おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クライミングメモ83(ジム75、TW江戸川橋35(p40))クライミング歴4年にして、初12!

今日は早めの時間から行けるので、長ものとかキャンパでトレーニングモードにしようと思っていた。
自分の中では、新しい課題を楽しく登るクライミングと、トレーニングモードのクライミングは、かなりはっきり分かれている。そして、トレーニングと割り切って行うクライミングは、正直あまり面白くないというか、肉体的に辛いので、行く前はちょっと憂鬱になる。
筋トレも、そうだけど、やりたくないけど必要だからやる、という感じだ。それでも肉体を追い込んでいき、やりきったあとには充実感や爽快感があるところも、やっぱり筋トレと同じだ。

2階にH井さんがいて、一緒に150度壁の長ものを打つ。といっても、自分はまだとても最後までいけず途中まで、それも2トライだけ。ガバばかりとはいえ、さすがに150度はきつい。
1階に下りて130度で、長もの課題やキャンパ課題を教えてもらったり、新たな課題を設定したりして遊ぶ。でも、いずれも完登はできず。今日の目的とはずれてしまったが、セッション的に遊ぶのはとても楽しい。
H井さんが帰って、1階も混んできたので、2階で長ものやキャンパでもやって追い込もうかと思っていたら、リードエリアにトミーさんたちを発見。今日はリードエリアはガラガラだ。
それで、声をかけてリードに混ぜてもらうことにした。
狙いはもちろん、前回ワンテンまでいった一面ハングの黄色12a。

アップは十分、というよりむしろ、もう腕が終わりかけかな?と思ったくらいで、早速黄色12aに。
1便目、3回くらいフォール。前回解決したと思った、核心の右手飛ばしで、届かず落ちた。ゴールのデッドも取れなかった。しかし、核心右手飛ばしのあと、左足をヒールというムーブを試してみたら、案外よさげだった。楽にクリップができたし、その次の左手カチにも届いた。もしかしたら、先にヒールをかけてから(手に足)、四角にマッチするか、右手を送るかした方がいいのかもしれない。なお、1ピン目は飛ばしている。

十分休んでから2便目、核心まではさすがにスムーズになった。核心部は先と同じムーブで右手を送ったら、届いた。左足をヒールフックしてクリップしてから、左手カチではなく、右手を先のガバに送った。これが良かったかも。なんとかその次のクリップもこなせた。
最後のデッドでのゴールは、大声で叫びながら夢中で出したら運よく止まり、初めて12aをRP! 本日2便、通算11便。ちなみに、シューズはソリューション37。

クライミングを始めてから、4年(!)にして、ようやく12を登れるようになった。ジムとはいえ、また、12にしては甘めという評価のルートだとは言え、ともかく12というグレードのついたルートが登れたことは、やっぱり嬉しい。
12aなんて、ちょっとセンスのいい若者なら1年もかけずに登れるグレードだろう。しかし、言い訳めくが、こちらは日々老化し衰えていく40歳を超えてからクライミングを始めた身。そして、捻挫に骨折に靭帯損傷に指パキリなど、何度も大きな怪我をして、そのたびに「振り出しに戻る」となりながら、ようやくここまできた。そう思うと、やはり多少の感慨もある。

もちろん、ここがゴールというわけではなく、目標の14への道のりはまだまだ先が長い。
どこまで進めるかわからないが、これからもがんばろう。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-31 23:59 | ジムクライミング | Comments(2)

トレメモ50 胸、肩、三頭

・バイク:5分

・ベンチプレス:30/10 45/6 55/4 62.5/8、3(ベンプレをやったの前回は7日で、気づかぬうちに3週間以上も空いてしまった。その間、軽いマシンと、インクラインだけ。さすがに、激落ち君。情けないが、力が出ない)

・インラインベンチ:45/9、5 40/8(前回よりはまとに上がった。肩甲骨を寄せるとどうも粉瘤がベンチにこすれて痛いのが困る)

・バタフライM:50/10、7 s35/5→30/5 p30少し(ノーマルベンチとインクラインをやった後でもこれだけ上がるなら、55にした方がいいな)

・バックプレスSD:10/10 30/10、7、5(SDだと、立ちより力が入れやすいかも)

・サイドレイズ:7.5/10、10

・Rプッシュアップ:20、20

以下は、サーキット的に交互に

・フレンチプレス:D15/10、7(けっこう前より上がるようになった。ベンチで三頭あまり使ってないから?)

