おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

クライミングメモ100(ジム90、TW江戸川橋50(p55))ちょっと風邪っぽい

昨日から体が重くてちょっと頭が痛い。少し風邪っぽい。急に涼しくなったからか?あるいは、オーバートレーニングなのかもしれない。また、酒の飲みすぎもあるかもしれない。昨日葛根湯を飲んで、今日は昼過ぎまでたっぷり眠れたので、多少良くなったかもしれないと思ったが、やはり食欲があまりなく、頭が重い。
念のため、葛根湯を飲んで出かける。

T田さんとリード。
ボルダーでアップのあと、リードの新壁(中央左)の10aと10b。どちらもOSできたが、やはり体が重い感じ。
調子の悪さで避けたい気もするが、しかし、これをやるために来たので、仕方なくピンク12aに取り組む。当然、1便目はRPできず。それどころか、核心が前回より持てなくなっている感じ。
それでも、2便、3便と登っているうちに、だんだん調子が良くなってきた。が、結局4便出して、今日もRPならず。核心1手の止まる確率が悪すぎる。
ビレイしてもらったT田さんの観察によると、止まるときは十分に体を引付けていて、壁から体が離れない、ということ。左手のスローパーは、ピンチ持ちのようにつかむのではなく、できるだけ奥まで突っ込んでおくとよいようだ。
なるべく早く再トライしないと、止まるときの感じを忘れてしまうのだが。。。
本日4便、都合13便。核心だけはその倍以上トライしている。
とにかく登れるまで登るだけだ。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-29 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ99(ジム89、TW江戸川橋49(p54))長もので持久力と思いつつ

昨日のキャンパトレで、前腕に軽い筋肉痛。クライミングで前腕に筋肉痛なんて、久しぶりな気がする。
本当はレストした方がいいのかもしれないが、昨日はキャンパ中心で、いわばプライオメトリックトレーニングの日。今日は長もの中心で持久力トレの日、という理屈をつけていく。

しかし、長ものと言っても、150度や130度では完登できずに途中で落ちるのだから、最大筋力に近い動きをしているはず。
本当は、最大筋力と持久力、という分け方をした方がいいのかもしれないのだが、ウェイトトレなどと違って、クライミングは負荷を明確に設定し調整するのが難しい。本当に、最大的な筋力は使わず持久力だけを狙うのであれば、150や130ややらないで、スラブから垂壁、100度あたりのピンク緑だけにするべきだろう。つまり100手(5~6分)くらいできるような、低~中出力だけに抑える。
メリハリをつけるためには、これもやった方がいいのだが、これだとやっていてつまらない。また、かなり壁を独占するので、本当にガラガラのときじゃないとやりにくい。
それで、150度や130度の、完登できない長ものも混ぜてしまう。トレーニングとしては、かえって中途半端になっているかもしれない。

一応、どの壁をどのくらい登って、どのくらいレストする、というメニューを昨日考えた。
今日はそのテストもかねて、空いているであろう早目の時間から行ってみた。

・スラブ2分
(3分r)
・垂壁(緑5~8)、2分強
(3分r)
・100度壁右(ピンク→緑→緑→緑→ピンクの5本)3分
(5~6分r)
・2F150度(くだりの紫まで)
(5~6分r)
・1F130度(自分設定。クロスまで。以下、この課題をクロスまで、あるいは、クロスからで6、7回。結局、最初からだとクロスより先には進めず。その間のレストは3~7分くらい)→前回より進めなくなったのには、かなり凹んだ。。。

・2F150度(最初の方で落ちる)
・2Fピンク緑(3本で落ちる)
・100度左ピンク緑(3本で落ちる)

身体的に「出し切った」という感じがないのに、先に精神的に疲れてしまった感じ。もうちょっとがんばらないとだめだな。

着替えの時間もいれて、100分くらい。

以下、わかったこと。

・持久力トレ、ということなら、完登できずに10数手で落ちてしまう、150度や130度は入れない方がいいかも。とくに、できないムーブがある課題だと、長ものの意味がない。

