おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久しぶりの雨(結露?)敗退/クライミングメモ128(ジム103、江戸川橋71、パス52)

先日、江戸川橋 127,102,70,51
体が重く、扁桃腺が腫れぼったい。連休クライミングの疲れ(純粋にクライミングだけではなく、移動や外泊も含め)であろう。丸2日完全レストしても疲れが抜けない。

今日は天気が悪く外岩の予定を中止。たっぷり昼寝をして身体を休めた。
明日また外の予定なので、軽く体をほぐす程度にしておくつもりで、夕方から江戸川橋へ。
リードエリアで久しぶりにお会いしたTザワさんとダベっていたら、スタッフm上さんがオレンジ12cへのオンサイトトライを開始した。多くのギャラリーが見守る中、見事に一撃で、拍手。これくらいのルートを、あれくらいするすると淀みなく登れたら、気持ちいいだろうね。

見ていたら登れそうな気がしてきたので、自分もトライしてみた。が、見るとやるとでは大違い。いちいち遠くて飛びつかなければならないし、足が切れるしで、大変。
しかし、50氏にムーブを教えてもらいながら、一応トップアウト。ブランクが1か所あるが、以前さわったミント12cよりは可能性を感じた。


本日、江戸川橋 128,103,71,52
前日までの天気予報では晴れのはずなのに、起きたら小雨。しかし、北川なら小雨だって登れるはず、多少の染み出しなら我慢しようと、予定通りでかけた。駅に着き電車を降りると、雨は降っていない。しかし道路は完全に濡れている。
そして、岩場に着いてみたら岩壁全体がびしょびしょ。
染み出しに加えて、全面的に結露しているみたいだ。結露なら、天気がよくて風があれば午後くらいから乾いて登れるかもと、しばらく待ってみたが、雨は降ってくるし、むしろどんどん濡れてくる感じ。
小一時間ほど岩場にいたが、さすがにあきらめた。電車なのでほかの岩場に転戦というわけにもいかず、素直に撤退。
北川での雨敗退は、1年くらい前にSキさんと来たとき以来だ。自然を相手にしている遊びだから、年に1回くらいはこういうことがあっても仕方ないということか。

せめて胡桃でも拾って帰ろうと思い、前回たくさん落ちていたスポットに寄ったが全然見当たらない。ちょうど、地元のおばさんがいて、胡桃を少し手に持っているので挨拶して少し話したところ、なんとほとんど全部川に掃き落としてしまったと。がーん。そのおばさんは自分が拾ったのを、わけてくれた。ありがとう。

そのまま東京へとんぼ返りして、小竹向原で西武線から有楽町線に乗り換え、江戸川橋へ。
まだ時間が早いせいか、リードエリアに誰もいないので2階でボルダーを少し。そのうち、リードの知り合いが現れたので、混ぜてもらう。
オレンジ12c、2回トライして、ムーブ解析。昨日ブランクだった核心ムーブは一応できたが、とてもきついムーブになっている。もうちょっと楽なムーブを作らないと登り切るのは無理な気もする。
ミント12cは、ロープを結ばずにスタートだけ試してみたが、1手目の右手カチから次の左手ピンチが取れない。50氏はじめ、他の人は割と簡単にやっているのに、なんでだろう?指が弱すぎるのか?

朝が早かったので、夕方には疲れてしまった。指を鍛えようと、キャンパとアイソメトリクス各種を少しやっておしまい。

昨日も今日もろくに登ってない。これなら、明日も登れるかな?
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-27 23:20 | ジムクライミング | Comments(0)

連休クライミング4・北川 大権現まだまだ/クライミングメモ126、外27、北川16)

昨日に続いて西吾野へ通勤。
5時に起きて、いつもの0823西吾野着の電車に乗った。
昨夜はまたしても、電気を点けっぱなしで寝てしまった。それはいいとして、寝る前にハンドクリームを塗るのも忘れていた。起きた瞬間に指皮がヒリヒリしている。まともに登れるのか?