・SU:26、10

・RSU:16、11

・サイドベント:15/30、30

戻って食事後、ウォーキング40分くらい。せっかくシャワーを浴びたのに汗ダラダラ。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-30 23:59 | トレーニングメモ | Comments(0)

クライミングメモ82(ジム74、TW江戸川橋34(p39))黄色12a、ワンテンまで進む。

江戸川橋で部長とリード。部長が来るのを待つ間、少しボルを打つ。
不調だった昨日よりは体は動く感じだが、赤3は相変わらず。近くにいたO野氏にムーブを聞いたところ、「自分はキョンムーブじゃない」といって、デモを見せてくれた。右足を最初に高く上げ、左足も真ん中くらいまで寄せて、片手レイバック気味になってとりに行くムーブ。ちょっと真似してみたが、これはこれで右手の指力が強くないと難しい。キョンの方が指力の負担は少ないはず。また、紫デカホールドに左足を乗せるムーブも見せてくれた。これは左足がかなり高く、プッシュしている左手に近いため、股関節がやわらかくないと難しいと思う。自分は股関節が超硬いので、むつかしそうだが、ここに左足が乗るならたぶん後は一番楽になりそう。とにかく、選択肢がいくつか提示されたのは助かった。

部長が来てからリード。アップはボルで済んでるので、いきなり黄色12aから。3テン。前よりテン数が増えていて、凹む。かなり暑くて、登っていると汗だらだらになる。もちろんホールドもぬめる感じ。ゴール取りのデッドが3回やっても取れずに、降りた。
降りたらすぐに水道で顔を洗って、汗を流す。タオルで拭くだけでは追いつかない。今日は着ていったままのTシャツで登ったが、やっぱりタンクトップがあった方がいい。できれば上裸になりたいくらい。

2便目、2テン。核心部でテンション、そして、最終クリップのカチ2つでテンション。ゴールは取れた。1便目はイモサジ。ゴール取りで体が伸びきらないのは、イモサジのせいではないかと思い、2便目はソリューションにした。関係あるのかないのかは、はっきりとはわからない。
もちろん、今度も顔を洗う。

3便目、1テン。核心はどうには越えた。想定ムーブとは違ったが、ここはホールドが豊富でムーブはいろいろ組み立てられるのでOK。カチ2つまで行ったが、最終クリップができずテンション。しばし休んで進んだら、楽にゴールは取れた。ゴールを取るときは、やや悪いスローパーでマッチせずに、右手だけスローパーにして、左手はポケットから直接出した方がいい。その際、右足はスメアリングで。
本日3便、通算9便。
ようやく1テンまで行けた。あとは下部ムーブを洗練させて省力化できれば、登れる気がする。1ピン目は飛ばしていいかも。

最後に中央左の緑10bを登ってクライムダウン。追い込みというには、楽すぎた。今度のは10cでやってみよう。
今日は銭湯に行くつもりはなく、準備もしていなかったのだが、あまりに汗をかいたので行きたくなった。火曜は春日の銭湯が休みなので、神楽坂の玉の湯に行った。水風呂があるので、湯と交互につかったあと、腕だけをまた温めて、最後は水風呂アイシング。
かなり気分がよかった。ちょっと遠いが、水風呂アイシングができるのは良い。今度から、江戸川橋の後の銭湯はいつもここにしようかな。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-28 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)

