おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

T-WALL江戸川橋43(p47)

8時くらいから。
軽くボルの後、リード。
9、10aのあと、ハング緑11cd、×××。
1便目、下部はちょっとぎこちない。でも、はじめてストレートにハングを超えて、上の右ガバをとって、ヒール→ハンドル、まで行けた。しかし、ハンドルを取ってからのムーブを忘れていて、クリップしたりして、力尽きてテンション。
かなり左腕がパンパンに。

2便目。下部はさっきよりずっとスムーズ。ガバも取れたが、ハンドルまで体が伸びず、テンション。惜しかった。そのまま降りる。
3便目。ハングの右手涙ホールドをつかんで、クリップできずテンション。すこし休んで、続けたら、上部はスムーズにできた。クリップは飛ばした。
続けて、垂壁黄色10a。グレードの割には、しょっぱいが、再登できた。

11cdはすでに通算11便。いいかげん、登りたい。
連続していけば登れると思うのだが、間が空いてしまうため、どうしてもムーブを忘れてしまう。でも、もうほとんど完璧。次は絶対落とす。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-30 23:48 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL錦糸町4(p46)ハング右赤11c登れた

日曜、月曜と、心身に激しい倦怠感を感じていた。1日1回コンビニに買い物に出る以外は、部屋から一歩も出ずに、ゴロゴロして過ごす。2日で30時間近く寝ていたのではないだろうか。
自分は、もともとインドア引きこもり人間だったので、今でも部屋に引きこもって、ほとんど体を動かさずにゴロゴロしてるというのは、大得意である。クライミングなどしたり、山を歩いたりするより、ずっと性にあってると今でも思う。
むしろ、クライミングやら山歩きやらしてる方が、自分にとっては異常とさえ思えてくる。

それでも、2日寝ていたら、さすがに今朝の目覚めは、体も頭も軽い感じだった。やはり、中高年には適度なレストが必要不可欠なのだ。
それで、引きこもってる2日間には銭湯も行けなかったので、3日ぶりにシャワーを浴びたくて、シャワー目的で昼休みに体育館に行くことにした。しかし体育館に行ってしまうと、ただシャワーを浴びるだけというのももったいない気がしてきて、バイクを30分ほど。われながら貧乏性だ。平均心拍数155/min程度だが、かなり汗まみれに。
なにしろ、この文京区立地獄体育館は、エアコン設備が(職員室以外には)無く、室温は普通に35度を越えてるから、じっとしてても汗がにじんでくるほど。ちょっと運動をすれば、すぐに汗まみれだし、常に熱中症の危険と隣り合わせのスリルも味わえる。
まあそれでも、汗をかいてシャワーを浴びれば気分は爽快。

夜に予定されているロックランズでのクライミング研修にそなえて、だらだらと仕事をしてると、会長から電話。仕事で急用ができ、ロックランズに来られないと。それなら仕方ない。部長と打ち合わせて、急遽錦糸町T-WALLへ行くことに。
いつものように愛車に乗り、本郷通りを時速35kmで飛ばしていると、突如異変が!なんと、前輪のブレーキーワイヤーが切れてしまった。
後輪ブレーキは生きてるから、このままでも乗れないことはないが、さすがに危ない。万一、後輪ブレーキに異変があったら、大変なことになる。
それで、秋葉原駅前に愛車を停めて、電車で錦糸町へ向かった。

最初はボルダーで遊ぶ。久しぶりに2階のルーフボルダーに触ったりして(前に来たときと変わっていた)、部長とボルダーセッション。このボルダーの段階から、なんだか体が重いなあ、という感じだった。やっぱり昼の熱中症寸前バイクが良くなかったか。。。なにか力が出ない気がする。
リードになって、アップ1本のあと、宿題のハング壁右赤11cへ。先週来だから、ホールドは覚えているが、途中でテンション。最後のムーブは2回繰り返して、体に覚えさせる。
2トライ目。なにか、気合が入らないというか、集中できない感じがしている。案の定、下部でクリップ位置を間違えてテンション。そのまま降りる。
3トライ目。たぶんダメだろうなという弱気な感じで、とりあえず登る。が、下部が1便目よりずっとスムーズにこなせたことでテンションが上がってきた。最後のムーブはさっき練習したとおりにこなせて、そのままRP。
どうせダメだろうと、ネガティブな気分のまま取り付いただけに、嬉しさはひとしおだった。
最後、キャンパやフィンガーボードでチンニングをしてみたが、やっぱり体が重くて、全然上がらなかった。
ま、宿題が片付けられてよかった。
次はハング壁左の緑11cか。