昨日とは打って変わって、電車は空いている。乗客のまばらな車内では時間の流れもゆったりと感じる。飯能を過ぎたあたりで、少しの間だが熟睡してしまった。目を覚ますと、向かいの席では、品のいい街着姿の老婦人が、手作りのおにぎりを静かに食べている。
自分は行儀悪く、靴を脱いでシートに足を伸ばして、窓に頭をもたれながら目を閉じて電車の揺れに体をまかせる。なんだか降りるのがもったいなくなる、小さな幸せの時間だ。

西吾野の改札を出ると、Kジマさんの他に見知った顔が。NさんとYさんだった。そして、Kジマさんのお知り合いのTイシさんも。現地はこの5名の他に、2名のパーティが1組だけ。だいぶ遅い時間になってから、もう1組2名パーティが現れたが、それでも9名。北川ハイシーズンはまだ訪れていない。

昨日はほんの少し染みだしもあったが、今日の岩はカラカラに乾いている。気温も昨日よりは低くて、岩のコンディションはかなり良くなった。

ただ、自分のコンディションはあまり良くない。2連登で多少の疲れが残っているのと、やはり手皮が消耗している。1手目の右手の、手のひらに突き刺す岩で手のひらが痛む。
それでも、1便目はマッチ→右手クロス→左手斜めガバ、までスムーズ。その後、右足を上げ、「やあっ」と声を上げて右手を右上ガバに、、、出すが届かず、ヌンチャクを掴んでしまう。ギャラリーから、失笑がこぼれる。声を上げてヌンチャクじゃ、ねえ。。。

結局、この1便目のトライが今日一番マシなトライだった。後はボロボロ。3便目には、もう手が岩を触ることを拒否している感じだった。テーピングでも巻いてトライした方がいいんだろうけど、体力的にも辛かったので、回収だけしておしまい。
筋肉ケアも大切だけど、手皮のケアも大切だ。

とにかく、左手斜めガバまでは、まあまあスムーズに行く。斜めガバを取った後のムーブが自分の核心で、ここができないと話にならない。ここだけを練習した方がいいと思った。次回は、ムーブの再検討も含めて、この核心部を固めたい。

Kジマさんは、“北川最難の12a”との呼び声が高い「UV」(じゃあ12bにすればいいのに…)を、見事にRP!そしてこれまた難しそうな、「バトル」(12a)の核心ムーブも解決していた。さすがに強い!

●気温、服装メモ
昨日より若干涼しいが、服装、装備は同じ。昼寝の時は上着を羽織らないとちょっと寒い。気持ちのいいシーズンになった。でも、虫除け装備は当面要りそう。

▼ときどき、コツンと音を立てて、なにかが落ちてくる。落石かと思ったら、どんぐりだ。
d0252022_2254279.jpg


▼「謙譲の美徳」をトライするTイシさん。
d0252022_1931787.jpg


▼「UV」を登った後、さらに「バトル」の核心も解決してしまったツヨツヨのKジマさん。

[PR]
by seeyou44 | 2015-09-25 19:41 | 外岩クライミング | Comments(0)

連休クライミング3・北川 「秋葉大権現」再開/クライミングメモ125、外26、北川15)

甲府から戻ってきて、翌日は丸一日完全レストにした。
連休4日目は、buchiさんたちが北川へ行くという。自分も北川シーズンを開始したいが、5日目に、Kジマさんと北川に行く約束がすでにある。今日も行くと日帰り連登になり、疲れそう。基礎体力に乏しい自分は、無理をすると後で響くので、当日の身体の具合を見て、疲れが抜けずに体調があまりよくなかったらレストにしよう、そうでもないなら行こうと考えていた。

ところが、前日の夜は、早い時間、たぶん午後8時くらいに、布団に横になって読書をしていたらそのまま寝入ってしまい、翌朝は4時前に目が覚めてしまった。
もう眠くもないし、身体も特に疲れは感じないので、北川の岩場へ向かった。
北川に前回行ったのは、7月中旬の猛暑の時期。暑くて何もできなかった。そしてその後に体調を崩してひどい風邪を引いてしまい、夏のクライミングは涼しい高所に行くか、ジムに限ると実感したのだった。

東京の気温も30度を下回るようになったので、そろそろ北川シーズン再開だろう。今シーズンに、なんとしても「秋葉大権現」を片付けてしまわなければ。

いつもは0823西吾野着の電車に乗るが、今日はそれより1本遅い電車でややのんびり。電車は混んでいた。巾着田のシーズンで、ハイカーでもない普通の観光客が多いらしい。高麗でたくさん降りていった。

