、松葉杖をついて歩き回ることか。怪我をしてない右足だけが強くなってしまいそうだが。。。
クライマー保険に入っていれば、治療費が一部補てんされるはずだが、残念ながら自分は未加入(JROのみ)。
怪我が治ったら、クライマー保険加入を考えよう。
当面、酒はがまんして、プロテインと無脂肪乳を飲むぞ!
[PR]
by seeyou44 | 2011-10-08 02:06 | ジムクライミング | Comments(0)