しかし、登れてから言うのもなんだが、先日の川口パンプの戦艦11c白/が11cだとすると、この課題はちょっと甘めだと思う。半グレード落として、11bcか?あるいは、パンプの方を半グレード上げて11cdか?あるいは1グレード差で11dでもいいかもしれない。

帰りに、アキバの肉のハナマサで、バナナとジンとトニックウォーターを買う。
バナナジントニックで、宿題RPを祝おう。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-23 23:57 | ジムクライミング | Comments(0)

パンプ川口 2 調子悪いというか、ヘボ。

スラブ(株)の研修として小川山合宿の予定だったが、雨予報により中止。
せっかくだからジムにしようということで、たまには埼玉方面社員に配慮して川口へ。
今年、パン1に行くのは、たぶん正月以来、2度目。
やはり外岩をあきらめた人が多いのか、けっこう混んでいた。

登ったルートをケータイの写真でメモしていたが、ケータイを忘れてきてしまった。
明日取りに行かなくちゃなあ、、、限りなくめんどくさい。
だれか明日川口リードしてくれる人がいれば、ついでになっていいのだが。でも、せっかく行くならびっちり行きたい。

とにかく、記録がないので記憶にたよって。

●SORA
・5.8
・5.9 黒/
・5.9 黄色/

●奥壁
・10b緑+

この辺までアップ。

●スラブ
・11a赤↑、×。スラブでこのグレードだから、もちろんホールドもムーブもかなり悪い。左壁に移るところでワンテン。大汗かいた。
・10dピンク+、OS。まあ登りやすい方?

●戦艦
・白/11c ××。長く、しかも最後がルーフという持久力ルート。2便出して、2便とも、ゴール下のムーブが解決できず、トップアウトできずに敗退。自分の実力の無さに、けっこう凹む。仮にムーブが解決できたとしても、つなげるのはかなり厳しそう。

・緑/11a ××。途中までだと10c。天辺まで登ると11a。昔やったのと同じか?記憶があいまい。1便目は10cまで。2便目は1テンで天辺まで。足を一箇所見逃してて、残念。11aというグレードにしては甘いだろう。登れてないんだけど。

●ほこら左
・ピンク/11b、×。難しい。

●奥壁
・紺■11a ××。たしか、正月にやったルート。RPしてるはずだが、テンションでトップアウトがやっと。

●ほこら右
・水色↑10d ×。これは難しい。敗退。

●奥壁~ウェーブ
・白■10c、×。2テンかな
・10b~10a、×。最初10bを登り始めたが、難しすぎて途中から10aに変更。でもテンション。
・5.9、×。テンション。

17本だけど、後半はほとんどまともに登れてない。ヘボすぎ。やっぱり、途中で昼寝をしないとダメだな。
白/11cは、いい目標になる。ムーブは難しくないが、長くて持久力が要るルート。最後まで気を抜けない。OSとは言わないまでも、3、4便で登りたい。
が、次に川口いけるのはいつになるだろうか。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-20 23:44 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL江戸川橋42(p45)

朝はずいぶん激しく降っていた雨も、夜になるとほとんどやんだ。
雨の隙をついて、8時くらいから江戸川橋へ。タンクトップでは小寒いくらいで、半そでTシャツを着た。

2階でアップしてたらN村氏がやってきて、新しい課題を作ったから登ってみてと言われ、セッションになる。
N村氏作の6~7級の課題を6本。キョンなど、ムーブがある課題が多くて、勉強になる。
自分はどうしても、力に頼った正対ガシガシで登ってしまいがち。クロスで体を返したり、キョンを使うという発想が出にくい。意識して使うようにして、ムーブの発想を広げないと。