駅からの道すがら、山胡桃の実がたくさん落ちているので、拾い集めて皮をむき、川で少し洗ってザックのポケットにしまう。

岩場につくと、buchiさん、Kノさん以外に、6人の先客がいたが、Iフクさん、Hカドさんはじめ、お馴染みのロックランズ組の面々だった。10名ほどの岩場で、全員知り合いというめずらしい状況。しばらくクライミングをお休みしていて、今日から再開したというBMさんにお会いできたのも嬉しかった。またジムで面白い課題を作って下さい。

そして、今日は自分以外に、5名が大権現トライという「大権現まつり」。自分以外の面々は、皆さんほぼ初めてのトライのようで、下部に苦労していた。しかし、Mイさんは、2便目には簡単に下部を抜け、中間の第二核心まで到達していた。さすが、強い人は違うなあ。
自分は久しぶりなので、ホールドやムーブをちょっと忘れていたので、思い出しのトライに終始した。ムーブは以前に作ったものをそのまま使っていが、Mイさんのトライを見ていて、違うやり方を試してもいいかなと思った。
まあ、シーズンはこれから。時間はたっぷりある。ゆっくり味わって、楽しもう。

帰り道すがら、またしても山胡桃ひろい。まとめてたくさん落ちているスポットがあり。コンビニ袋にたっぷり放り込んだ。さらに、落ちていた山栗、実の赤くなった山椒なども少々採取。
クライミングの収穫は何もないが、秋の味覚の収穫はたっぷりだった。

帰りは、乗り換えの池袋駅で降り、吉野家でコモサラセットに生卵。最近のお気に入りだ。

●気温、服装メモ
東京の予想最高気温は28度。現地の気温は、昼間で22~3度くらい。登る時はタンプトップ+バーブライトで、少し暑いくらい。蚊がうるさいので、レスト中はカッパを着た。虫除けスプレー、蚊取線香は必須。最近は、蚊除けに「ユーカリレモン」というアロマオイルを使っている。ディートを使ったケミカルスプレーに比べれば、効果の程は?だが、いい香りなので、気分がいい。

▼胡桃のシーズン
d0252022_19144714.jpg


▼赤く色づく山椒
d0252022_19153661.jpg


▼収穫!山胡桃は、少しオーブントースターで暖めると、割りやすくなる。
d0252022_19134341.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2015-09-25 19:16 | 外岩クライミング | Comments(0)

連休クライミング2・太刀岡山/クライミングメモ124(外25、太刀岡1)

翌日は、太刀岡へ。
朝は6時半~7時くらいに起床。山荘で朝食やら、簡単な掃除やらを済ませて、山荘を出たのがたぶん8時半くらい。ナビ通りに行ったら、意外と遠回りの道になり、太刀岡山基部の駐車場に着いたのが9時半くらいか。OブチさんをピックアップしてきたS木さんの車がすでに停まっていた。

記録によると、前回太刀岡に来たのは2011年の5月なので、4年以上前だ。その時は、「ルートキラー」(11c)を触って、登れなかったとある。
4年ぶりのアプローチだが、やはりきつい。昨日よりかなり暑くて、大汗をかいて登る。蚊も多い。

岩場は15,6人か。以前カサメリでお会いした、静岡のTカワさんたちグループの人がいて、カリスマラインをトライしていた。
Oブチさん、Sキさんたちは「おさわがせしました」11d/12aをトライ。

自分は左面でアップした後、「ルートキラー」を登る。4年前よりは、さすがに成長してるだろう、触ったことのある11cなら1撃だろう、と思っていたが、実際はあまり変わっていないことがわかっただけ。しょんぼりです。
1便目、下部のスラブは問題なし。スラブを抜けた中間のレストポイント前後の処理がわからず、試行錯誤。フレークを使わず直上するムーブもありそうだが、厳しそう。チョンボで超えて、次のピンにヌンを掛けたが、その次の越え方もまたわからず。ここで敗退。

2便目、中間部のフレーク部分は、わかってしまえばそう難しくなく、あっさり越えた。その上は、すでに登っているOブチさんに聞いたところ、自分は使うホールドを間違えていたらしい。そういえば、4年前もあのホールドを使ったわ。ムーブもホールドも、完全に忘れていた。上部はテンテンでトップアウト。

3便目、登る気満々。しかし、核心の縦穴取りの時の足位置が決まらず、テンション。1テンまでだった。4年前とより少しは進歩したのだろうが、登れないという点では、あまり変わってない。現実の厳しさに、打ちのめされた。

