おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

クライミングメモ138(ジム124、TW江戸川橋76(p17))登り納めは筋トレモードで

終わるべき仕事が諸般の事情により終わらないのだが、こちらは送られてくるのを待つ立場なので、いかんともしがたい。もうあきらめて出かけることにした。

外は本降りの雨。出かけるのは億劫だ。
だが、前回のジムは21日で、10日も前。城山では2日間で、本気は4本しかトライしていない。
そのあと、飲みすぎが祟ったか、のどが痛くてずっと風邪気味で、今週は結局ジムも筋トレも行けなかった。今日行かなければ、次回は早くて年明けの3日。あまりに間が開きすぎる。すでに、体がなまってしかたない。
どうせ風呂にも行かなければならない。ならば、ついでというものだ。リュックに風呂道具、着替え、クライミングシューズを詰め込み、合羽の上下を着込んで、本降りの雨の中、自転車で江戸川橋へ。たぶん知り合いもいないだろうし、筋トレモードにしようと決めて、向かった。

昨日はJimaさん他、江戸川橋仲間との忘年会だった。本当なら、登ったあとに忘年会で、他の皆は当然そうしているのだが、自分は仕事が押してしまい、飲み会だけ参加。飲みへの移動時刻に、ジムに立ち寄ったら、ガラガラだった。
それで、今日は大雨だし、昨日以上のガラガラ状態のはず、もしかしたら客は自分ひとりかも、などと思っていたのだが、あにはからんや、通常の日曜の昼間くらいの混雑であった。やっぱり最後の日ということで、みんな登りにきているのだろう。
しかし、2階はそれほどでもない。どうせ今日は、筋トレモードのつもりだから2階が空いていればよい。

アップの後、各種キャンパをやるも、体が重い。。。明らかに、前よりもできなくなっている。昨日の食べすぎで体重もアップしてるし、10日も空いたし、仕方ないか。。。
あとは、ローリーバー、チンニング、ハンギングレッグレイズ、長もの、150壁のいつもの長ものなど、完全筋トレモードで前腕を張らせて、まあまあ疲れた。
ふたたび合羽を着込み、春日の銭湯で汗を流す。帰りには雨はやんでいた。

これから最低3日間、強制レストだな。ひまだ~。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-30 22:28 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ137(外岩14、城山4)オバドラ終わらず

22~24日の3連休、1泊で部長および課長代理と泊まりで城山へ。
自分の狙いはオーバードライブ11dだが、1日目2便、2日目2便出して、結局落とせず。
出だしは、右隣のルートのホールドを使うことが少々疑問だったので、限定があるのか数人にたずねてみた。しかし、とくにそんな限定はないだろうということ。右も使って登れば、ややバランシーではあるが普通に登れる。でも、下地が悪いので、万一を考えて1ピン目はプリクリした。次回はたぶんプリクリなしでも大丈夫だろう。

4便出して(通算6便)落とせなかったとは言え、前回来たときは、ピンごとの各駅停車でまったくお話にならなかったのを、問題を2箇所の核心に絞ることができた。
1箇所は3ピン目の上、右にツノのようにとがったガバがあるところ。ここのムーブは何通りか考えられる。自分が現地で直接、あるいはネットで見た範囲でも人によっていろいろなムーブがあった。
ツノガバ→左上遠い大穴と直接取りに行くのが、もっとも普通だろう。このときに右足を思い切り右横に突っ張って、左足を切る場合もある。
あとは、凹角小ガバ穴を直接右手で取りに行ったり(ツノガバを使わない)、右手をツノガバから凹角小ガバ穴に送って、左手を出したりと、様々なムーブを見た。いずれにしても、手というより、足運びがポイントになる。
正直、ここのムーブは固まっていないが、両手ガバマッチ→左手カチ→右手ツノガバ→左手凹角の小ガバ穴→左手大穴、というムーブで、一応抜けられた。ただし、ツノガバを取るときも、大穴を取るときもかなりパツパツで油断するとすぐ足ブラになるので、もうちょっといいムーブを探った方がいいかもしれない。

