おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

虫歯

前から冷たいものを飲むと沁みて痛かった歯が、3日くらい前からかなり痛むようになってきた。
歯医者行かなくちゃ、と思いつつ、以前行っていたところは遠くなったので、会社の近くでいい歯医者がないかな、とネット調べたりして、ぼやぼやしてた。ぼやぼやするのは、大得意。

昨日、八王子でKG氏たちと飲んで、飲んでる最中から痛みが増してきて、12時過ぎにほどよく酔っ払って戻ってきたはいいが、歯は激痛に。
たしかどこかにバファリンがあったはず、と思って探すが、ない。

これは困ったと、近所のコンビニを探すが、薬を売ってる店はなく、念のため交番で、この時間に開いてるドラッグストアは近くにないか、とたずねたが、この辺にはないねえ、という。ドンキホーテはあるし、飲み屋や花屋はたくさん開いてるのに、、、上野つかえねえ。。。
この時点で2時くらいで、飲んでるから眠いし、いったん会社に戻り、なんとか我慢して寝ようと思ったが、痛くてとても眠れない。
ネットで検索してみると、24時間営業のマツモトキヨシが都内に何件かあり、有楽町が一番近そう。
ふらふらしながら有楽町まで自転車をこぎ、鎮痛剤を入手して、すぐ飲んだ。規定量の2錠を飲んでも効きが悪く、さらに1錠追加して、ようやく痛みがおさまり、眠ることができたのは4時近かった。

今日は朝起きたら痛みは引いていたが、なにか食べるとぶり返す。近くの歯医者に電話をして夕方から診てもらうと、以前治療した歯の「神経のところに菌が入って炎症を起こしてますね」ということで、とりあえず応急処置をしてもらう。
抗生物質と鎮痛剤を出されておしまい。
しばらく歯医者通いが続くことになりそうだ。
じいさんの先生がひとりでやってる昔ながらの町の歯科医で、減価償却も済んでるだろうからか、料金が安くて助かった。

ちょっと遠いとは言え、24時間営業のマツキヨがあって本当に助かったが、コンビニでも鎮痛剤くらい売れるようになってくれるといいのに。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-29 23:21 | よしなしごと | Comments(0)

T-Wall江戸川橋53(p57) 赤8、手足青O

夜、江戸川橋へ。まあまあ空いてた。

・赤8、1便目はガストンの次のカチが外れて落ちる。2便目は途中から登って、初めてゴールまでつながった。3便目で、スタートからつなげて完登。
自分にとっての核心は、ゴール取り。大スローパーに邪魔されて、足の位置がなかなか決まらなかった。遠いゴールをデッドで取りに行くので、思わず「あ”ー」と声が出る。全部で12、3便くらい出しただろうか? でも、カチをつなぐ課題で、基本的には得意系。スローパーの赤7の方がずっと難しく感じる。

・奥壁にだれもいなかったので、手足青O。こちらも、1便目途中で落ちる、2便目は途中から登って初めてゴールまで行けて、3便目でスタートからゴールまで完登、というまったく同じパターンで落とせた。偶然だろうが。
こちらは、かなり出している。20便くらいだろうか?できるときはあっけないものだ。右手ピンチから上のガバがずっと取れなかったが、ちょっとしたコツがわかったら取れるようになった。ホントに、ちょっとした体重移動の感じで、やっぱりクライミングはムーブだなあと実感。
最終的には力だけど。。。

・手足青K。舟壁の難関課題。同じ手足青のJやLは簡単(どちらも2撃)なのに、このKは今だにムーブすらわからない。

・赤10。アンダーの後の三角が保持できないので、できる気がしない。

赤8と手足青Oができたので、今日はもう満足。適当に長モノでもやって帰ろうかと思ってたら、N村氏がめずらしくリードをやってたので、10台を1本だけ登らせてもらう。
2階で少し筋トレをやっておしまい。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-27 23:43 | ジムクライミング | Comments(0)