小田倉沢でニセ服部文祥

土日、K山、KG氏と3人で、群馬の小田倉沢へ遊びに行った。
どこに行こうかなと迷ったが、右ひざ前十字靭帯損傷をしてから、まともな登山や沢行は一度もしていない。まして今は、痔もあれば背中の粉瘤もある。
がっつり登れる沢にも行きたいのだけど、そんな体の状態で、もしもなにかがあったらつまらないし、仲間にも迷惑をかける。
それで、今回はリハビリというか様子見みたいな感じで、沢登りというほどのものでもない、ゆるい沢キャンプとした。

小田倉沢は、過去に2回行っており、だいたいどんなところかはわかっている。難しい登攀もなく、明るく開けており、幕営好適地もたくさんある、癒し系の沢だ。遡行価値があまりないマイナーな沢だから、他の沢屋と会うこともまずない。釣り師が多少入ってる程度。
別に、尾根まで詰めるつもりもない。行ける所まで行って、疲れたらそこでキャンプしよう、という計画とも言えない計画でスタート。東京よりは涼しいし、水は綺麗だし、山女や岩魚の魚影も見えて、気分がいい。釣り師のK山は竿を出すと、反応はいいようで、さっそく吊り上げていた。15センチ程度の小物なのでリリース。
自分は手づかみで岩魚を捕らえようとするが、これは難しい。コツがあるみたい。
2時間ほど歩いたら、ちょうどいいテン場があったので、もうここでいいやと行動終了。K山に岩魚確保を命じて、自分とKG氏は薪を集める。
しばらくして、K山が首尾よく3尾の割と大きな岩魚をぶら下げてくる。1尾は尺だったかもしれない。
焚き火を熾して、乾杯してから、岩魚の皮を歯でむいて「服部文祥ごっこ」をして遊ぶ。
皮をむいた岩魚は刺身に、その他は塩焼きでしっかりいただいた。旨かった。
骨は焼き枯らして骨酒に。
沢の音を聞き、焚き火にあたりながら、自然の恵みをいただく。五感のすべて味わうものだから、ここに来なければ味わえない。都会でいくら金を積んでも、絶対に味わうことはできない、非常に贅沢な味だ。
さらに、焼肉宴会へと続き、十数本のビールと、2.4Lの日本酒を、3人で1滴残らず飲み干す。
5時ごろからスタートした宴会は11時過ぎまで続いたが、酒が切れて終了。

翌朝は9時過ぎまで寝ていた。自分はいつものようにテントは使わず、ブルーシートを屋根にした「ホームレススタイル」だが、寝袋にくるまれば、寒さはまったく感じなかった。
ただ、シュラフカバーを忘れていた。もし大雨が振ったら、辛かっただろう。

朝飯を食ってゴロゴロしてたら、単独の釣り師が降りてきた。挨拶をして話をすると、なんと上流に熊がいたという。しっかりとした成獣だったらしい。「爆竹を鳴らして追い払った」ということ。
地元の人なのか、よくこの沢に入っているらしく、5月のGWころはけっこう人が入っているらしいとか、下降ポイント、本流の方の様子などを教えてもらう。
その人が立ち去ったあと、熊を見たいという気もあって、ひとりで上流を進む。といって、出てこられても困るといえば困るが。結局、姿は見えなかったが、砂地に、大きな4本爪の、熊の足跡らしきものはみつけたので、やっぱり近くにいるのだろう。
熊はいなかったが、トンボはすごかった。大群といっていい。ぱっと見て、常に数百匹は飛んでいる感じ。これだけいると、ちょっと気持ち悪いくらい。

散歩も飽きたので、下山。適当に泳いだり、クライミング遊びや、トラバース遊びをしたりしながら、のんびり歩く。取り付きにほど近いところで、素麺の昼食。河原で食べる素麺は最高に旨い。