・とはいえ、かぶった壁での持久力トレもやりたい。もう少し易しい課題を作ればいいか?130度で緑19、20を連続で往復するとか。

・100度右のピンク→緑→緑→緑→ピンクの5本(50手強)で、約3分使うということがわかった。つなげモノは、想像していたより時間を食っている。

・最初はいいが、だんだん疲れてくるとレストは3分ではちょっときつい。特に150度や130度。

・大レストをいれずに、90分以上やるのはかなりつらい。また、大レストを入れて90分以上やっても、トレーニングとして意味があるのかどうか疑問。トレーニングと割り切るときは、集中して90分程度で終わらせる方がいい。

・16時くらいには意外と人がいるといた。17~18時くらいが、ちょうど谷間で、一番少ないのかもしれない。すると、90分やるとして、16:30くらいにいくとちょうどいいか?あるいは、もっと早く、14時くらいにいけるとまたちがうのかもしれないが。

・とりあえず、次回は100度や舟壁でのピンク緑で、簡単な本当の長もの(50手以上)をやってみよう。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-28 02:42 | ジムクライミング | Comments(0)

トレメモ55 有酸素

昨日の朝から背中が痛む。左側の肩甲骨の内側あたり。最初、心臓が原因かと思ってびびったが、どうやら寝違えただけらしい?今日はだいぶん楽になったが、まだ少し痛い。
大事をとって、軽くバイクのみ。

・バイク:50分

負荷は10をメインに、最後に12と13でモガキ1分を2回。
涼しくなって有酸素もやりやすくなった。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-25 22:24 | トレーニングメモ | Comments(0)

クライミングメモ97(外岩10、聖人岩4)黒山賛歌11b、RP!

昨日の土曜。
先週に続いて、今週も聖人岩へ。
先週はYMD部長と、今日は久しぶりのW君と。
西武池袋線で8時44分吾野駅着の快速電車に乗る。途中、所沢のあたりで、車窓に雨が流れてくる。けっこう本降りの感じ。これはまいった。しかし、とりあえず向かうしかない。最悪、ベースキャンプへ転戦でもいいかと思っていたが、飯能あたりから雨はやみ、吾野に着くころにはとりあえず雨が降りそうな気配はない。
道はところどころ濡れたままで、岩場への踏み跡に茂る草もたっぷり水滴を携えており、脚を濡らす。顔にはときどきクモの巣がはりつき、今日はまだだれも通っていない気配だ。
案の定、岩場は無人。
地面は濡れているが、壁を触ってみると、コンディションは問題なさそう。聖人岩は、比較的雨に強い岩場かもしれない。
空は曇ったままだが、今にも降りそうといった様子でもない。しかし一応、「貂が見ていた」の下の、かぶった岩の下にシートを敷いて陣取る。万一雨が降ってきても、ここなら濡れない。

先週は残暑が厳しくて大変だったが、今日は一転して涼しい。タンクトップを持参したが、半Tのままでも十分涼しいので、着替える必要はなかった。時々薄日が差すと気温が上がって、蝉がいっせいに鳴き出すが、日がかげるとまた静かになるのが面白い。

まず、5.7、5.9、10aの3本でアップしてから、しばらく休憩。この休憩の間に、女性2人のパーティがやってきた。結局、本日はわれわれとこのパーティの計4名のみ。互いに登るルートもかぶらず、終日、とても静かな岩場で落ち着いたクライミングが楽しめた。

さて、本題の「黒山賛歌11b」。
まずはヌンかけをしながら、ムーブを復習する。もちろん、先週の今週だから、ムーブは覚えている。ホールドも染み出しなどの問題はなし。

2便目。携帯を適当な岩において、動画撮影をセットしてから登り始める。下部はスムーズにこなせて、中間のレストポイントでレストもしっかりできた。そして最後、右手の2本指ポケットを取ってから、左手サイド。今まではここで落ちていたが、声を上げて上のガバに出したら、取れた。
ようやくの完登。嬉しかった。
去年の6月に初めて触ってから、1年強。そのお触り便は除いて、今春に9便、先週4便、そして今日の2便目で、都合15便。グレードからすると、意外とかかったと思う。まだまだ、自分は下手くそだということだろう。
しかし、この黒山賛歌は、短い中に多彩なホールド、多彩なムーブが凝縮された、大変面白いルートだと思う。ぜひまた登ってみたい。
シューズは、ソリューション37(ステルスHF改)。