スラブ(株)、小川山研修 精神カンテ、アバタもエクボ

23(金)~24(土)と、小川山クライミングへ。

今年2回目の小川山。
京浜東北線から武蔵野線に乗り換えて、新座駅5:40集合。YMD部長号で関越に乗り、佐久平PAで会長号と合流。空は曇り、途中で少し雨が降ったりして、先が心配になる。
ナナーズでタマさんと合流、信濃川上駅でAkioさんと合流して、廻り目平キャンプ場へは11時半ぐらいだろうか。
現地は、雨は降っていないが、先ほどまで降っていたような感じで地面が濡れている。そして、かなり涼しい。最初、半そでTシャツの上にウィンドブレーカーを着ていたが、寒いので、長Tを着た。たくさんいるボルダラーは、ダウンジャケットを着ている。涼しくはあるが、いくらなんでもダウンジャケットは大げさだろう、と思ったが、そうでもないことが後で判明する。
テントを設営して、昼食を食べ、さてどこへ行こうと話し合う。
とりあえず近いところということで、リバーサイドへ向かうこととした。
このところの雨の影響で、西股沢はかなり増水しており、ケルンが積まれた渡渉ポイントでは渡れず、堰堤の上まで登り、靴を脱いで渡る。思ったよりは冷たくなかったが、途中でバランスを崩して、手に持っていた靴を濡らしてしまった。
リバーサイドについてみると、岩はびしょびしょ。。。こりゃだめだ、ということで、さらに上まで登り、マラ岩へ。妹岩にも、マラ岩上部にもだれもいない、貸切状態。マラ岩上部は、ほとんど乾いている。リバーサイドは上部が地面だが、ここは独立した岩だし、風通しがいいから乾きやすいのだろう。
「川上小唄」(5.8)にトライする組と、姉岩まで登って「卒業試験」(10b)にトライする組とに分かれる。
自分はマスターで卒業試験。アップというにはちょっと厳しいが、前回も登っているので、難なくクリア。
その後で、となりのセンター試験(5.8)を登る。この課題は左のカンテを使うとかなり易しくなるので、カンテを使わない、という一人限定で登ってみた。思えばアップの順番が逆だった。
再びマラ岩に降りて、「イレギュラー」(10d)をマスターで。去年触ったときは、2本目のボルトまでも行けなかったし、レギュラーと比べてもランナウトしてるので、どうなることかと内心不安だったが、テン山ながら、一応トップアウトはできた。自分的な核心は、最後のスラブ部分。その下のフェイス部分は、ホールドがわかってしまえばムーブ的にわからないところはなく、難しい感じはしなかった。あと、2、3回もやればRPできる感触。
しかしこの日は時間切れで下山、次回への宿題となった。

夜は一時雨が降ったが、すぐに止み、BBQ+焚き火を楽しむことができた。
かなりの冷え込みなので、焚き火ができなかったら辛かったかもしれない。
9時くらいには寝袋に潜ったが、フリースを着ないで寝たら、寒くて夜中に何度も目が覚めた(寝袋はモンベルの#3)。朝方にあまりにも寒いのでフリースを着こんだ。
後で聞いたら、朝方は5度くらいだったらしい。それは寒いはずだ。まだ9月だというのに。

翌日は7時ごろに起きて、午前中はボルダーへ。
会長が「石の魂」をやりたいというので、そちらに向かう。まず途中、分岐岩で遊ぶ。カンテの9級を登ってから、4級。難しかったが、課長が1撃したので奮起して、3、4回のトライで登れてほっとした。続いて、石の魂に移動して、5級や6級の課題を登る。
やっぱり、みんなであれこれと検討しながら登るボルダーは、盛り上がる。

午後は、そのままルートへ移動。水晶スラブに行くと、混んでいるので、裏手のひょっとこ岩で「精神カンテ」(10a)。2年前には登れなかったルートだが、なんとかRPできた。核心部は、かなり必死だったが。。。このグレードなら、もっと余裕を持って登れなければダメだと反省。

そして、そろそろ空いてきた水晶スラブで「アバタもエクボ」(10c)。
小川山らしく綺麗で、有名なスラブルートだが、これも2年前に触って、ボルト2本目までも行けずにショックを受けたルートだ。密かに目標としていたルートでもある。
1トライ目はかかってるヌンチャクを借りて。最初の右足乗り込みからアンダー、2ピン目のクリップまではスムーズにいけたが、その先の、アバタのような穴をつまんで左トラバースし、ガバをつかむまでの核心ができない。順番を待ってる人もいるので、いったん敗退して下ろしてもらう。だが、感触は悪くない。岩のフリクションもいいし、ちゃんと足で立てる感じがする。ステルスHFにリソールしたソリューションが、ばっちり効いている。
2便目、前の人が見事に登って、ヌンチャクが回収されてしまったので、マスターで。といっても、このルートは遠さが核心ではないので、マスターでも難易度に変わりはない。2ピン目までは前回同様。
そこから、うまいこと穴を保持して、微妙なトラバースをこなし、遠い左手が取れた。左足の一歩がポイント。ここが取れれば、あとは5.9くらいのスラブを慎重に登るだけだ。上部はやさしい。ホールドにはしっかりチョークがついていて迷うこともなく、終了点へ。
2年越しの目標ルートが制覇できて、嬉しかった。
アバタもエクボは、やはり有名ルートだけあって、とても面白く、核心を越えれば上部はやさしい、というのも快適で、何度でも登ってみたい。
ポイントは、シューズかな(笑 ソリューションは花崗岩スラブにとてもいい。

