おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2013年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

クライミングメモ123(ジム108、江戸川橋93、パス45)

水曜
江戸川橋ボル。
黄色8、T辺氏とセッションになり、セッション効果もあったか、ようやく登れた。これで100度壁の黄色がようやく終わった。次は赤か。O野君に聞いたら、赤は4と3が比較的簡単らしい。
4を数トライするも、サイドカチで体を返すムーブがなかなか指に厳しい。ゴールタッチまで行ったのだが、そこまで。
白D、苦手なランジ系(得意はないのだけど)、できる気がせず。
春日の銭湯に寄って帰る。

木曜
S木さん、N野さんがいたので、リードに混ぜてもらう。左ハング壁のY木12aを、S木氏とともにトライ。下部トラバースは昨日の練習でマスターしたらしく、問題なかった。中央のレストポイントまで進み、赤ハリボテでのヒールがうまく決まらず、テンション。しばし休んでそこからゴール直下まで進んだが、微妙に遠いゴール取りでフォール。
次のS木氏、2便目でRPしてしまい、ややプレッシャーがかかる。S木氏はほとんどレストせず、スムーズな登り。自分は要所要所で十分にレストを入れないと、腕が持たない。デブだからか?
赤ハリボテから黄色ガバへ、緑ハリボテから上のピンチっぽいガバを取って、十分にレスト。ランジの後、ゴールは声を出して気合で取った。ようやくRP。といっても、通算5便かな?下部だけはボルダーで練習しているが。やや甘目の12aといったところだろう。
グレードはともかく、最初のちょっと悪いムーブから、最後のゴール取りまで気が抜けず、かなか面白いルートだった。壁にテープ張ればいいのに。
その後、S木氏設定のボルダースラブ壁課題(5~6級)で遊んだ。いずれも、ムーブを教えてもらったのに落とせず。永遠の6級ボルダラーには、難しかった。
S木氏の指の強さははんぱじゃなく、2階のキャンパ中央、一番薄いラングのキャンパで2段飛ばしで登っていた。。。自分はぶら下がるのがやっとで、1段ずつでも上がれないのに。
やっぱりクライミングの強さは、指力と引きつけ力で決まるという結論か。。。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-30 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ121(ジム106、パンプ川口3)11aが限界。。。

親の家に泊まる用事があり、その翌日、Kすけさんと待ち合わせして、川口パンプに。1月以来だから半年以上ぶり。
行く途中、親の家から来たので、BCAA系のドリンクがないので、ドラッグストアでアミノ酸でも買うかと思ったが、ドラッグストアが見つけられない。と思っていたが川を渡った反対側に、ドラッグストアとコンビニがまとめてあることに、帰りに気づいた。
今度からあそこで買い物しよう。

パンプには、小川山を雨敗退したS木氏もいてびっくり。
アップ1本の後、長いコルネを伝っていく10d。コルネは、ホールドがはっきりしないので(チョーク跡で大体の予想はつくが)、探っているうちにすぐ腕が張ってしまう。ムーブは10dなりだが、OSはなかなか難しい。1テンと思ったが、実はゴールを取ってなかった。
スタートからずっとピンクのホールドだけ使っているのに、ゴールだけ黄色ホールドで(テープは張っているが)しかも不自然に離れているので、迷った。これはトラップだろう。。

Kすけさんがやってた、薄かぶりの緑+11a。3便でRP。バランス、ホールド、クリップ、いずれも微妙に悪い。これで11aは辛いなあと思っていたら、以前は10dだったのが修正されたと常連さんに教えてもらって、びっくり。さすが川口パンプだ。。。
これで力を使い切り、1月に登れなかったカンテの白■11aには触らず。

指が痛くて、カチ系のルートはやる気にならない。
奥壁のかぶったガバルートの11aをS木氏がOSして「簡単だよ」と言ってたので、トライ。言うほど簡単ではなかったが、なんとかOSできた。
最後に、コルネ10dをもう一回触るが、2テン。途中の1箇所に加え、最後のゴール取りもちょっと悪かった。
6時で終了。

ちなみに、パンプで12mmのテーピングテープを買ったが、なんとなくいまいちだった。178円もしたのに。江戸橋で売ってるやつは、もうちょっと安いのだけど、粘着力が強くて、そっちの方がいい感じだった。

帰りはKすけ氏の車に自転車を積んでもらい、近くまで送ってもらったので助かった。

いったん戻ってから一休みし、まだ時間が早いので体育館でトレミ30分。
かなり疲れた。
川口パンプ、今度はいついけるかなあ?末か、来年の正月かな?
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-26 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ120(ジム105、江戸川橋91、パス43)指弱、、、