N村氏課題、最初はすべて7級という設定だったが、登ってみたら難しすぎる。水色テープ課題と同じく6~7級が妥当だろうということで変更に。1撃できないのもあった。

さらに、大原氏作のツバメ3部作。4~5級1本と、5級が2本。
どれも必ずデッドで飛びついて足ブラになるムーブが入っているのが課題名の由来…、ということに、全部登った後に気付いた。、大原氏らしい、気が利いた課題だ。
何度かトライして完登できたのは最初にトライした4~5級だけで、5級2本は核心ムーブだけ確認したが、つなげることはできなかった。ちょっとヨレたかも。
面白かったので、また今度やりたい。

今日くらいの涼しさだと、江戸川橋の2階でも、不快な暑さはなく、普通に登れる。
暑さがぶり返さなければいいのだが、それは無理だろうな。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-19 23:15 | ジムクライミング | Comments(0)

小川山クライマー死亡事故

ツイッターやブログで話題になっていた小川山、マラ岩での事故の件だが、にちょばちょさんの日記で事故報告が出てることを知った。
http://www.kawakami.ne.jp/ogawayama/accident/accident_20110805.htm
亡くなられたクライマーのご冥福を祈ります。

このルートでは、以前にも同様の事故が起きているということ。
http://wind.ap.teacup.com/gaida/652.html

改めて、クライミングは「危険な遊び」だと思う。
ジムは別として、外岩では、ホールド(岩)自体が崩れることは当然ありうるし、安全を確保するためのしくみ(ボルト、ヌンチャク、終了点)の安全性も、だれも保証してくれない。有笠山でボルトが抜ける事故があったのは最近だ。

クライミングは死ぬかもしれない遊び。クライマーは、「危険なことをしている」という認識を十分に持つ必要がある。ボルトや終了点の具合を確認しながら登るのは当然だし、ヘルメットもできればかぶった方がいいだろう。

とはいえ、個人が事前にわかることには限度があるのも事実。
事故が何度も起きるような、危険性の高いルートは、トポやその他で、周知することができないかな。ネットなら最新の情報をまとめることもできるだろうし。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-19 12:19 | クライミング研究 | Comments(0)

T-WALL江戸川橋41(p44)

一昨日は筋トレ、昨日は錦糸町、今日は江戸川橋。。。
さすがに疲れが残ってる感じがする。昨晩久しぶりに飲んだせいか、おなかの調子もイマイチよくない。

100度壁、手足白C、3便でできた。左手黄色の上を持ち、後でサイドに持ち替えたくなるのだが、上を持つと悪い。最初からサイドで保持するのがポイントだった。
赤6、赤7、難しい…。

信さんが来て、軽くリード。
大ハングの緑11cd、×××。
1便目はハング下のスメアで上がるところでテンション。つまらないところで引っかかった。トップアウトはしておく。暑くて汗ダラダラ…、どうもヌメる気がして実際はさほど影響ないのかもしれないが、気分的によくない。
2便目はハングの右手ガバをつかむところまで行ったが、抜け口ヌンにクリップできず。どうも、ガバを取りにいくまでの手順足順が前回と違ってる気がして、迷ってるうちに力尽きた。一応、上に抜けるところまでで降りる。
手順はだいたい決まってるが、足順がイマイチ決まりきらない。ので、無駄な力を使ってしまう。

3便目、前半の細ピンチで手が滑った。この細ピンチが、意外といやらしい。上壁に抜けたあとのガバを取るまでのムーブだけ確認して降りる。
ハングの右手ガバを取って抜け口クリップ→左手ガバの後、いったん足ブラになって左足を決めなおしてから、上壁のガバを取りに行った方が楽なようだ。無理に右足を残してると、かえって疲れる。左足が決まれば、上壁の右ガバはまず確実に取れる。

このルートは通算8便。ムーブはほぼ固まってるし、そろそろ登れてもいんだけどなあ。。。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-17 22:54 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL錦糸町3(p43)