もう1箇所の核心はハングを超えるところ。棚のスローピーなガバでマッチ→左手の穴ガバから右手のスローパー(ピンチ持ちも可能)から、遠い左上穴を左手で取るところ。ここは、右手スローパーのすぐ左上にある小さな穴カチをいったん左手で中継してから遠い左上穴を取るの良さそうだと思った。
右手スローパーの後、左足をハイステップで棚に上げている人もいて、真似しようと試したが、ちょっときつかった(右手をスローパーではなく、ピンチで持てば、あるいは、小穴を左手で取ってからなら、上がるかも)。ここは、上記ムーブでたぶん大丈夫だが、まだ最適ムーブを探ってもいいかも。

この第2核心を越えた上部は、傾斜も寝てきてレストしやすいので、休みながらいけば問題なし。

さすが11dということで、簡単には登らせてくれないが、かといってまったく歯が立たないということもない。問題が2箇所のムーブに絞られたので、あとはそれを解決すればいいだけ。

ジゴロ11bcは、通算5便で登ったが、今回はすでに6便、できればあと1~2便で登ってしまいたいところだが。。。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-29 02:52 | 外岩クライミング | Comments(0)

クライミングメモ136(ジム123、TW江戸川橋75(p16))よれよれ~

江戸川橋、筋トレ、江戸川橋と、続けて、よれよれ。
体がぜんぜん伸びない。1階115度あたりで少々、2階で少々。長モノ11aは、前回クリアできた核心ができない。ついでに、水色3もできない。
早々に終了して、たっぷりアイシング。ほとんど、アイシングするために行ったようなもの。
とはいえ、明日は行けないから、今日行っておいたよかったのだと思う。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-21 23:30 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ135(ジム122、TW江戸川橋74(p15))筋トレモードだが、限界は皮

134は、昨日の江戸川橋。しかし寝不足もあって調子は激悪。さっさと上がって神楽坂の銭湯に行った。湯と水風呂に交互につかり、スーパージェットを何度も当てて、最後はマッサージ椅子。そして、軽く飲んでゆっくり寝た。おかげで今日はだいぶ体が軽い。

今日は、筋トレモードにしようと決めていった。
まず、キャンパをぼちぼち。丸木ラングでのラダーは、まだできない。落ちるのが怖すぎて、なかなか思い切れない。主に、ホールドでのラダー。あとはタッチーズ。
ローリーバーでのチンニングは、5、4、3、3、3。最初が8回くらいできるようになるといいのだが。
あとは、チンニング、足上げなど適当に。
ボルのほうは、H井氏、N村氏、O野氏などと、めずらしく2階長ものでのセッションとなった。トビ氏作の11a。最後の方に核心があって面白い課題。前はムーブができないと思っていたが、セッション効果でムーブは解決。しかし、つながらず。ゴール2手前まで。次回に持ち越し。
奥壁の長モノもトライしたが、手皮が痛くてまるでだめ。例によって、筋肉より先に手皮が限界になる。面倒なのでテーピングはしなかった。今度こそ、手袋を持っていこうか。。。
だらだらやったせいか、本当の筋トレのときほどの筋肉疲労は感じない。前腕はさすがにヨレ感があるが。
もう少し追い込むなら、負荷をかけた方がよさそう。
夕食はビックマックとカフェオレ。うまかった。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-19 23:49 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ133(外岩13、城山3)オーバードライブ、トライ開始