もう1泊してファミリーキャンプを楽しむ会長一家を残し、6時ぎりぎりにキャンプ場を出た。
帰りの関越は、予想に反して渋滞もなく、車内でおでんを食べビールを飲んだり、寝ているうちにスムーズに帰宅。行き帰りとも運転をしてくれたYMD部長、ありがとう。

今回は、グレード的にはこれといった成果はなかったが、2年前から気になっていた課題がまとめて片付けられ、イレギュラーでも次回に繋がる好感触を得られたので、まずまずよかった。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-26 23:19 | 外岩クライミング | Comments(0)

江戸川橋51(p55) 黄色11c/d本格開始

台風15号の影響で、東京でも夕方からJRの大部分と、地下鉄の一部が運行停止。
午後から打ち合わせで新宿に行っていたが、西口地下ではタクシー待ちの行列が500mかそれ以上かと思えるほど伸びていた。
地中深く掘られている大江戸線は影響がないらしく、普通に運転していたので、会社に戻るには支障なかった。

夜は、YMD部長と錦糸町か江戸川橋と思っていたが、錦糸町は交通が厳しいかな、と思い、江戸川橋にしようと連絡。自分はバスで行くつもりだったが、ビルの外に出てみると、あれ、雨やんでる。。。
雨が降ってないならバスに乗る必要はない。強風にあおられはしたが、いつもどおり自転車で江戸川橋へ。

着いてみると、さすがに客は少ない。1階に、自分を入れて5,6人か。
100度壁
・赤7 1手目のスローパーがもてる気がしない。
・赤8 ガストンからカチの部分を繰り返し。

横になって、休んでると、リードエリアで見かけたことのある人が「よく水曜に来てる方ですよね。よかったらリードやりませんか」と話しかけてきた。いつも水曜に山岳会で登ってる人だ。会の仲間が来ない、ということ。こちらもちょうど、部長からの「有楽町線も東西線も動いてないので行けない」というメールをチェックしたところだったので、渡りに舟と、ご一緒させてもらうことにした。

アップ1本のあと、大ハング壁の黄色11cd。以前、1回だけ触って難しいと思った課題だ。
ちょうどその人も黄色にトライしたいということだったので、交互に登ってムーブの検討をした。
1便目はムーブ探りでTO。2便目は、1テン。ルーフのガバ左右を持って、ヒールをかけた後、上のガバ(左手でとるピンチの下)を、右手でとるか、左手でとるかで迷ってテンション。最初、自然に行ったら左手でガバを取ったが、すると、左手送りでピンチとなる。ここが、なんとなくおかしい感じがした。
テンションのあと、ピンチ下ガバを右手にしてみたが、左手ピンチを取った後、バランスが悪くて、右手を元のガバに戻してしまった。ということは、最初から左手送りの方がいいのか?
要検討。
左手ピンチの後は、右手を小ガバ→マッチで持ち替え→ゴールとした(カチを使わない)。ここは、右手カチ→左手小ガバ→ゴールという方が本筋なのだろう。ただ、カチが甘いので、右手を小ガバで中継してカチ→左手小ガバ、の方がいいかな。

核心のところの手順は煮詰める必要があるけど、あと2、3便で落とせる気はする。

帰路、空はすっかり晴れて爽やかな風が吹き、路上に散乱しているゴミや木の枝などだけが、わずかに台風の痕跡を残していた。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-21 23:57 | ジムクライミング | Comments(0)