金曜、土曜と、連日で江戸川橋、軽くボルのみ。
黄8は相変わらず登れず。ばらせばゴールが取れるのだけど、つなげるとだめになるのは、力に頼りきった取りかたをしてるからだろうか?
手足の青L、白Cが落とせたので、まあまあ満足。
リードハング壁のY木12a。トラバース部分のみボルダーで練習。なんとかできるようになったか?
赤テープ12cの出だしもボルダーやるも、こちらはまるでできない。。。厳しい。核心は上部だが、スタートができないのでは問題外。もうちょっと指を強くしないと、高難度課題では話にならない。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-24 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ118(ジム103、江戸川橋89、パス41)軽く

小川山の後、風邪がちょっと悪化して3日の完全レスト。だいぶ良くなったので、江戸川橋へ。
久しぶりにスラブ(株)の課長、部長とも会った。
アップの後、前回1回触った、ハング壁のY木課題。まず、下部トラバースができない。。。ポケットクロスで、指を傷めそうなので、そこはとりあえずパスして。ガバからスタート。テンテンで一応ゴールまで。上部のランジの前の、緑ホールドの持ち替えがいやらしいが、できないムーブはなさそう。
2便目、トラバースは右手ポケットの外側に左手マッチでなんとか越えた。普通にクロスができないのは、指弱い。。。しかし、黄色のアンダーホールドで落ち。ここはスタティックに行きたい。あとは、上部で一度落ちたので、2テンか。もう数回やればできる気がする。つなげると腕が張るな。
最後に、すこし前に1回やって登れていない垂壁右のピンク10dを片付けておしまい。ホールドが悪くて、わかっているから登れたが、初見では厳しいルート。
軽めだが、病み上がりだしこんなもんだろう。
第三玉の湯で汗を流し、水風呂で十分に体を冷してから帰った。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-22 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ117(外16、小川山1)暑い小川山でスラブ修行

1年ぶりに小川山クライミング。
外岩自体、GWの二子以来で、3ヵ月ぶりだ。すっかりプラスチッククライマーと化している自分が、花崗岩スラブでどこまで通用するのか?

●1日目
S木氏、O氏、M君と自分の4名が阿佐ヶ谷に集合。
1台4人、というのはもっとも効率がいい。交通費も安く上がるし、2・2でペアになってそれぞれ登れるから、クライミングもやりやすい。
阿佐ヶ谷発が6時半くらいで、中央道の渋滞はほぼ皆無。のんびり行って、9時過ぎにはナナーズに着いた。
買い物を済ませて、廻り目平キャンプ場へ。下のキャンプ場のすぐ横に車が停められてラッキーだった。
今回は、S木氏所有の大きなタープとテントを借り、自分とM君はそこで寝る予定。O氏は自前テント、そしてS木氏自身は車中泊。テントを持参せずに楽をさせてもらい、有難い。
まずタープとテントを設営したが、とにかく暑い! 天気がいいのは良いのだが、日向でジリジリと陽に焼かれながらちょっと動くと、汗が噴出してくる。日陰に逃げるとさすがに涼しくて、東京とはまったく空気感が違うが、この暑さは自分の記憶の小川山とは、どうも違う感じがする。やっぱり異常高温なのだろうか?
この時期は、下のキャンプ場より奥の林にテント設営をした方がいいかもしれないと思ったが、昼間はテントにいるわけではなく、また、日が当たらないといろいろなものが乾かないので、総合的には、やっぱりこっちの方がいいのかも。

続きを読む...
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-18 23:59 | 外岩クライミング | Comments(0)

クライミングメモ116(ジム102、江戸川橋88、パス40)

水曜。
S木氏とボル&リード。
S木氏は1階奥壁岩3/29ファイル6級の青の核心を、キャンパで軽くクリア。さらに7/6ファイル6級赤は、なんとOS!完全な実力差を見せ付けられた。。。S木さんの指の強さはハンパじゃなくて、すごくうらやましい。。。
その後、リードへ。50氏ファイルの垂壁右11a、2便でRP。通算4便かな?まあ、こんなもんだろう、ちょっと辛い気もするが、11aというグレードはだいたい妥当だろう。
新作の10代前半という課題も登ったが、ホールドが多くて覚えるのが大変。迷っているうちにテンションしてしまったが、まあ10aかbというところ。
ちょっとだけハング壁赤テープ12cのスタートをやるが、相変わらずできない。クロスで出す右手ポケットが保持できず。指の弱さを痛感した。