朝、中央線の補修工事のため、御茶ノ水から新宿までJR、新宿から高尾まで京王線、高尾で中央線に乗り換えて藤野まで。5時台の電車だというのに、京王線はかなりの混雑で最初座ることもできない。しかも、どうも朝帰りの乗客が多いらしく、車内が微妙に酒臭くて、やや酒の残った体に、気分が悪くなる。しかし徐々に空いてきて、後半はがらがら。はじめてこの経由で乗車したが、2回乗換えがあるにも関わらず、JRのみで行く(1110円)より370円も運賃が安く、740円でいける。乗り換えは面倒だし時間は少しかかるが、往復で740円も差が出るのだから、今度からはなるべくこれで行こう。
行きの中央道はガラガラ、地元の人の話だと、笹子トンネル復旧は来春くらいまで無理そうという雰囲気だとか。遊びでしか使わない自分のような者にとってはともかく、仕事や生活に必要な人にとっては、大変なことであろう。
東名を経由して沼津インターまで行けば早いのだろうが、貧しい我々は常に節約第一。中央道を降りて下道を走る。三島を抜け、岩場の駐車場到着は10時少し前。10台くらい停まっていただろうか、盛況の様子だ。

だが、ワイルドボアに降りてみると、それほどの混雑という感じでもないし、チューブロックには1パーティもいない。他のエリアに分散しているのか、あるいはハイカーの車か。
本日の狙いは、「オーバードライブ」11dだが、隣のトゥエルブモンキーを登っている人はいるが、オバドラは空いている。ヌンチャクもかかっていない。だれかがヌンチャクをかけてくれることを期待しつつ、まずアップのためにチューブロックへ。

前回行った知人から「寒かった」という情報があったので、防寒をばっちり決めてきたが、今日は季節が戻ったのではないかと思うほどの暑さ。
チューブロックに荷物を置き、まずロングパンツから、「防寒用」に持ってきた5分丈パンツに履き替える。上は長袖Tシャツ1枚。半そでを持とうかどうか迷ったのだが、まさか半そでまではいらないだろうと思っていたが、やっぱり持ってくればよかったと後悔した。

チューブロックでストーンフリーをやるも、暑くて汗だらだら。久しぶりで、ゴールの核心ムーブも忘れていて、あえなくテンション。10cでテンションかけてるようでは、オーバードライブどころではないなあと、早くも暗雲が立ち込めてくる。
W君がTRで登った後、再び自分も登った。やっぱり暑さが核心だろうと、シャツを脱ぎ、上裸に。わずかな風が心地いい。やっぱり、上裸で登るのは単に軽いとか涼しいという以上の爽快感がある、ようだ。今度はスムーズに終了点までいけた。

続いて、下の「ひよこ岩」に。スラブなのだが、前に来たときもそうだったが、あまり登られていないせいか、はたまた上からの土が降ってきやすいせいか、砂っぽいというかコケっぽいというか、ざらざらで、かなり嫌な感じがする。若葉マーク5.9を登り、あえなくテンション。W君はTRだけどノーテンで登っていたから、かなり自分が下手なのだろう。かなり調子が悪い感じがする。
昼食を食べ、トイレ大を済ませて、休憩をしたらやや調子が戻った感じなので、オーバードライブにトライ。
見に行くと、うまい具合にヌンチャクがかかっている。しかし、かけた人は他に行ってしまったようで、そのまま借りる。
このルート、1本目が高いし、けっこう難しそう。プリクリをしようと、木の枝を拾ってロープを結ぼうとしたが、どうもうまくいかない。すると、隣のトゥエルブモンキーでビレイしていたおじさんが、プリクリ棒を使っていいよ、と貸してくれた、それでもうまくセットできない自分にセットまでしてくれた。大変お世話になりました!
棒まで持つのはなんだけど、木の枝でのセットはできるようにしておきたい。

さて、1便目、最初のカチで手が滑ってフォール。高さはないが、下地が悪いのでそのまま落ちるのはちょっと怖い。プリクリしておいて良かった。。。で、この1本目に行くまで、けっこう大変。
ヌンチャクをつかむチョンボを交えながら、一応トップアウト。。。長いし、これは大変だわ。
2便目は、TRで。しかし、1本目までのムーブがなかなか決まらない。右のホールドを使いたいのだけど、これは明らかに隣のルートのものだし。何度もやり直して、ようやくガバが取れたが、ちょっと不安定なムーブである。それから、3本目の上、小ハングを越えるところのムーブができない。右手のガバを取るときの足位置が決まらない。あれこれトライしていたが、ヌンチャクをかけた人たちが戻ってきて、これからトライするというので、降りる。