早々に目標を終えてしまい、次はどうするか迷う。
聖人岩11b3本組みの「モモンガキッド」をトライしようかと、ちらっと思ったが、達成感で気も抜けているので、以前登った「貂が見ていた」で遊ぼうかと。しかし、これが全然登れない。出だしの棚に乗るまでのムーブを完全に忘れていて、苦労した。
棚に乗ってからも、マスターだと各部が微妙に遠くて、テンション。なんとかトップアウトはしたものの、2便目は出す気になれず、さっさと回収したが、この回収も大変で大汗かいた。やっぱりまだまだ下手くそなのだ。

最後は、「梅ごのみ」10bでクールダウン、と思ったが、テンション。このルートは以前に触って、普通は持たないようなチビカチを持って、強引に登ったのだが、今回、正解と思われるムーブを発見した。
梅干のようなホールドを足で使うと、核心部がスムーズに進める。この梅干ホールドとムーブに気づかないと、かなり苦労するが、気づけば流れるように登れる。グレードは低いが、クライミングはムーブだと実感できる、非常に面白いルート。W君に言われて気づいたが、ルート名は、キーとなる梅干ホールドと関係していると思われる。

5時前くらいに終了。帰りは東吾野駅から。
人気が少なく寂しい駅だったが、改札で熊鈴(400円)を売っているのが面白かった。
蚊が大変多く、蚊取り線香、虫除けスプレー必須。



携帯なので画質が低い。やっぱりデジカメを買おうかな。。。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-23 18:49 | 外岩クライミング | Comments(2)

クライミングメモ96(ジム87、TW江戸川橋47(p52))ピンク12a核心厳しい。。。

部長と夜から。
クライミング自体3日連続で、かつ、昨日は筋トレ、今日は昼間にバイクをこいでしまい、体はかなり疲れ気味。睡眠不足もある。
しかし、今日こそピンク12aを落としてやろうと、モチだけは高い。
3本アップの後、とりつく。
1便目。核心左手出せず、あえなくテンション。上クリップをかけて、少し登り返して、高い位置からだと止まる。そこまで体を持っていくのが問題か。上まで抜ける。
2便目。下部ムーブはだいぶこなれてきて、省力化してきた。しかし、核心左手止まらず。少し下げてもらって、手に足からやり直して、何度目かに止まった。ガバの上にかけるというより、ピンチ持ちでつかむ感じ。上まで抜ける。
3便目。今度こそ、と気合を入れていくが、全然届かない。しかも、そこだけやってもなかなか止まらない。5回くらい出して、ようやく止まった。ヨレ感はないのだけど。。。
本日3便、計9便だが、核心だけはその3倍は出している。
にもかかわらず、止まる確立は2割程度。厳しい。。。レスト日を入れて、腕がフレッシュなときにいけば、もっとマシになるのだろうか?
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-21 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ95(ジム86、TW江戸川橋46(p51))クライミング+脚、二頭

江戸川橋に行くか、体育館に行くか、悩んだ。
昨日も江戸川橋で、明日も江戸川橋の予定なので、今日は体育館でもいいかな、と。
脚が弱ってる感じがあるのでスクワットをやりたいし、二頭や前腕も最近ぜんぜんやってないから、やりたいし。
筋トレというのは癖になるもので、ある部位をしばらくやってないと、あるときたまらなくやりたくなる。
考えると、どっちもやればいいのだと思い、江戸川橋に行くことに。脚と二頭、前腕なら、会社でもできる。最近は、半月版に配慮してスクワットは低負荷・高REPにしている。30~40k程度ならスタンドがなくても大丈夫だから、体育館に行く必要もない。もちろん、二頭と前腕のトレは会社で十分。
だから、銭湯道具はあえて持たず、シューズとチョークだけ持ってでかけた。さすがに風呂に入った後に筋トレをやる気にはならない。