2年ぶりの甲府幕岩。スズメバチと、自信喪失

この連休はW君とどこかへ登りに行こうと話してた。小川山でもよかったのだが、次の連休も小川山の予定なので、ちがった所に行きたいと思い、2年前に行ったきり、一度も行ってない甲府幕岩へ向かうことにした。

続きを読む
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-19 23:42 | 外岩クライミング | Comments(0)

T-WALL江戸川橋49(p53)軽く調整と言いながら

珍しいことに、今週は仕事が立て込んでえらく忙しく、寝不足の日が続いた。
今日の夕方に、ようやくひとつの仕事の区切りがついたので、夜から江戸川橋へ。

明日は甲府幕岩へ行く予定なので(天気が微妙だけど)、軽く調整しておこう。
と言いながら、舟壁を攻めまくり、黄色12、13、14、赤9を落としておいた。

・黄色12、4便で登れた。通算は10便くらいか。体幹を使う課題ではある。

・黄色13、3便RP。1手目から2手目だけが、ちょっと難しい。

・黄色14、5便RP。ヒールフックを使うが、モカシムなので難儀。ソリューションならもっと早く落とせた。

・赤9、3便RP。カチカチ課題で、いつのまにかカチが得意になったのか、と思ったら、他の人が「赤9は黄色12より簡単」と言ってた。まあ、そうなのだろう。赤9と黄色12は、色・番号を交換した方がいいのでは。。。

・赤10、これは出だしが難しい。敗退。

・手足青O。当然のようにダメ。

2階のボードのトレーニングホールドで、3段目まで行けるようになった。まあ、以前は普通に行けてたのだが。。。ようやく、怪我前まで戻ってきたか。

軽く調整と言いながら、思い切り本気モードで打ってしまった。。。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-16 23:50 | ジムクライミング | Comments(0)

クラスカ

ランスカ、山スカに続いて、クラスカ(ハーネス内蔵)が登場!

http://bit.ly/qEyW5q

ランスカも、山スカも、出たときは「なにこれ」「変」「山にスカートで行くなんて」などとさんざんけなされたが、すっかり普及、定着した。
古い人はえてして、自分になじみのない新しいものには拒否反応を示すもの。しかし、新しい人は、そんなこととは関係なく、新しいものを受け入れる。

クラスカも、普及する可能性が高いだろう(個人的な願望ではありません)。


[PR]
by seeyou44 | 2011-09-16 11:30 | ギア、ウェア | Comments(0)

T-WALL江戸川橋48(p52)

昨日に続いて、閉店前1時間ほど。
忘れていったモカシムは、もちろんあった。さすがにボロのシューズを持って帰るやつはいないだろう。

クライミングで筋肉痛になることはあまりないのだが、今日は左肩の三角筋だけがやけに筋肉痛。これは、昨日の赤6での、カチをとる前、左手で引き付けるムーブのせいだろう。あまり出てこないムーブなのかな?
その赤6、昨日ムーブができたと思っていたが、1撃はできず。でも、ようやく落とせた。
終わってみると、この課題、けっこうリーチが影響するような気がする。カチを取るところが核心だけど、カチを取った次のガバまでも、ちょっと遠い。
ゴール前、箱に付いてる薄ホールドは使わなかった。あれ何で付いてるんだろ?

黄色12、芋虫ホールドから、次の青ガバまでは取れたが、その次のスローパーが思ったより悪くて、落ちる。まあ、1歩前進。これも次回は落とせそう。

手足青O、昨日と同じ。ピンチの次の右手が、まったく止まる気がしない。足位置が悪いのか?もしかして、左手出しなのか?うーん。。。

また、飲みかけのドリンク忘れて置いてきてしまった。。。自分のバカ。
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-14 22:53 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL江戸川橋47(p51) 第三玉の湯