オーバードライブは、さすが11dというか、かなりの難しさを感じた。まずは、全部のムーブを解明しなければならないが、それだけでも、少なくともあと2、3便はかかりそう。
その後、それをつなげるのにどれくらいかかるか?まず、簡単には登らせてくれそなさそうな感じだ。

時間は早めだったが、修善寺の温泉に行きたいということで、上がり。
先日ひろさんに教えてもらった、修善寺の筥湯に行ってみた。場所はカーナビに登録されていて、すぐわかった。350円で、広くて快適。大仁から車なら10分程度だろうか。値段は350円で、受付のおじいさんもフレンドリーで感じがよい。お湯はやや熱めだが、湯質も悪くない感じ。移動が面倒でなければ、一二三荘の風呂よりも、こちらの方が断然おすめだ。
帰りの中央道は、信じられないような閑散。前後に1台も車が見えない、ということも何度もあった。あの巨大な談合坂SAもガラガラで、人ごとながら、経営が心配になってしまった。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-17 16:44 | 外岩クライミング | Comments(0)

クライミングメモ132(ジム120、TW江戸川橋72(p13))筋トレモード

20時前から。
前半は2階でキャンパとチンニング中心の筋トレモード。
ローリーバーでのチンニングは、4回はできるようになった。あれで10回できればかなりのものだと思うが。。。
150度壁長ものは1回だけ。下部の赤ホールドまでは行けた。
リードにS木さんがいたので、混ぜてもらう。ルーフの青10dをOS。そして、最近できた大原赤テープ11aにトライ。一応、OS目指して登ったものの、なかなか厳しくて2テン。
最後は2回と1回でつなげものをやって、前腕を張らせておしまい。
まあまあ筋トレになった。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-13 23:43 | ジムクライミング | Comments(0)

ヒヤリ体験、油断大敵!

先日、T-WALLでいわゆる“ヒヤリ体験”をしてしまった。
恥ずかしいことだが、今後の教訓のために記しておく。

某氏とリードをやっていて、ぼくがビレイをしていた。某氏がルーフ壁の核心前でテンションし、ムーブを探っていたが、突然「あ、危ない。おろして」と叫んだ。
なんだかわからないが、すぐにロワーダウンで降ろす。なんと、地面に降り立った某氏のハーネスのベルトが外れかかっていた!
某氏のハーネスは、昔ながらの、ベルト部分で二重折り返しをするタイプだ。そのバックル部分で、二重折り返しになっていなかったのだ。
もし気づかずにルーフに突っ込んで、大きなフォールでもしたら、重大事故になっていたかもしれない。
まったく、肝が冷えた。

習慣として、その日最初に登るときには、必ず相手のハーネスを確認している。
その時には、きちんと二重折り返しになっていた。
ところが、その後で某氏はトイレに行ったのだが、トイレでハーネスを外して付け直した際に、二重折り返しをし忘れたらしい。

教訓:「登るたび」に毎回、相互にハーネスのチェックを必ず行うこと。クライマーの不備は、ビレイヤーの責任でもある。
何度も登って慣れているパートナーだったり、あるいは相手の方が年上や上級者だと、毎回チェックするのは面倒だったり、少し気兼ねも生じるかもしれない。しかし安全に関わるチェックでは、そのような気持ちは有害無益。必ず毎回のチェックをしよう。

余談だが、「ヒューマンエラーを防ぐ」という意味では、二重折り返し不要タイプのバックル(ブラックダイヤモンドで言うと、スピードアジャストバックル)がついたハーネスが、優れていると、改めて思った。
二重折り返し不要タイプのバックルがあるのに、なぜいまだに二重折り返しタイプが発売されているのか、不思議でならない。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-12 23:59 | クライミング研究 | Comments(0)