上達はともかく、このルート、下部は微妙なスラブ、上部は大胆なムーブで、なかなか楽しい。終了点あたりのラインがわかりにくいのが、玉に瑕かな(「ハッピーバースデー」の終了点取りに使うガバは使ってはだめらしい)
また行きたいけど、通うのはなかなか大変そうだ。人数が集まらないと、交通費もかかるから日帰りはもったいないし、泊まりはなかなか機会がない。

5時過ぎに撤収。帰りは中央道が渋滞していて、拝島に着いたのが10時くらいだろうか。
Tハシさん、運転ありがとうございました。

昨日今日と、11cのルートばかりトライしていたことになる。自分の実力だと、このくらいのグレードだと、がんばれば1日で落とせるか、落とせないかという感じで、一番楽しめる気がする。

12台のルートになると、なかなか登れないし、苦行のような感じになってくることがある。それはそれで、上達のために必要なのだろうが、そういうクライミングばかりだと嫌になってくるかもしれない。上達と気軽な楽しさと、両方同時に取れればいいのだけど、なかなかそううまくいかない。

▼お世話になった山荘
d0252022_232255.jpg


▼「ハッピーバースデー」を登るKハマさん。核心は越えたが、惜しいところでフォール
d0252022_20570.jpg


▼小用に向かうときに発見したキノコ。うまそうな感じだったが、なんだろう?
d0252022_22932.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2015-09-25 02:03 | 外岩クライミング | Comments(0)

連休クライミング1・カサメリ/クライミングメモ123(外24、カサメリ3)

ゴールデンウィークは「黄金週間」などと呼ばれることもあり、そういわれるとなんだか有り難みが増す気がするが、シルバーウィークを「銀週間」と呼んでも、単に意味がわからないだけである。そもそも、9月の連休を「シルバーウィーク」と呼ぶようになったのは、いつからなのだろうか? 10年前にはそんな言葉は無かったのに、と思ってウィキペディアで調べてみたら、なるほど、いろいろ面白い。毎年5連休くらい作ってほしいものです。

さて、その連休の最初の2日、Tハシさん、Kハマさんと山梨方面に登りに行った。
初日はカサメリへ。
朝7時に拝島駅集合。朝の高速で若干の渋滞に巻き込まれ、現地駐車場到着は10時過ぎ。駐車場はほぼ満車だったが、1台分停めるところがあり、そこに入れた。モツランドは、朝は下部がやや混んでいたが、上部は終日人が少なくて、のんびり登れた。

本日の狙いは、「オリーブ」11c。8月に2日5便出して、まだ登れいていない。
1便目、下部でアップをと思ったが、混んでいたのでいきなり取り付くことにした。下部のレーザーズエッジのパートはTハシさんが先に登ってヌンチャクを掛けてくれた。したがって、上部だけマスターで。あわよくばここで1撃、と思ったが、身体も温まっていない1便目で、マスターではきつかった。テンション混じりで、核心のムーブを確認し、上部までヌン掛けして降りる。
そして2便目で、あっさりRP。いつものことだが、登れるときは簡単に感じる。
通算3日7便。11cとしては便数を出しすぎだろう。外岩だって、11cならワンデイか、悪くても2日5便以内では登りたい。

その後、Tハシさんが登るのを見ていたら、核心部を自分とはまったく違うムーブ(小ハング下のポケットを使わない)で越えていた。なるほど、あんなムーブで上に届くのか!と目からウロコが落ちた。機会があったら今度やってみよう。

続いて、プラチナム(11c)にトライ。
まずはマスターで。棚みたいなところに登って1本目を掛けて、そこから先のラインがよくわからない? 1ピン目から、ボルト沿いにまっすぐ登りたいが、ちょっと無理っぽい感じ。左のクラックが走るコーナー(ネームレスクラックのライン)に寄って少し登って、2本めを掛ける。さらに、これでいいのか?と思いつつ、コーナー沿いに2手くらい登ってから、右にトラバースして3本目。あとはほぼまっすぐ。終了点も右の棚に出ていいのか、ちょっと迷うが、これは仕方ないか。テンテンでトップアウト。