閉店前のほんの少しの時間、江戸川橋へ。
タマさんに靴を渡し、時間が短いので、ハーネスをつけるのが面倒で、ボルダーへ。

赤6、前回とあわせてずいぶん打ったが、やっと正解ムーブがわかった!
時間切れでつなげることはできなかったが、次回は絶対落とせる。

黄色12、前回と同じで敗退。

手足青O前回と同じで敗退。

帰りに銭湯に寄ろうと着替えや風呂道具も持ち、荷物が多いので忘れ物をしないように、と思ってたのに、案の定、シューズを忘れてきた。
風呂上りに飲もうと思って残しておいたペットボトルも忘れた。
自分のバカバカ。。。
そういえば今日は火曜だった、いつもの春日の銭湯は、火曜に休みのことが多いので、もしかすると休みかもしれない、と思い、神楽坂の第三玉の湯へ。
ここは、若い頃、神楽坂に住んでたときによく通っていた。
湯は熱く、それは好みじゃないのだが、水風呂があるので、交互に入れるのがうれしい。
上がった後は、10分100円のマッサージ器で背中をほぐしてスッキリ。
この店は20年間リニューアルなどもせず、20年前と全然変わってない。
番台のオヤジまで、20年前と変わっていないように見えるから、本当に不思議だ。人外の魔物かなにかなのではないだろうか?
[PR]
by seeyou44 | 2011-09-13 23:04 | ジムクライミング | Comments(0)

成長しないって約束じゃん

いや、そんな約束した覚えはないのだが、、、

ないのだが、まったく成長しない。どころか、むしろ退化の様相、マイクライミング。

昨日。あまり寝てない日が続いていたが、それでも一応仕事がひと段落して、ヘロヘロになりながら、江戸川橋へ。
赤6、左手サイドから上のカチが取れれば、と思っていたが、カチを取った後がさらに遠く体が上がらない。。。敗退。

舟壁、黄色12。芋虫ホールドを取った後に、右手が届かない。けっこうたくさん打ったが、敗退。

奥壁、手足青O、ピンチまではいけるけど、次が止まらない。登ってるとき、なんと、薄カチのホールドが割れた!回る、というのは何度か経験してるが、割れたのは初めて。ちょっとビビッた。

まったく成果なくおしまい。

今日はロックランズ。
電車代節約のため、自転車で行ったが、向かい風&暑い~。1時ごろ着いたが、到着の時点で、滝のような大汗&ヘロヘロ。しかもジムの中の温度も高いようで、暑い厚いと、他の客も行ってる。しばらく扇風機の風を浴びたり、アイスを食べたりしながらクールダウン。

オートビレイで適当にアップ。
7~8歳くらいの女の子がいて、近くにストンと降りたら、「筋肉ムキムキ~」と言わて、ワハハハハと爆笑。思ったことを何でも口にできるって、かわいいなあ。清少納言も、枕草子で書いてた気がする。

調子のバロメーター、MainBMピンク■11b。しかし、ゴールに手を出す前に、テンション。うーん、今日は調子が悪そうだ。昨日の疲れが残ってる感じがある。さらに、自転車通勤の疲れも。。。電車で来ればよかった。

気を取り直して、MainBM赤■11c。×××。なんか、下部が決まらない。うーん。ひろひろさんが、「オレンジ三角でレストして、後の数手を一気に」とアドバイスくれるも、オレンジ三角はレストできない。
でも、3便出して、下部のシーケンスは一応決まった。あとは次回。

スラブの東紺■10c。2テン。小川山のスラブ10c並みの厳しさ。。。

これから白毛門沢に向かうYMD部長が6時過ぎに上がった後、30分ほど床で昼寝。人も少なく、静かで涼しくて、よく眠れる。
むくりと起きて、パンなど食べていたら、皆ばたばたと上がり、以後自分を含めて4人しかいない。
2人はペアで高難度の課題を責めており、もう1人はオートビレイでひたすらバーチカルの5.7、5.8を登り続けている。この人は2時間くらいほとんど休みなく、バーチカルをオートビレイで登り続けていた。すごい体力だと思うけど、トレーニングとしてはどうなんだろう?

自分は、シャッターサイドのオートビレイで、クライムダウンも含めて登り降りだが、バーチカルの人のように休みなくは無理なので、適当に休んだり、寝たりしながら。
9時くらいに、右手の平の真ん中くらいの皮がペロッとむける。クライミングで、こんなところの皮がむけたのは初めてだ。ガバばっかり持ってるからだな。
こういうのって、小さくても案外痛い。さすがに疲れてもいたし、ちょうどいい頃合だと思い、終了。

まったく成長を感じられない2日間のクライミングで、ちょっぴり嫌になってしまった。

帰りは、行きと逆に追い風になって、楽だった。苦あれば楽あり。。。
アキバの肉のハナマサで、100グラム48円の鶏肉と、とニックウォーターを買って帰り、ガーリックチキンソテーを作って食べながら、ジントニック。
ちょーうまかった!
d0252022_3545447.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2011-09-10 23:51 | ジムクライミング | Comments(0)