クライミングメモ131(ジム119、TW江戸川橋71(p12))ルーフ壁ピンク11c、RP

夜に江戸川橋。部長を待つあいだボルでアップ。
リードエリアを見ると、Y原氏がルーフ壁のピンク11cをちょうど登りはじめたところ。ムーブを参考にさせてもらおうかと、後ろから見ていたら、テンションしてしまった。オンサイトトライだという。つよつよのY原氏をもってしても、OSトライでこのルートは難しいか。。。
部長がちょうど着いたころ、Y原氏にビレイしてもらい、ピンク11cにトライ。
登る気は満々なのだが、例のルーフを越えた垂壁1本目のクリップを、左足をあげて狭いムーブでやったら、次の左手が出せずテンション。くやしい。。。
続いて、Y原氏がRPトライで登るのをl、ビレイしながら見ていると、左足を乗せる前にフラッギングで流してクリップしており、とても安定して見える。自分には遠い左手のムーブも、難なくこなし、そのままRPしてしまった。まあ、彼の実力から言えば、まず順当というところだろう。

2便目、そのムーブを参考に、左足フラッギングでクリップしたらあら不思議。楽にクリップできてしまった。前回は、無理だと思ったのに??
次の垂壁で左手を上のホールドに伸ばしたが、届かず。思い切りが足りない。クリップの後、少しシェイクするだけの小レストを挟むのがポイントかも。

3便目でようやくRP。本日3便、都合9便もかかってしまった。グレードの割には便数をかけすぎだ。オンサイトとは言わないが、せいぜい4、5便で登れなければだめだろう。修行が足りない!

ちなみに、大ホールドのアンダーから右手ガバの後、自分はそのまま左手を取りに行って、1回足ブラになってから、大ホールドに左足を乗せて、右足トウで挟んでクリップした。
ところがY原氏を見ていたら、右手ガバの後、アンダーで持ってる大ホールドに左足トウをかけて(手に足)、それから左手を取っていた。これだと、トウがかかっているので、足ブラにならない。もっとも、その後で、右足トウ、左足普通置きに入れ替えなければならないが。
足ブラになるといっても一瞬なので、さほど力を消耗する感じはない。なので、そんなに差はないのかもしれないが、手に足トウの方がスマートな感じはする。足ブラになった方が、ギャラリーの目を引く派手さはあるが(笑

ルーフ壁の次のルートは、黄色11cdだが、Y原氏と、もうひとりつよつよさんがトライしているのを見たら、かなり厳しそう。今日はピンク11cでもう満足感があるので、これは触らないことにして、垂壁右の宿題、黒11cをやる。下部は以前うまく決まったのだが、久しぶりに触ったら忘れていて、テンション。その後も難しくて、多テンでどうにかT.O。垂壁のくせに、えらくパワー系で、指がよれる。
下部のクリップをどこでするかが、微妙。ムーブはだいたいわかったので、あと1、2便で登りたい。

帰りは第三玉の湯で、湯&水風呂。湯上りに100円のマッサージ椅子がなんともいえない快楽で、呆けた顔で呆けた声を上げてしまった。凝り固まった背中が、気持ちよくほぐれた。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-11 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ130(ジム118、TW江戸川橋70(p11))&トレメモ(有酸素)

昨日に続いて江戸川橋。
ピンク11cが気になるがビレイヤーがいない。とりあえず江戸川橋に行ってみて、顔見知りがいたらビレイしてもらおう、いなければボルだけでもかまわないと、ロープとハーネスを持参する。