昨日16日
パスにしてから3度目の錦糸町。
お盆休みとあって、ガラガラで登り放題。
前回は、5月28日だから、3ヶ月くらい前。
その時に敗退したハング右赤11cが狙い。しかし、、
赤11c:2テン、1テン、1テンと、RPならず。
フォールが怖くて最後の1手が出せないというメンタルの弱さを感じた。出せば取れたかもしれないのに。
次回は絶対登れるはず。

しかし、前回はムーブわからず敗退、ということだったけど、なにがわからなかったんだろう?ムーブで難しいところはない。あとは持久力だけ。3ヶ月だけど、上達はしてるんだろう。
もっとも、前回はまだ左ひざの怪我の後の、リハビリ的な感じだったが。
上達してるということには間違いない。この調子でがんばろう。

ソリューションは早くも慣れてきて、ばっちり。正直、HFのフリクションの違いはよくわらないが、具合はいい。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-17 17:57 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL江戸川橋39(p41) リソールソリューション

暑い暑い。着いて、アップで1、2本登っただけで、汗ダラダラ。
冷房をあまり強くしないのは節電のためだと思うけど、奥に行くほど暑い。垂壁の前あたりは、扇風機の風があたって多少マシ。
2階が最悪で、かなりムッとくる。最後の筋トレ以外は、2階にはいたくない

BCAAに、塩、ブドウ糖を混ぜたドリンク700mlほどを持参したが、もうちょっと量を増やした方がいい。1Lは欲しいところ。その他、ペットのアイスコーヒーもがぶがぶと飲む。

一昨日、まだ満タンの液チョーを置き忘れた。名前を書いておいたので、受付でI崎さんに聞いたら、「こないだ忘れられてたので、トイレのわきの忘れ物液チョーかごに入れておきましたよ」というので見てみたが、ない。さては、だれか持って行ったか。。。クソー。わずか1日で盗まれたか。そこで使うだけならまだしも、液チョーなんか盗んで行くなよな~。

Jimaさんとセッションしつつ、100度壁を主に攻めるが、いまいちぱっとしなかった。
暑いせいもあるかも。手汁がすごいし。。。

100度壁

・手足白C。敗退。分割ではできたが、下からつなげると、ハリボテのカチが取れない。縦長ホールドのできるだけ上に足を持っていくことと、黄色ホールドで左手をサイドに持ち替えるのがポイントか?

・手足青F。一撃
・手足青H。5便RP。下部は、足乗せ替え?
・手足青I。3便RP。パワー系。

・赤6。5便くらい出したが敗退。かなり難しい。核心部、普通に行くとカチを左手で取りたくなるが、次のガバが左手。たぶん持ち変えは厳しい。となると、カチを右手で取らないと次が繋がらないと思うが、そのためにはスローパーをサイドアンダー気味に持って体を上げなければならない。恐らく、右手も緑ホールドでアンダーにするのではないかと思うが。。。

垂壁
ファイル、キタ課題。遠い系。Jimaさん、マエダさんとセッションに。5級緑はクリア。5-6級赤は、分割でできたが、繋がらなかった。

最後に、ピンク緑のつなげで、50手くらいの長モノやて、2階でちょっとだけチンニングやっておしまい。


バーチに月曜に送ってリソールしたソリューションが、金曜には戻ってきた。ソールの前部がすべて張り替えになってる。ミウラーVSのように、普通の1枚ソールの場合、前部の一部が張り替えになるのだが、ソリューションのように分割ソールの場合は、前部全体が張り替えられるようだ。
ダウントウが復活し、中央部が凹んでいる。こんなにダウントウしてたんだ、と改めて感じる。
ラバーはステルスHFにしてみたが、今日のボルダーで使った限りでは、とくに顕著なフリクションの違いは感じられなかった。
まあ、ジムだし、垂壁と、薄かぶりだからね。もともと、微妙なフリクションが要求される課題じゃない。ある意味、宝の持ち腐れか? 秋シーズンになったら、また河又や聖人岩の課題を攻めたいが、そんなときに真価を発揮してくれるだろう。
ゴムの柔らかさという点でも、今までのXSGRIP2とあまり変わらない感じに柔らかい。もう少し履きこんでこなれてきたら、また少し違った印象になるかもしれないが。外岩でも早く使ってみたい。
また、減りやすいと言われるHFがどれくらいもつのかも気になるところ。
でも、ソリューションは自分の足型にはよく合っていて(親指より中指がちょっと長い)とても履きやすい。これを履くと登れる気がする(気がするだけだけど)。
d0252022_23103861.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2011-08-13 23:12 | ジムクライミング | Comments(0)