木曜。
昨日も今日も、朝一で体育館へいって、有酸素を30~40分。汗を流してシャワーを浴びてから1日が始まるというのは、なかなかいい。しかし、短時間でも昼寝は必須だ。今日は昼寝する時間がなくて、ちょっとだけ夜寝?起きたら8時近かった。体がだるい感じがあり、どうしようか迷ったが、一応江戸川橋へ。着いたら8時半を過ぎていた。
Y木氏とS木氏がおり、軽くリード。
Y木氏設定のハング壁12aを触ってみる。最初のトラバースが、なかなかしょっぱい。指の弱い自分に、ポケットのクロスムーブはけっこうつらい。そして、上の方は遠いガバをつないでいくダイナミックなムーブ。なかなか面白いルートで、攻略のしがいがある。
閉店間際に、下部トラバースだけボルダーで練習したら、一応できた。次回から真面目に取り組んでみようか。

両日とも軽めなので、疲れがたまってる感じはしないが、土日は小川山なので、金曜登るかどうか、迷うところだ。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-15 23:57 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ114(ジム100、江戸川橋86、パス38)ほとんど無駄打ち

トレーニング後から帰ってきて、軽く飯を食っても、まだ5時くらい。
子どものころ、夏休みに学校のプールで泳いだあと、心地よい気だるさに包まれながら、扇風機の風にあたって(自分が子どものころは、家にクーラーはなかった)うたた寝するのが大好きだった。そんな気分で、横になって、ちょっとだけうとうとする。エアコンで冷された部屋が気持ちよい。
筋肉はトレーニングをしている間に成長するのではなく、寝ている間に成長するのだから、トレーニングの後は、いっぱい寝なくてはならない。
うたた寝から覚めても、気分はいい。今日はこのままビールでも飲んで、ゴロゴロしておしまいでもいいかな、とも思う。疲れて火照った身体に、よく冷えたビールを注ぎたい。
だが、つい「時間がもったいない」と思ってしまう。

よく、休日には朝というか昼というか、とにかく明るいうちからビールなど飲んじゃう、という人がいるが、私はもともとそんなに酒に強くないせいもあって、飲むと他のことができなくなるので、どうしても「時間がもったいない」と思ってしまう。私にとって酒を飲むというのは、「もう今日はおしまい。なにもしないであとは寝るだけ」ということと同じなので、せっかくの休日を、昼から「今日はおしまい」にしてしまうが、もったいない。なので、特別な理由がない限り、昼から飲むことはないし、夕方の5時くらいからでもちょっと飲みにくい。夜の9時とか10時なって、「あとは少しリラックスした時間を経て、寝るだけ」という頃合になって、ようやく飲みたくなる感じなのだ。

それでとりあえず、江戸川橋へ。
しかし、やっぱり疲れているのだろう、身体が重くてろくに動かない。岩6級青をちょっと触ったが、昨日よりひどい。適当にあちこち触って、おしまい。たぶん、トレーニング的な効果もなさそうだし、ただ悪いイメージだけがインプットされた無駄打ちだったような。
これなら、銭湯行ってビールでも飲んでた方がよかったかも。
「レストもトレーニングのうち」、、、わかっちゃいるけどやめられない。

戻ってきてから、ピンチ力トレーニングを少し。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-11 23:40 | ジムクライミング | Comments(0)

トレメモ、胸、肩、三頭、脚

いつも日曜は昼間だらだらすごして、夕方からクライミングor筋トレというパターンが多いが、今日は少しでもそのパターンを打破しようと早めに出かけた。
といっても、1時過ぎか?できれば、午前中から出かけられると、1日が長く使えるのだけど。。。

今日も気温は高いようだが、部屋にいるときはもちろんずっとエアコンつけっぱなし。そして体育館も冷房がかなり強く効いていて、移動時以外は暑さは感じない。休日の昼間だけに、そこそこ混んでいる。

・スカイウォーカー:10分(正しい名前はたぶん違う。このマシン初めてやったけど、けっこういいかも)

・ベンチプレス:40/10 50/6 60/9,5,2f 55/6 50/6(前回とほぼ変わらず。週1じゃ、なかなか向上は難しいか)

・インクラインベンチ:42/10,8,5+2(スミスマシン、大体45度。スミスだし、もうちょい重くてもいいか)

・バックプレス:27/10,5,3 22/10

・フロントプレス:27(バックとフロント、適当に混ぜながら。回数は忘れた)