道の駅の温泉で沢臭さを洗い流し、帰りの関越は30km超の渋滞があったが、中央道のように完全に止まってしまう渋滞ではなく、そこそこ流れながらのものなので、それほど遅くならずに帰れた。

膝の具合だが、ゆっくり進んで片道2時間程度で高低差もあまりない行程で、とくに問題はなし。2回ばかり、ちょっとした不意の段差で「ヤバイ」と感じるときがあったが、持ちこたえた。
もう1、2回くらい、もう少し長めに歩く沢に行って、膝の具合を確かめたい。

がっつり登る沢ももちろん楽しいけど、時間を気にせずのんびりする癒し系のまったりキャンプも心が洗われるようで、たまにはいいものだ。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-27 22:26 | 山行 | Comments(0)

クライミングメモ80(ジム72、TW江戸川橋32(p37))トレーニングモード

少し早めの、7時前くらいから。
今日はトレーニング日と決めたいたので、早めに行って、長ものでインターバルトレーニング的なことがやりたかった。
1階はそこそこ客がいるみたいだったが、2階の手前はガラガラ。それで、2階手前でピンク、緑をつないだ長ものを、と思ったが、緑が案外と難しくて、4本もつなぐといっぱいいっぱい。
5分くらいのレストをはさみながら、何本か。1階に行って、空いていた舟壁でつないだら、7本目の途中で落ちたが、やはり難易度が全然ちがう。
8時くらいになると混んできて、長ものはやりにくくなる。
それで、また2回に戻り、あまりレストをいれずに、緑の6、7、8。8は、1トライして登れず。
水色1は、スローパーには届いたが後が続かず。難しい。手足青Aは3トライくらいでできたが、Bはできず。
再び1階で、先日できなかった垂壁キタ課題をやるも、ゴールがとれず。前回はゴールだけをやったらできたのに。。。
キャンパでちょっと追い込み。といっても、ろくにできないが。

9時半に上がる。
一応、目標どおりに、ある程度のトレにはなったかな。
インターバルトレでも、しっかりやるためには、アップも入れて90~120分くらい時間がほしい。できれば5時くらいには行きたい。それで7時くらいに上がるのがいいだろう。
トレと割り切るなら、だらだらと長くジムにいるより、集中してやってさっと上がった方がいい。

モカシムはすっかりゆるくなってしまって、薄手ソックスを履いても、右足はまだゆるい感じ(左足はちょうどいいけど)。これはもう真冬の外岩の厚手ソックス履くとき用にするしかないな。リソールしたのは失敗で、もったいなかった。
これなら、まだイモサジの方がフィットする。

今日はいつもの春日の銭湯が休みなので、江戸川橋の銭湯へ。
昔神楽坂に住んでたころによく通っていた金成湯に、久しぶりに行ってみた。
浴槽は3槽式で、お湯が熱い(><)。昔もこんなに熱かったかな?もう15年ぶりくらいなので、すっかり記憶がないのだが。
竹の湯といい、第三玉の湯といい、このあたりの銭湯は軒並み湯が熱いな。
最後は全身シャワーで水を出し、前腕をたっぷりアイシングしておいた。
どこもこの湯の熱さなら、水風呂のある第三玉の湯が、クライミングの後には良い気がする。
加賀廣その他赤提灯の誘惑をなんとか振り切り、発泡酒を買って帰った。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-22 23:28 | ジムクライミング | Comments(0)

8月21日の日記

筋肉痛が痛い、と書くとまるで「リバーサイドホテル」だが。
経験上、筋肉痛とトレーニングの質はそれほど相関しておらず、びっちり追い込んだと思ったときでもあまり筋肉痛にならないときもあれば、軽めに流したつもりでもけっこうなそれに見舞われるときもある。今日は後者で、昨日のトレーニングは軽めだったと思っていたのに、体中がバキバキと痛む。
ちなみに、「なぜ筋肉痛になるのか」については、運動生理学上はまだ解明されていない謎である。