長ものトレをぼちぼちやるか、と思っていたら、久しぶりにY木氏に会い、リードでもやりますか、ということになった。Y木氏もピンク12aをトライしたことがないということなので、一緒にやりましょう、と。I籐氏とK戸氏もいた。I籐氏は、黒12cdを見事にRP。落ちてるところを何度も見ているので、核心を越えてからは見ている方が緊張したが、無事にゴールをつかんでほっとした。いいクライミングだった。
自分は、赤でアップの後、ピンク。核心で手が出ず、あえなくテンション。そして、そこで3度ほどトライするが、ガバがとれず。あきらめて降りる。
2便目は、核心までの下部は省略。そして、そこだけやったら、2度目で止まった。念のためもう1度やったら、やっぱり止まった。それで上まで抜けた。
左手を(右手も)かなりひきつけておくのがポイントか?あまり下から飛ぼうとしない方がいいみたい。
核心を越えてからの上がちょっと苦しくて、1箇所チョンボ。ヒールを使うムーブをK戸氏に教えてもらう。
3便目は、正規ルートでトライ。だが核心止まらず。つなげると止まらないのは、腕がヨレるので(あるいは、その恐れから)、体勢が作りにくいからだと思う。といっても、レストもしにくいので、多少のヨレ感があってもしっかりした体勢を作れるようにムーブを固めないとだめだ。
時間がないので、そのまま上まで抜ける。上部はヒールを使うと確かに楽。
本日3便、計6便。ただし、核心部だけのトライ数はもっと多い。

リードは連続で登らないので、ボルダーで長ものを打つより、体の疲れは全然少ない。
当初の目論見どおり、会社に戻って筋トレもできた。

・スクワット:30/30、30、30、30

・Bアームカール:30/10、10

・インラインDアームカール:10/10、10

・Rアームカール:16/10、10、10(Wバーだとやりにくい)

・リストカール、フィンガーロール:少し

どうせすぐメシを食うので、アフタードリンクは、ブドウ糖2/3+EAA2/3+グルタミン5。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-20 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ94(ジム85、TW江戸川橋45(p50))モチは高いが

先日の聖人岩で、デジカメが欲しいと思った。
自分が登っているところを、ムービーで記録しておきたい。絶対に上達の参考になるはずだ。
どうせなら、画質がいいものを欲しいとも思うが、高い。主に岩場や山や沢、それから散歩のメモくらいにしか使わないのだから、軽くて丈夫なものがいい。
となると、防水・対衝撃性能を持ったものがいいだろう。
いろいろ調べてみると、そのカテゴリーで一番安いのはリコーのPX。それからオリンパスの、型落ちになったTG620も安い。
とりあえず、どんなものかと思って秋葉のヨドバシに見に行ったが、どちらもおいてなかった。TG620は後継の625しかないし、リコーのPXはそもそも無い。パナの防水もなかった。考えてみればもう9月も後半で、防水デジカメの需要はちょうど途切れる時期だ。あと1月半もして、スノースポーツシーズンになれば、また需要が喚起されるのだろうが。
オリンパスの625は、触ってみた感触は悪くなかった。たぶん620もそう違わないだろう。製品名からいっても、マイナーバージョンアップであるのは間違いない。
いろいろ迷うのも面倒だから、620をアマゾンで注文しようかと思っている。注文しようかと思ってから、実際に注文するまでには、またハードルがあるのだが。。。

そんなわけで、江戸川橋には9時近くになってから行った。
2階で赤1をちょっと触る。核心は最後の方らしいが、そこまでもたどりつけず。そもそも、2階では黄色もひとつも触ったことがない。でも、最近カチでつなぐ課題をぜんぜん触ってないので、触ってみたくなった。
1階に降りて、O野氏の垂壁課題4級。最後のゴールが取れず。右足が伸びきる課題で、ひざが少し痛くなった。危険な感じがしたので、やめた。
赤11、ムーブ解決せず。
モチは高いのだが、いかんせん時間が少なく、ほんとにごく軽い運動のみで終了。
プチマルエツで、しめ鯖と樽酒を買って帰った。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-19 23:10 | ジムクライミング | Comments(0)