下から見るとホールドはよくわからないのだけど、登ってみると、カチがちゃんとある。思ったより簡単で、少なくとも「オリーブ」よりは登りやすい。

2便目、同じようなライン取りで4ピン目までかけて、あと2手で棚のリップを取っておしまい、というところで、指が指が滑った感じで落ちた。残念。

「オリーブ」より簡単に感じたので、得意系なのかと思っていた。ところが、家に戻ってから他の人が登っている動画を見たら、自分とは違って、左のコーナーはほとんど使っていなかった。また、「瑞牆クライミングガイド」にも、「下部で左のコーナーに寄り過ぎると「ネームレスクラック」に入ってしまうので注意」とあった。(登る前に読めよ、という感じだが)。

どうやら、自分の登ったラインは、NGだったみたい。自分が登った動画を見ると、たしかに、岩の弱点を突き過ぎている(逃げ過ぎているとも言う)感じがする。簡単だと感じたのも、たぶんそのせいだろう。

レーザーズエッジの左壁限定のように、とくに限定ということはないみたいだし、これで登れるのだから、これでいいという考え方もあるかもしれないが、体感的にも、このライン取りだと11cはないな、と思う。(体感11a~b?)

今回落ちたのはちょうど良かった。もしこのラインで完登して「登れた」と思っていたら、ショックが大きい。今度行った時は、より直上的なラインで登って、完登を目指そう。

5時くらいに現地を出て、夜は「おいしい学校」という、よくわからない施設で入浴。温泉ではないが、300円で広い湯船に浸かれて大満足。水風呂が故障中だったのが残念。
スーパーで夕食の弁当を買おとしたら売り切れで買えず、すき家で簡単に夕食を済ませる。自分は飲食にはほとんど関心がないので、安ければなんでもいい。

宿泊は、Kハマさんの紹介で、K大学某サークルのOB山荘に泊まらせてもらった。室内はとても綺麗で、布団も使える。キッチンもウォシュレットのついたトイレもあり、快適で素晴らしい。

Tハシさんは缶ビールを1本だけ飲んでいたが、自分もKハマさんも酒を飲まない。お茶を飲んで、10時前に就寝

▼「オリーブ」核心をやっとクリアし、RP。7便もかかってしまった。
d0252022_21372423.jpg


▼キノコがお出迎え。
d0252022_21384074.jpg


▼「プラチナム」下部でルーファイミス。上部でフォール。

[PR]
by seeyou44 | 2015-09-24 21:40 | 外岩クライミング | Comments(0)

3連登でヨレヨレ/クライミングメモ122(ジム101、錦糸町29、パス50)

120,99,68,47
一昨日、江戸川橋。
リードエリアは激混みなので、2階でボルでもと思っていたところ、ムサシ君がキャンパをやるというので、一緒にやることに。
キャンパ的なもの、ラングへのぶら下がりでのアイソメトリクストレーニング、加重チンニング、立ちコロなど。

閉店時間も近くなった頃、リードエリアに降りて、新壁のミント12cやオレンジ12cのスタートだけを触ってみる。YさんやIさんが簡単にできていることが、できない。。。自分の弱さ、下手さを実感。


121,100,69,49
昨日、江戸川橋
昨日の筋トレで、前腕にけっこうな筋肉痛。そして、指のヨレを感じる。
Iウエさんと、ボルをちょっとやった後、リードのミント12cにトライ。スタート部ができないのは、下手だからか、指のヨレのためかは、わからない。
スタート直後のガバピンチ取りは、右手のカチが保持できずに、まるで届かない。指がヨレてないときならできるのか?それとも、ムーブか?
とにかく全体を通して、難しい。今のところ、絶望的。

高難度ルートは諦めて、やさしいルートの登り降りをつなげて、長ものでの持久力トレに徹した。トレーニング的な意味がどれだけあるのかは、わからないのだが。


122,101,29,50
本日、錦糸町。
Kジマさんとリード。
前腕の筋肉痛はまだ残っており、さらに、体全体の疲労感が強い。3連登じゃ、仕方ないか。
1階ボルダーの黄色3、できそうでできない。アップのつもりだが、これだけで疲れてしまう。
TRのスラブ壁、オレンジ10cd。以前に1度触って、テンテンだった。今日もテンテン。途中で敗退。。。ジムグレードで10cdが2便出して登れないとは、情けない限り。。。
でも、小川山のスラブの10cくらい、「ジャーマンスープレックス」とか、「アバタもえくぼ」とか、それくらいの難しさだと感じた。
続いて、TRの黄色11a。よくオブザベしないで取り付いたら、ムーブもルートもまったく想定外で、フォール。やれやれ。