こんな日は、ごく軽く体を動かして(アクティブレスト)から、アルコールでも舐めるに限ると、夜に上野まで散歩。
上野に行ったところで、外で飲むことが少ないから店員と顔見知りになるほど親しい飲み屋はない。顔見知りになるのは、コンビニとスーパーの店員だけだ。それでも、たまに行く店(界隈でもっとも安い店)はあるにはあるのだが、仕舞いが早く、もうやってない。適当な店に入って、つまみを少し頼んで、ビールを1本だけ飲む。
となりで、なかなかイケメンの若者が飲んでいたが、ゲイだった。なぜゲイだとわかったかというと、自分と反対側に立ってる客に、ゲイとオカマの違いを説明しながら、自分はゲイでオカマじゃない、と話していたから。しかし口調はいわゆる「おねえ言葉」だったので、ゲイとオカマの違いを知らなかったらしいその客も、混乱したかもしれない。

店を出たが、外は蒸し暑い。この暑さを凌ぐのにビール1本じゃ、ちと足りない。筋肉痛にまみれた体で立って飲むのは疲れたので、落ち着いた店で座って飲みたくなった。先日小柳氏と行った、湯島の音楽バーにでも行こうかなと思いつつ歩いていると、途中にあるTUTAYAに入ってしまった。
TUTAYAは好きだ。朝5時までやってるのもいい。しかし、いつもなにがしかのキャンペーンみたいのをやってて、料金がわかりにくいのが欠点。よくやってるのが、「CDかDVD、5枚で1000円、1週間レンタル」というやつで、今もこれをやってる。ただし、CDとDVDを混ぜて借りることはできない。「マトリックス」か「燃えよドラゴン」を久しぶりに観たいと思ったけど、他に観たいDVDが思いつかなかったので、適当なCDを5枚借りた。
DVDを5枚借りてしまうと、1週間では観終わらないことがある。観てないDVDを返すことほど無駄なことは、他にそうそうない。金をドブに捨てるとはまさにこのことかと思う。
その点、音楽CDはPCにとりこむだけなので、たくさん借りやすい。

1階の書店コーナーをぶらぶらしていたら、先日どこかで知った「ビブリア古書店の事件手帖」が目立つところに平積みになっていた。3巻まで出ているらしい。
自分はミステリーはほとんど読まない(というか本をあまり読まない)のだけど、古書店主が主人公のミステリーとなれば、いやでも京極堂シリーズを思い出して、気になる。
ぱらぱらと最初の数ページを読んだら、まあまあいい感じだったので購入。
CDレンタルとあわせて、すっかり散財した。
ただでさえ、先日の自転車事件で無駄なお金を使ってしまい、懐具合が苦しいのに、これ以上無駄遣いをすることは許されない。
それで、音楽バーは素通りして、発泡酒を1本だけ買って帰った
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-22 01:19 | よしなしごと | Comments(0)

トレメモ49 胸、肩、三頭

金土日と、それぞれ短時間ながら3日連続で江戸川橋で、少し疲れている気もするが、睡眠はたっぷり取れているので、そうでもない気もする。
抗生物質を飲み始めはかなりダルくなった感じがしたが、5日目になってもう体がなれたのか、それもなくなった。もっとも、肝心の粉瘤への効果は感じられないが。。。これは医師も、効き目が悪いと言ってたし、仕方ないのだろう。
今日は思わぬところで粉瘤が障害になった。
体が疲れている感じはないのだけど、たぶん暑いからだろう、MAXまで追い込みたいという感じがしない。それで、気分を変えるために久しぶりにインクラインベンチをやってみた。

・バイク:7分

・インクラインベンチプレス:30/10 40/10、10 45/5、3(久しぶりにやったので、どうもフォームがうまく決まらない。背中をうまく寄せられずに、腕と肩にばかり力が入る感じで、肝心の大胸筋に負荷をかけにくかった。しかも、もろに粉瘤が押さえつけられる感じで、ちょっと痛いし、破裂するのではないかと気になって仕方なかった。インラインなので、8割程度としても、50をメインにしたいところ。慣れていないからしかたないとはいえ、あまりに上げられてない。次回どうするかは、粉瘤の具合も見ながら考えたい)