T-WALL江戸川橋38(p40) 100度壁セッションで満喫

夕方から江戸川橋。
ホールド替えになった100度壁の、とりあえず黄色を落としてしまおうというのが、今日の目標。新壁は人気で混みやすいから、早めに。
ジムの中は、暑い。ただでさえ汗かきの自分は、手がヌメって仕方ない。人の少ない夕方はまだマシだが、人が増えるに連れて室温が上がっていく。もっとキンキンに冷房を効かせて欲しいところ。

にちょばちょさんがいて、他の顔見知りの常連さんも交え、新壁セッションとなった。やっぱり1人でムーブを考えるより、セッションの方が登れる。久しぶりのボルダーセッションで楽しかった。

・黄色6。1撃。前回だいたいムーブを固めておいたので、あとはつなげて登るだけだった。緑のスローパーの次の黄色は、意外とかかりがいいので、デッドでパシっと出せば止まる。
・黄色7。2便。得意系かな。ゴール1つ前のカチホールドは使わず飛ばした。
・黄色8。3便。四角スローパーからオレンジのスローパーにガストンで飛ばすところがポイント。クロスで出してる人もいた。これもゴール前のホールドを1つ飛ばした。
・黄色9。4便。紫の遠いホールドを取る1手のみがポイントの、1手もの。右手は左上ガバにマッチせず、下に残してサイドっぽく保持しておいた方がバランスがいい。足位置さえ見つければ簡単だが、見つけるまで迷う。
・黄色10。1撃。これは今回の黄色の中では一番簡単。
・黄色11。1撃。ゴール前のスローパーがちょっと悪いが、まあ易しいほう。

意外と簡単に黄色が片付いたので、他も。
・手足青G。1撃。ムーブは他の人のを見て。アンダーポケットに普通に中指と薬指を入れたら指が痛くなりかけた。危ない危ない。そこで、まず親指を入れて、体を持ち上げてから中指と薬指に入れ替えて処理。指を傷めやすい課題だと思う。要注意。黄色8と同じホールドへガストンを飛ばす似たムーブ。

・手足白A。1撃。カチをつなぐ。

・赤3。2便。手順をよくオブザベして間違えなければ登りやすい。
・赤4。3便。ゴールが遠いので、思い切ってデッドで。面白い。自分は右手カチのあと、右の緑スローパーにマッチしてから左手カチを取ったが、いきなり左手カチを取るムーブも見た。
・赤5。敗退。たぶんかなり難しい。

・赤16。前から触ってる宿題。顔見知りの常連さんに頼んで、ムーブを見せてもらった。真似するが、上手くできない。キョンの決め方が下手だからだと思う。これは要練習。
・手足青O。これも継続課題。敗退。

2階で加重チンニングなど、筋トレを少しやっておしまい。

新しい100度壁。同じ色でも、前よりは少し難しくなった。半グレードくらい。前の前に戻ったくらいかな。
赤コンプは、もう少しかかりそう。

ソリューションをリソールに出してるので、久々にミウラーVS37(C4リソール)で登った。ベルクロをしっかり締めないとゆるいのだが、使い込んでるせいか、C4にリソールしてるせいか、あるいはきつすぎないせいか、36.5よりは柔らかくて登りやすかった。ジムシューズは、きちきちに小さくなくて、適度に柔らかい方がいい。先日はVS36.5で登ったが、固すぎて(あるいはきつすぎて)、ちょっと足元が不安だった。外だとまた違うだろうが、ジムには不適な感じ。
自分とほぼ同じ足サイズ(実寸24.5cm、スニーカーだと25.5cmくらい)の常連さんは、パイソンの37が最初きつきつで、ようやくなじんできた、ソリューションは37.5で調度いいと言ってる。
外岩はやらない人だから、ジム専用だとそんなものなのか。自分はソリューション37でも快適で、もうハーフ落として36.5を試してみてもいい、パイソンなら36でもいいかな、と思ってるくらい。
輸入品で試してみたい。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-11 23:08 | ジムクライミング | Comments(0)