リードハング壁右の黄色12a。まったく登れる気はしないが、触っておかないとムーブを忘れるので、1便だけ出した。予定通り?核心落ち。
でも核心まではけっこう余裕を持って行けた。もう下部は完全に自動化されているのだから、当然か。核心も、レストを挟んだ後なら越えられるようになっている。あとは、つなぐだけ、なのだけど。。。

9月課題11d。下部でテンション。そして、核心部、3つ丸ホールドでテンション、さらにゴール下でテンション。11dでこれじゃあ、ダメダメだ。核心を超えるムーブはできたけど、たぶん想定では右手で保持するはずの丸ホールドが保持できず、上に送って、なんだか変なムーブになった。

帰りはLIVINで、松茸ごはん弁当が半額になっていたので、購入。150円くらい。
量が少なめで、夜食べるにはちょうどいい。
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-17 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

秋シーズン開幕/クライミングメモ119(外23)

7月の猛暑のころは先が思いやられたが、過ぎてみれば案外そそくさと立ち去っていった今年の夏。東京の予想最高気温も30度を下回るようになり、そろそろ秋シーズンの開幕だ。

日曜、Tハシさん、Sキさんと久しぶりの外岩へ。
ホリデー快速1号に乗り、青梅で下車。Sキさんの車に拾ってもらう。目指す場所は、奥多摩の某エリア。チャートの岩場だが、非公開エリアということなので、残念ながら詳細は書けない。
自分は初めて行くエリアだが、なかなか大きい。が、あまり登られていないようで、コケで自然に帰りつつあるルートも多かった。易しいルートほど苔むしており、アップに困る。

まず、10台のルートを1本。クラック沿いに染みだしで濡れており、テンションは入ったが、トップアウト。上部はコケコケだったが、長さがあり、ぐいぐい登っていける気持ちのいいルートだった。

それから、Tハシさんがトライする12aを、一緒にトライ。だが、スタートのムーブが難しくて、できる気がしない。そこを飛ばしても、上部も決してやさしくはなく、トップアウトもままらない。一応3便出したが、まったく形にならない。連登で疲れていることもあるかもしれないが、これで12aというのは、グレードが??
スタートは、後から思いついたムーブがあるので、また行く機会があったら試したいが、あるかな?

いつものごとく寝不足で、完全に秋を感じさせる風が気持よくて、待ち時間はほとんど寝ていた。
気合の入らないトライしかできなかったが、久しぶりの外岩だし、秋シーズン開幕のウォーミングアップということで、よいだろう。

●服装メモ
東京の予想最高気温は29度。
上は半T、下はバーブライトでやや涼しく、登る時はちょうどいい。寝る時は、虫除けの意味もあってカッパを着ていた。涼しくなったが、まだ吸血昆虫は出ていた。
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-14 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

12aの次が、絶望的/クライミングメモ118(ジム98、江戸川橋67、パス46)

日曜は久しぶりに外に行こうということになった。疲れを残したくないから土曜に筋トレはNGだ。そのため必然的に金曜に筋トレ、土曜にジム、ということになる。筋トレをしないという選択肢は、ない。

夕方から江戸川橋。ホールド替えになったばかりの手前一面ハングは、大賑わいだ。
先日ピンクまでは落としているので、今日は黄色12aから。から、というか、だけ、というか。
先日、Iトウさんが登っているのをチラ見していたので、だいたいどんなものかはわかっている。あわよくばフラッシングで一撃、と意気込んで登るが、核心手前のなんということもないクロスムーブができず、はい、それまでよ~。クロスムーブの引き出しが少ないので、わかればできるのだけど、初見だと出てこない。どうしてもマッチしたくなる。普段から積極的にクロスを使うようにした方がいいのだろう。
核心部でもテンションが入るが、ここはすぐに解決できた。その後は問題なし。もう落とせたも同然だろう。
2便目、当然落とすつもり、だが、核心部で右手が届かずフォール。ちょっと焦って、悪い体勢から手を出してしまった。ヘボい。そこだけ練習して、降りる。
3便目、RP。
核心の一手だけが少し難しい、まさに一手もの。体感は11c~dかな。12aは完全にオーバーグレーディングだと思う。ピンクと一緒に11cでいいのではないか?