・バタフライM:50/10、7、5 45/6 s30/10、8 p40/10(いまさらベンチをやる気にもなれず、バタフライMがメイントレとした。いつもと違って、まだ大胸筋を使ってないから、やっぱりそれなりに上げられる。ベンチをやらないなら、メインは55でもいいだろう)

・サイドレイズ:7.5/10、10、10(SDバックプレスが埋まってたので)

・バックプレス:25/10、7

・フロントプレス:20/8、6

・Rプッシュアップ:20、20

・フレンチプレス:D15/3 12/10、10(15じゃ重すぎた)

・SU:26、10

・RSU:11、10

・サイドベント:15/30(左右)

トレ後の疲れは、それほどでもなかった。やはり全身運動のベンチをメインにするのと、ほとんど大胸筋しか使わないバタフライMをメインにするのとでは、疲労がだいぶ違うのだろう。
ドリンクは、いつものプロテイン(大1)+ブドウ糖(大1)を、パープルラス(1)+ブドウ糖(大1)+グルタミン(小4)にしてみた。パープルラスの味が強烈なので、けっこう強烈な味になる。プロテインのときの甘さもかなりのものだけど、パープルラスの酸っぱさも相当なもの(レモネード)。もうちょっと水を多めにした方がいいのかも。

トレーニンググローブが、汗臭くてたまらなかった。洗わなくては。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-20 22:19 | トレーニングメモ | Comments(0)

クライミングメモ73(ジム66、TW江戸川橋26(p31))

夜に江戸川橋。
気温は低く、タンクトップではちょっと涼しく感じるくらいだった。ジムの中も快適で、先日の錦糸町とは大違い。
100度壁が変わっていた。新壁なので混んでいるが、ちょっとだけ触らせてもらった。
黄色4、5は1撃。6は落ちた。そこで、部長が登場しリードへ。
アップで、ルーフ壁の青10cを登り、そのままクライムダウンしようとしたが、ドローからロープを外すのに手間取りテンション。そのまま降りる。クライムダウンをするなら、外す練習もしないとだめだな。
本日の狙い、1面ハングの黄色12a。前回は途中敗退だったので、とりあえずTOを目指す。1便目、テンションかけながらだが、一応終了点直下まで進むも、終了点がつかめずフォール。そのまま降りる。
2便目、またしてもテン山だが、一応終了点をしっかりつかんでTO。やや光明が見えてきた。
3便目、左トラバース後の核心部まで、ノーテンで行けた。でも、その後が厳しい。左トラバースの後、右上に進む核心部のところのムーブが、イマイチ固めきれていない。ここでかなり力を使ってしまうので、この部分のムーブをもう少し洗練させないと、その後で手がもたない。ここだけ練習しようかな。
本日3便、通算4便。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-08 23:33 | ジムクライミング | Comments(0)

トレメモ46 胸、肩、三頭

トレ、クラ、クラ、クラと4日続いて、昨日1日はレスト。
しかし1日のレストでは回復が追いつかないのか、今日も非常にだるい。
夜は7時間睡眠+昼に昼寝1時間、夕方に15分、それでもまだ眠い。
しかしシャワーも浴びたいので、軽めに、あるいは、有酸素だけでもいいと思って、体育館へ。

夜の風は案外と涼しく、トレーニングルームを抜ける。

・バイク:8分

・ベンチプレス:30/10 45/6 55/4 62.5/9、5f、3 ナロー50/8、3(やっぱり調子悪い)

・バタフライM:50/6 s35→30/10

・バックプレス:10/10 25/10、10、5

・SU:20、10

・RSU:15、11

・レッグカール:25/10 30/10 35/10(胸の日に、これも入れておいたほうがいいかな
・トレミ:15分(12k1分を2回いれた)