・スクワット:50/10 60/10 70/10,10,10 w60/10(そろそろちょっとあげてもいいか)

・カーフレイズ:60/50,50

・レッグプレスM:165/5 s99/10,10(スローでやって、伸ばしきらないと、99でもすっごい効く)

・サイドレイズ:20/30,30 左右

・バックエクステンション:20、20(5kgプレート。適当にひねりながら)

・SU(腹筋系は体育館では久しぶり。)
・RSU

・フレンチプレス:18/10,5 14/8

・プレスダウン:17.5/10,8

・ケーブル内旋、外旋

ダンベルフライと、チェストプレスMを忘れていた。ボケてるのか?
フライ系は、プレス系とは刺激が違うし、マシンはスローで追い込むことができるので、やっぱりやった方がいい。
それでも、全部で2時間以上いたのだろうか。かなり疲れた。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-11 23:35 | トレーニングメモ | Comments(0)

クライミングメモ113(ジム99、江戸川橋85、パス37)登れるために大切なものは……

暑い。
東京は37度とか、38度とか?
ビルの給水タンクが屋上にあるせいだと思うが、昼間は水道の蛇口からぬるま湯しかでない。そうめんを食べようと思ったが、水道水では締めることができないので、氷を使わないとならない。。。大変なことだ。
夕方から江戸川橋に。お盆のためか店内は、割と空いている。しかし、暑い。アップを2、3本登っただけで汗が吹き出て、顔を水洗いしなければならない。冷房が追いつかないのではないだろうか?自分は筋肉量が多いためか、暑がりなのだが、自分だけではなく他のお客さんもみんな言ってるので、やっぱり暑いのだろう。
江戸川橋の建物は、もともと製紙工場だか製紙倉庫だかだった建物を改造したもの。古い建物だし、空調の効率も悪いのかもしれない。
それでも、たぶん錦糸町よりはマシだろうな。錦糸町の夏の暑さはハンパじゃない。

さて、ガラガラの奥壁で、岩6級課題つづき。
M沼さんを誘ってセッションするが、3/29ファイル青は、やっぱりできず。7/6ファイルの赤は、最初のヒール→クロスを、M沼さんがクリア。すると、なぜか自分もそこはクリアできた。セッション効果、偉大だ。しかし2人ともその後のオレンジ穴から先に進めず。最初の方に核心があるかと思いきや、実はその後の方が難しいというよくあるパターン。
そのうち、Jimaさんが現れる。
真っ黒に日焼けしたJimaさんは、「休みは海ばかり行ってて、登ってないから下手になってますよ」と言いながら、7/6岩6級の赤、最初のヒールの核心を1撃で超えて、2便目では第2核心も難なく越えて、ゴールまで。ただし、右壁を使ったので、RPは認められないだろうが、それでもすごい。自分が20回くらいやって歯が立たないのに。。。

このとき、「才能」という文字が頭をよぎったことは言うまでもない。毎週2回はコンスタントに通ってる自分が何度もやってできない課題が、2、3週間ぶりくらいのクライミングのJimaさんには、いとも簡単に落とせてしまう。。。
クライミングで登れるために一番大切なのはなにかと聞かれれば、まず「才能」と即答する。
そして悲しいことに、どう多めに見積もっても、自分には平均以下の才能しかないであろう。。。

さらに、Y野氏や、N村氏、O野氏などもやってきて、めずらしく奥壁セッションになった。
3/29岩ファイルは、青はできないが、あとは自分でも登れて、まあ妥当な6級だろう思われるが、7/6岩ファイルは、登れたのは黒1本だけ、青も緑も、コンペクライマーでツヨツヨのY氏や、O野氏も、登れない(Y氏は風邪で体調悪いとは言っていたが)。かろうじてN村氏が緑を登った(再登らしいが)くらい。。。そのクラスになると、さしもの天才タイプのJimaさんも苦戦している。
そんな6級あるのか? しかも、黒は自分は1撃で登れたので、グレードのばらつきがひどすぎる。。。
それでも、Y野氏は緑の下部だけは、ほとんどキャンパ(足ブラ)で登ってしまった。ちなみに、Y野氏は、自分もM沼さんもJimaさんも登れなかった3/29赤の核心も、キャンパで登ってしまった。自分では、足を置いていても保持できないホールドでキャンパして、「足を使わない方が楽ですよ」などと言ってケロっとしてるから、苦笑いしか出ない。
それを見てN村氏も苦笑いしながら、「クライミングは、結局、引きつけ力と保持力、、、力ですよ」と言っていたが、そう言いたくもなる。

クライミングで登れるために一番大切なのは才能、そして二番目に大切なのは「筋力=引きつけ力と保持力」というのが、今日の結論だった。
才能は間違いなく平均未満、ピンチ力も間違いなく平均未満の自分は、もうクライミングなどやめた方がいいのではないかと思えてくる。別に、上達しなくても、目指さなくてもいいのかもしれないが上達を目指さないでクライミングをして、楽しいかなあ?