これで、この壁の12aまでは終わってしまい、あとは2本の12cと13aを残すだけとなった。13aの方は端から問題外として、2本の12cはどうか?
まず、ミント12cの出だしをちょっとだけ触ったけど、非常に厳しい。1手目がいきなり取れないのだけど、「取れたとしてー」で持ってみても、かなり悪いカチで、次の2手目が出せない。厳しいカチ持ちを鍛えないと駄目だ。
オレンジ12cに至っては、絶望的。スタートホールドが悪すぎて保持できず、1手目すら出せない。
どちらも、今の自分にとっては、レベルが違う感じで門前払い。やっていればできるというものではなさそうで、指力を中心としたボルダー力をもう1段上げてからじゃないと、話にならない気がする。
どうすれば指力が強くなるんだろう。しばらくボルダーに打ち込もうか?

スタッフI崎さんは、この壁にもう2本くらい設定したいと言っていた。この12cよりは1グレード低い設定が、2本あると嬉しいのだが。

最後は垂壁に少し自分課題を設定して遊ぶ。指力が鍛えられそうな課題を作ってみようかな。
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-12 23:54 | ジムクライミング | Comments(0)

オンサイト祭りのはずが。。。/クライミングメモ117(ジム97、錦糸町28、パス45)

江戸川橋 116,96,66,44
水曜、体育館で筋トレをした後、江戸川橋へ。
台風が本州を横断し、東京も大雨。筋トレ後の疲れた体で、土砂降りの雨の中、自転車をこいで江戸川橋に向かうのはしんどくて、途中で心が折れかけたが、なんとかたどり着いた。
リードエリアにだれもいなかったらどうしようと思ったが、IトウさんとIクラさんが登っており、混ぜてもらう。ロープもお借りした。ありがとうございました。

リードの手前一面ハング壁が、予定通りホールド替えになっている。10d,11a,11b,11d,12a,12c,12c,13aと、7本が設定されてる。オンサイト祭りだ。
筋トレ後で疲れているので、低グレードは省略しようかと思ったが、アップも兼ねて10dからスタート。そして、赤11a、緑11bまでは、OS。この緑11bは、赤11aとの違いがよくわからない。どちらも同じくらい(11a)に感じた。
続いてピンク11d。オブザベでは、どうもクロスムーブが多そう。手順に気をつけようと思って登り始めるが、いきなり間違える。アホだ。。。そして、2ピン目のクリップの体勢が悪く、次のムーブを起こそうとしたとたん、手が滑ってフォール、あっけなくOS失敗。
そのまま降りてロープを抜き、すぐに結び直して登り直す。上部でも1箇所手順を間違えたが、なんとかリカバリできて、登り切った。あーあ、あのスリップがなければ、OSできたのに。。。1.5撃(?)になっちまった。ちぇ。
でも、このピンクも、オーバーグレーディングに感じた。11cで十分だと思う。11dはまったくないだろう。


木曜、錦糸町。117,97,28,45
まだ雨が降っている。錦糸町のホールドも、心なしかじっとり湿気ている。そりゃそうだろう。月曜からずっと降り続けなのだ。もう、どうぞ勝手に降ってください、ポシャるまで。
ハング右壁、アップで、青を登り、終了点に掛けてから黄色12aの核心ムーブ練習。今日は1発で止まった。だんだん動きに慣れてきたのだろう。
1便目、しかし、核心右手が全然伸びず、フォール。2便目、今度は右手のカチを持った後、左手を少しシェイクしてみた。さっきよりは伸びて、ホールドを触ったが、止まらず、フォール。この左手の小レストがあるかないかで、多少は違うみたい。でも、体の伸ばし方がだいぶ分かってきた。あと一歩。
最後に、同じ壁の9月課題11dをトライ。初見であるが、他の人が登っているのを少しみたので、FLトライ。昨日の江戸川橋の反省もあり、1撃を目指して、入念にオブザベした。だが、ホールドが多くてよくわからないところがある。
で、登ってみると、難しくてテンテン。核心部分は、ムーブができずに、チョンボで抜けた。ここのムーブができたとしても、つなげるのはかなり消耗しそう。1撃どころの話じゃなかった(´・ω・`)ショボーン
これが、リアル11dだろうな。
やはり昨日登った江戸川橋の11dは、明らかに1グレードは簡単で、11cでいいだろう。
こちらの目標は3便以内。あと2便では登りたい。が、黄色12aと同日に攻めるのは、ややきついかもしれない。日を別にするか。
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-10 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