クライミングメモ93(ジム84、TW江戸川橋44(p49))筋トレモード

自転車整備の後、夕方から江戸川橋へ。
昨日は1日ほとんど動かない完全レストにしたから、さすがに疲れは抜けている。
顔見知りがいたらリードに混ぜてもらおうと思い、ロープとハーネスを持参したが、リードをやれそうな知り合いはいなかった。ジム全体もめずらしいくらい空いている。
そこで、筋トレモード。
キャンパボードで、丸ラングのラダー、ホールドでのラダー、タッチーズなど。十分にレストを取りながら、1時間ほどキャンパをやっていた。
丸ラングでのラダーは、マッチ→右手→左手→右手マッチでは、初めてできた。しかし、最初が左手出しだと、次の右手が止まらなかった。前からうすうす感じていたが、右手が弱い。まあ、もともと左利きだから当然なのだが。
しかし、多少は強くなっているかな。
右手が止まらなかったとき、一度尻から落ちて、ドスンと大きな音を立てて、注目を浴びてしまった。痛くはないのだけど、衝撃でちょっとくらくらした。少しやばい落ち方だったかも。右ひざに負荷をかけたくないので、落ちるときに絶対足で踏ん張らないようにしているので、どうしても尻餅をついてしまう。
江戸川橋T-WALLはキャンパのマットが薄いのを、なんとかしてほしいな。あのほとんど意味のないくらいの薄いマットじゃ、上の方までいけない。錦糸町はちゃんと厚いマットを敷いてるのだから、江戸川橋も敷いて欲しい。
1時間ほどキャンパのあとは、単管でチンニング。かなり久しぶりに普通のチンニングをやったが、最初のセット15回はできた。その後は8、6、6、くらいか。
せっかくハーネスを持ってたのだから、加重チンもやればよかった。

しばし休んでから、150度の長もの。前回より進まなかった。途中までと、途中からで、4トライくらい。
キャンパが最大筋力だとすると、150度長ものは中負荷かな?強に近い中負荷くらいか。

目論見としては、だんだん負荷を弱めていく、ということ。それで1階で130度の長ものをやろうと思ったが、ちょっと混んでた。
2階でピンク緑をつなげたら、すでに完登できず。
そして1階に降りて、100度壁でピンク・緑のつなげ。
ついに緑もろくに登れなくなって、閉店より少し前に終了。
腕と背中が、かなりよれよれになった。

反省点:体幹を使うことの意識がない。もっと体幹を意識して登るべき。

その後、体育館へ。もう筋トレをやる気にはならないが、バイク15分+トレミ20分で汗を流す。ベルトマッサージで十分ほぐしてから、シャワー。
軽くビールを飲んで夕食。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-17 23:32 | ジムクライミング | Comments(0)

自転車整備

タイヤ、チューブ交換(前後とも)。
タイヤは サーファスSECA 700x28c(あさひでネット購入、2,079円×2)。マラソンより安い。
チューブはパナレーサー、上野のワイズロードで購入。

ブレーキシュー交換(前後とも)
[XTR] Vブレーキシュー-シビアコンディション 厚タイプ(あさひでネット購入、2個で961円)

シフトケーブルも交換しなければならないのだけど、タイヤとブレーキシューだけで疲れたので、今日はここまで。
ブレーキシューは、ゴムだけのやつじゃなくて、台座と一体化しているのが今は主流らしい。
たしかに、その方が交換の手間がかからない気がする。シューを外したりはめ込んだりするのが、意外と大変だった。

新しいタイヤは、以前のマラソンよりも明らかに細く、パターンはほとんどないスリック。空気圧はMAX130psiで、120入れた。以前は100だったから、乗り心地がかなり硬くなった。
パンクしないといいけど。

全体を布で拭いて、チェーンとスプロケットをアルコールと歯ブラシで磨いて、556を吹いておいた。
ほんとはチャリ用のディグリーザーとルブを買ったほうがいいのだろうが、意外と高いから代用。

d0252022_22291568.jpg


今度の休みに、シフトケーブルの交換をしよう。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-17 22:29 | よしなしごと | Comments(0)