最初はボル。ホールドが替わってからまったく触っていなかった115度で、水色の17~19を落とす。19だけは3便かかってしまった。今度は黄色に触ってみよう。

リードエリアにT沢さんのグループがいたので、混ぜてもらう。
ピンク11c、1便で落とす気まんまんだったが、1便目は想定していた左足フラッギングのムーブではクリップできず。ためしに左足を上げてみたら、ロープはかからなかった。上げ方によるみたいだ。
とりあえずT.Oして降り、T沢さんと「クリップを飛ばしてもいいのでは」と話す。
2便目。デカホールドの後の遠い右手ガバが1発でとれず、無駄な力を使う。現場判断で垂壁クリップを飛ばし、遠い左手ホールドを取ったが、腕のヨレ感とちょっと悪い右足で、落ちるかも、と思ったら、次のムーブを起こすのに一瞬躊躇した。その躊躇で体が伸びきらず、右手があえなく他のホールドをつかんでしまう。。。情けない。ルーフの抜け口にはかかっているので、落ちても大したことはないだろうと思うが、まあ、1回落ちてみて、どんなもんか体感してみるといいのかも。
たしかに狭いムーブだが、ロープが足にひっかからないなら、クリップした方が、雑念なく次の大きなムーブが起こせる。それにクリップする方が本筋といえば本筋だろう。飛ばすのはやはり邪道だ。それもたかが11cで。

本日2便、計6便。11cくらい、もっとサクサク登れないとだめだな。

その後は体育館にいって、トレミ40分。最後に1分のスピード走を2回のインターバル。11kくらいの1分スピード走なら、3回でもいい。あるいは、90秒に伸ばすか、だな。
ちょっとシャリバテ気味だった。
やっぱり有酸素をやると、気分が爽快になる。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-09 23:05 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ129(ジム117、TW江戸川橋69(p10))

昨日の夜から、どうも風邪っぽい。
鶏胸肉と長ネギをたっぷり入れたうどんを食べ、朝昼と葛根湯を飲み、念のためにグルタミンも飲んでおく。
夕方から江戸川橋。T枝氏が来るまでボルをやるが、調子の悪さは否めない。
ちょうど、スラブにO野氏が課題を作ったということで、Jimaさんその他とセッション。
不調の体にどっかぶりは厳しいので、スラブがちょうどいい。
しかし、昨日のトレで、筋肉痛がけっこうひどく、スラブでもろくに登れない。
でも、スラブ課題は面白い。また調子のいいときにチャレンジしよう。

リードは5.9で1本アップしてから、ピンクの11cへ。
ルーフに張られたデカホールドのアンダーが、見るからにパワーを使いそうな課題。
1便目。スタート直後が意外と悪い。デカホールドから、次の1手が遠い。そして、垂壁に出てからも、遠い1手がつらい。
多テンで一応トップアウト。

2便目。やっぱり下部でテンション。ルーフは、右手のガバに先に出せばよいとわかったが、デッド気味で、その後足ブラになる。これは耐えるしかない。垂壁部もムーブはわかった。登れそう、という感じがしてきた。

3便目。下部はノーテン、デカホールドも越えて、垂壁の遠い左手を出すところ。しかし、垂壁部のクリップをしていない。ままよ、と手を出すが、クリップをしていないことが気になって、思い切りが足りず、ひとつ下のホールドをつかんでしまった。残念ながらワンテン。また、このときに右足を伸ばしきったまま立ち上がるので、ひざが少し痛むことも、気になった。

4便目。ムーブは解明できたので、登る気まんまん。Jimaさんたちのガンバコールを受け、核心は越える。しかし先ほどクリップできなかった垂壁部で、左足に乗り込むとき、ロープが左ひざにひっかかり、太ももの内側に入り込んでしまいまたしてもクリップできず。狭いムーブでロープの位置が悪いのだ。テンション。
左足を上げる前に、フラッギングでクリップしておくべきだとわかった。もっとも、右手がかなりつらいが。。。もしかしたら、飛ばしていってしまったほうがいいのかもしれない。ちょっと怖いが、最初からそのつもりなら、なんとかなるだろう。ルーフの抜け口にはかけているので、落ちてもたいしたことないはず。ビレイヤーには、よく確認しておかないとならないが。
しかし、たかが11cで、クリップを飛ばさないと登れないというのも悔しい。まずは、フラッギングでクリップを試そう。

11bまでは1撃だったので、11cも1撃とは言わないまでも、2、3便で登れるかと思っていたが、甘かった。もっとも、体調のせいもあるかもしれない。体調が普通なら、4便目では登れていたような気もする。

大事をとって、銭湯には寄らずに帰る。
[PR]
by seeyou44 | 2012-12-08 23:32 | ジムクライミング | Comments(0)