その後は、K浜氏、O石さんのグループ混ぜてもらって、ちょっとだけリード。上部に行くと暑くて汗が一気に噴き出す。限界グレードをトライできるような状況ではないので、簡単な課題だけでおしまい。
エアコンはどうしようもないが、リードエリアに扇風機の増設くらいはしてほしいな。

最後は、閉店まで舟壁でピンク、緑のつなげ長もの。才能も力もないが、少しでも今よりは上手く、強くなりたいと願いつつ。

いつもの中華に飲みに行くJimaさんたちと別れて、自分は体育館へ。ビールも魅力的だったが、このところの体重増加はひどいので、少しでも減らしておきたい。
くたくただったが、がんばってトレミ30分。たっぷりかいた汗をシャワーで流してから、やっぱりビールが飲みたくなって、アメ横の「たきおか」で、瓶ビールを飲みながら軽くつまんだ。味のよく染みた厚揚げ煮がたいそう美味しかった。
たきおかは、値段は安くて料理はどれもそこそこうまいのだけど、店員は全員元ヤンキーじゃないかと思える風貌で、接客は最悪。まあ、それはそれで、一種の「味」だと思って楽しむことができれば、なかなかいい店である。テレビが何台かあって、一人飲みでも手持ち無沙汰にならないのも、ありがたい。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-10 23:59 | ジムクライミング | Comments(2)

クライミングメモ112(ジム98、江戸川橋84、パス36)ピンチ力が弱すぎ

3/29岩6級シリーズ、青できず。ヒールをかけた足がどうしても切れる。一度切れると復帰できない。もしかしてソリューションじゃなければできるかも?
6/7岩6級、最初に黒を触ってみたら、1撃だった。これは簡単すぎる。グレード間違ってるだろう。
次は赤、右手アンダーポケットピンチ持ちから、左足を手に足ヒール、クロスで左手をガバ、というところができない。右手アンダーピンチが保持れず。思い切って行けばいいような気もするが、左足ヒールが高いので、右手が抜けると落ちる姿勢が悪くて怖い。
青、スタートからの遠い1手目が取れず。取れたとしてー、でやってみても、さらに後が続かない。???という感じ。とても黒と同じグレードとは思えない。
緑、これもスタートから1手目のピンチが保持れず。取れたとしてー、でやっても、2手目のピンチも保持れない。

手足青Q、たまたまやってる人がいたので、見ていたら、左足トウを穴にかけて安定させて、ゴール下のホールドにマッチというムーブでクリアしていた。真似してみたが、自分ではちょっと身長が足りないか。しかし、発想として面白い。

黄色8、M沼さんがいたので軽くセッション。ゴール1手前まで。

昨日筋トレをして腕に疲れが残っているせいか、全体に調子が悪かった。

前から薄々気づいていたが、自分はピンチ力が極端に弱い気がする。かぶった壁でのピンチがでてくると、まったく登れない。
ピンチ力の要諦は、「親指の先で握る力」で、これはキャンパで鍛えることはできない。キャンパは親指を使わない。
通常のバーベルやダンベル、あるいは通常のグリッパーのように、親指の付け根で握りこむものでも、鍛えることはできない。指先を使わないから。

その筋のマニア向けに、ピンチ力を鍛えるための専門器具も売っているが、非常に高い。というか、ぼったくり価格ではないか?
http://item.rakuten.co.jp/goldsgym/ir-pinchgrip/

http://item.rakuten.co.jp/goldsgym/ir-blockbaster/

http://item.rakuten.co.jp/goldsgym/ir-hubpinch/

どれも、ホームセンターで材料を買ってくれば、自分で簡単に作れそう。

ま、そんなことをちまちまやるより、最近暴飲暴食で増えた体重を3キロほど落としたほうが、たぶん間単にクライミングパフォーマンスの向上につながるだろうとはわかっているのだけど。。。
[PR]
by seeyou44 | 2013-08-07 23:59 | トレーニングメモ | Comments(0)