黒12cが登れて、ジムグレード更新/クライミングメモ115(ジム95、江戸川66、パス43)

手前一面ハング壁のホールド替えが2日後に迫った土曜。
あと2手というところまで追い詰めた黒12cを、この2日でなんとしても落としたい。昼間に雑用をこなし、少し昼寝をして、夕方から江戸川橋へ。

今日は久しぶりに天気がよく、真夏に比べれば気温も低くて、外はよいコンデションだと思われる。それに明日は雨予報だ。そのため、常連さんは軒並み外に行っているのだろう。リードエリアはガラガラで、Kハマさん、Sノさんの2人以外にだれもいない。もし彼らがいなかったら、トライすらできないところだった。いてくれて助かった。

前回記した体重増加は、3日のダイエットで元に戻した。昨日は登らず、筋トレもせず、有酸素だけにしたので、疲労もない。完登への準備は整えた。

アップの後、1便目。体は軽く、淀みなく動く。今までは余裕の無かった中間部でも、少し手をシェイクする余裕がある。
終盤、サイドカチからデッドで左手ガバカチを取り、クリップ。そして、声を上げながら、ゴール1手前の右手ピンチ……。届いたが、つかめずフォール。残念ではあるが、1便目でここまで行ければ、感触は悪くない。なにしろ体が軽いし、このルートは、前腕がほとんど張らない(指がヨレて開くタイプ)ので、まだ余裕でトライできる。

トライを重ねたルートをRPできる時は、その日の1便目か、2便目が多い。これは、1便目はもっとも腕がフレッシュだからで、また2便目は、ムーブが確認できた後で、しかもそれほどヨレていないから、いい登りができるだめだろう。

そんな思いもあり、十分休んでからの2便目は登る気まんまん。だが、4ピン目の左手ポケット取りで、まさかのフォール。確かにここも少し悪いのだが、この期に及んで落ちるとは。。。イレコミ過ぎというのだろうか? 少し焦って、動きが雑になったようだ。
先ほど落ちた上部のムーブを確認する。左手ガバカチ取り→クリップ→足を動かし→右手ピンチとしていたが、クリップが入ると、どうもリズムが乱れる。そこで、1つ手前のサイドカチでの最終クリップを試してみた。この方が、クリップ自体はややきついが、その後動きが止まらずリズムが良い。

またまた十分休んでから、3便目のトライ。終盤まで問題なし。先ほど試したサイドカチでのクリップをして、その後の動きもリズムよく、右手がピンチを掴んだ!
と思ったものの、いまいち浅かったらしい。1秒ほど保持したが、フォール。。。
思わず大声を出してしまった(恥)。しかし、これは悔しかった。ビレイしていたKハマさんにも「終わったと思ったのに…」と言われる。自分もそう思ったのですけどね、面目ない。。。

この時点でもう19時30分に近かった。営業は20時までだが、最近は15分くらい前になると「蛍の光」が流れだす。20分ほどのレストで4便目を出さなければならない。

指のヨレの残ったまま、4便目。さすがに疲れを感じ、下部の動きがやや雑になるが、なんとかこなす。核心のピンチが止まった! が、一瞬体が剥がされそうになる。奇声を発しながらこらえて、終了点に左手。やや目測がズレて上のボードに触るが、持ち直して終了点。やった!
後ろで見ていたスタッフI崎さんが「おめでとうございます」と言ってサムアップしてくれる。ビレイヤーのKハマさんにはグータッチで祝福された。ありがとー。

便数は数えていないが、トライ日数は11日だが1便しか出していない日もあり、総数は20~25便程度だろう。けっこうかかった。ただ、大汗をかきながら登ったコンディション最悪の真夏を挟んでいるので、涼しい時期だったらもっと早く登れたと思う。

12cというグレードがついているルートを登ったのは初めてで、一応、ジムグレード更新だ。それもあって、どうしても登っておきたかった。
Sキさん、Iトウさん、50さんなど、このルートをすでに登った人が口をそろえて、オーバーグレーディング(甘い)という評価だし、自分の体感でも、12bかなという感じ?
それでも、12cとつけられていれば、12c。素直に嬉しい! ホールドが変わる前に登れてよかった。
[PR]
by seeyou44 | 2015-09-06 15:56 | ジムクライミング | Comments(0)