事務所で、ダンベルフレンチプレスとトライセプスキックバックを少し。

今日は軽めの日ということで、こういう日があってもいいだろう。
涼しいと思っていたが、やはりトレミをやると汗まみれ。戻ってからもドリンクをたっぷり飲んでしまう。
夕方にチャーハンを作ったが、ご飯が多すぎた感じで、トレ後もなかなかおなかが減らない。夜は、買い置きの玄米おかゆとピクルスのみ。
軽くダイエットモード。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-07 23:58 | トレーニングメモ | Comments(0)

クライミングメモ72(ジム65、TW錦糸町7(p30))

部長、課長と錦糸町。2時くらいから。
今日も暑い。
もちろん、燦燦と降り注ぐ陽光を浴びながら自転車で錦糸町まで行くのだから、着いた時点で汗だくにはなっている。
店内にはエアコンがかかってはいるのだろうが、その威力は弱く、通勤の汗はなかなかひかないし、軽くボルダーでアップしただけで、新たに汗まみれになる。リードにとりつくも、T-WALL特有のツルツルホールドが、汁手に厳しい。
今日の狙いは、ハング壁右の赤11d。
1便目は探り便。テン山でTO。ちょっとムーブがあるけど、できない感じではない。
十分に休んでからの2便目は、1テン。ムーブは全部解明できたが、テンション時にだいぶ長く休んだので、つなげたらどうかな~、という感じ。前腕もけっこう張った。
3便目、ゴール直下で落ちそうになったが、部長のガンバコールを支えに、なんとか終了点をつかみ、無事RP。
都合3便なら、まあ悪くない。左の緑11dよりはムーブがある感じだけど、割と易しく感じたのが、設定者が同じなのかな?
今日はもう目標達成で、あとはトレーニングモード。
その後、右青11bをリピートしようとしたら、あえなく核心でフォール。左青11aは、さすがに登れたが、クライムダウンはできず。

リードに飽きて、ちょっとボルダー。課長と黄色7セッション。相変わらずできないがうまい人の足さばきを真似したらちょっとだけ進んだ。
赤1は難しい。離陸できず。。。

再びリードに戻って追い込みモード。垂壁左ピンク10cd。なめてかかったら、意外と難しくて2テン。でも、ムーブがあって、とても面白い課題。2便でRP。
ちょっと休んで、黄色10b、登ってクライムダウン。さらに緑10aを続けて登ろうとしたが、腕が終わって途中敗退。
チンニングを少しやっておしまい。
3日連続でジムだし、追い込んだしで、前腕が痛い。

相変わらず錦糸町は暑くて暑くて、ビレイしていても汗が垂れてくる。もともと暑がりで汗かきの自分には、たまらない。
おかげで、ドリンクの消費がすごいことになる。持参した自作スポドリ900ml+アイスコーヒー400(魔法瓶に入れたので冷え冷えで良かった)は、あっという間に飲み干してしまい、500のスポドリ1本、350炭酸飲料1本、200アイスコーヒー1本、さらに水。というわけで、ジムにいる間だけで2.5リットルくらい飲んでいた。さらに、帰りに銭湯に寄るので、900のポカリを購入。
ドリンクを買うのは本当にもったいないので、次はスポドリ1.5Lにアイスコーヒー500は持っていくこととしよう。

帰りは例によって秋葉の銭湯に寄る。夏休みに入ったからか、地方から出てきたらしい、でっかいキャリーバックを持った若者がいっぱいで、撃混み。入場まで20分はかかった。それでも、ぬる湯と水風呂に何度も交互に入って、体をほぐした。ついでに、痔が痛い肛門もほぐした。
最後は水風呂で締めるのが、この季節にはちょうどいい。
[PR]
by seeyou44 | 2012-08-05 23:59 | ジムクライミング | Comments(0)