クライミングメモ92(外岩9、聖人岩3)まだまだ暑くて、汗だらだら

3連休なので、小川山か甲府幕あたりへ1泊で行きたかったが、パートナーが見つからず。1日だけ空いてる部長と聖人岩へ。
前回は5月だから、4ヶ月ほど前で、前十字靭帯損傷の前になる。
狙いはもちろん、登れていない「黒山賛歌」(11b)。

2時間睡眠になってしまい、激しく眠い。連日のクライミング+トレの疲れが抜け切らない感じで体は重かった。
おまけに、思っていたよりずっと暑い。日陰にいればまあまあだが、日向にいると暑くてたまらない。シートを広げた場所が午前は日陰でよかったのだが、午後からはしばらく日が当たってしまい、おちおち昼寝もしていられなかった。
そして、蚊も多かった。蚊取り線香と虫除けスプレーを用意したが、それでも数箇所刺された。
一応、通年の岩場ということになっているが、残暑の9月でこれだから、真夏はかなり厳しいだろうな。
少なくとも、日中気温が30度を下回らないと、限界グレードあたりでの本気トライには適さないだろう。

5.7、5.9、10aでアップのあと、黒山賛歌へ。
岩は乾いており、状態は悪くない。しかし、ずっと雨が降ってないからだろう、ホールドへのチョークの残りがすごい。1便目は、どうせムーブ&ホールド思い出しの各駅停車、ホールドをかなりブラッシングしながら登る。
しかし、思ったよりムーブを忘れている。手のホールドは覚えているが、足を思い出せないところが、何箇所かある。ちょんぼを交えながらトップアウト。やはり気温が高いのだろう。顔が汗だらだらになり、閉口した。
2便目は、1便目よりはスムーズになったものの、下部のクロスのところと、最後のムーブが解決しない。1便目の汗だらだらにこりて、タオルを頭に巻いて登ったら、だいぶましだった。
3便目は、ようやく全ムーブが解決。ただし、最後は最適ムーブなのかどうか、わからないまま。
4便目、4時くらいになって、日ざしが杉林にさえぎられ、ようやく涼しくなってきた。最終クリップの後、2本指ポケットまでは進んだが、そのあと左手サイドホールドを取れず。ここの足送りが、どうも難しい。すぐバランスが悪くなってしまう。
結局、以前と変わってない。
しかし、1日4便でここまでこれたのだから、やっぱり前よりは力はついているかな?
問題は最後のムーブだけなので、次回には登れると思う。忘れないうちにいけば、だけど。
本当は、これくらいのルートは、オンサイトとは言わないまでも、ゼロからやっても1日でRPしたいところだが。。。

帰りは、部長者で坂戸まで送ってもらったが、坂戸駅近くの温泉、ふるさとの湯に寄った。スーパー銭湯みたいな設備で、サウナ、露天風呂、マッサージ風呂、水風呂など、いろいろな湯があり、お湯自体は天然温泉。子どもが多いのにはへきえきしたが、風呂自体はなかなかよかった。水風呂、サウナも含めて、1時間ちかく入っていた。
寝不足で凝っていた体がかなりほぐれて、湯上りに大好きなマッサージ椅子をやる必要も感じなかった。

温泉も、800円を越えると、ちょっと入る気がしなくなるが、ここは750円で許容範囲。温泉マニアではないので湯の良し悪しはよくわからないが、設備は良いと感じた。750円なら適正だろう。
食堂のメニューを見たが、ここの値段は高くも安くも無い、普通の値段だった。風呂上りにビールを飲んでもよかったが、最近はしばらく酒をたっているのと、帰りの電車が面倒になりそうだったのでやめておき、タダの冷茶だけにしておいた。

駅まで部長車で送ってもらい、南口のパン屋へ。ここは、夜になると105円でパンを売っている。適当に3個買う。それから、駅の構内にある総菜屋で焼き鳥も2本買う。焼き鳥は電車を待つ間に、パンは2個を車内で食べて、夕食にした。
[PR]
by seeyou44 | 2012-09-15 23:59 | 外岩クライミング | Comments(0)