パンプ2 2 TSUNAMI入門

このところ、体が非常にだるいし、眠くて仕方ない。
夜は8時間から9時間寝てるのに、その上に昼寝も必ずしなければ、ダルくて仕事がまったくできない。
オーバーワーク気味なのかもしれない。だいたい、週のうち4~5日はクライミングか筋トレをしており、レストは2~3日だが、そのうち1~2日はアクティブレストと称して、軽い有酸素運動(トレミかバイク)をやっている。本当にまったく体を動かさない、というレスト日は週に1日、多くて2日である。
もちろん、筋トレにしろクライミングにしろ、すべてのトレーニングでオールアウトするわけではない。軽い「流し」トレーニングの日もある。
しかし、それでも疲労回復が追いつかないのかもしれない。
まあ、昼寝で回復するなら、昼寝をすればいいだけなのだけどね。

疲労感が酷いだけでなく、軽い頭痛もあったので、昨晩は葛根湯を飲んで寝た。
しかし、暑さで夜中に何度も目が覚める。そのたびにサーキュレーターのタイマーをセットしなおす。
朝になって涼しくならないと熟睡できず、結局、目覚めたのは昼過ぎ。

食事をしてパン2に向かう。外はムッと湿った重い空気。歩くだけで疲れる感じ。この暑さもだるさの原因だろうか。自転車に乗り、汗をかきながら駅に着いたら、財布を忘れたことに気付く。がーん。急いで取りに戻って汗だく。

中野島の100円ローソンでパンやバナナを仕込んでから、パンプ2へ。
急いでいったのに、部長からは「登戸でパスタランチを食べるので遅れる」というメールが。ま、お腹が空いたら登れないからね。。。
仕方なく、ボルダーエリアでまったりとアップ。晴れだから、さすがに先週よりは空いている。
ボルダーでは、茶色(4級)は登れたり登れなかったり、垂壁の青(3級)が1本、打ち込んで登れたので、まあ満足。
しかし、けっこう本気トライになってしまい、この時点ですでに疲れが。。。

食事休憩を挟み、4時半くらいからリード。

100度壁
・黄色+11b:アップは済んでるので、すぐ宿題の課題に取り付く。とくに難しい感じもなく、あっさり一撃(通算5便)。前回はムーブはできていたが、腕が終わっていた、ということか。

奥壁の緑/11aも宿題なのだが、どうも他の人とのタイミングがあわずトライできない。
ツヨツヨクライマーさんたちは皆外にいってるらしく、めずらしくTSUNAMI壁が空いているので、触ってみることにした。どっかぶりでパン2の象徴ともTUNAMI壁(14aなどという課題もある!)だが、いつもツヨツヨさんで混んでいるので、この壁の課題は今まで一度も触ったことはない。

TSUNAMI右壁
・赤×10d:OS。まあ登りやすい。上部でちょっと手順を間違えたがリカバリーできた。

・オレンジ+11a:××○。TUNAMI壁入門のようなルート。一撃したかったが、自分の実力では、こんなものか。ハングから垂壁に乗りこんで、スローパーを取るまでのムーブが少し迷うところ?下部のハングで力を吸われないように、サクサク登るのがポイントだろう。

奥壁
・緑/10c:RP。前回登れなかったけど一撃できた。スラブに乗ってからが、意外と悪い。

このあたりから、部長が「眠い、帰りたい」を連呼するが、無理矢理ビレイに付き合ってもらう(ありがとね!)。なので、ほとんどレストなしで続けて登り、腕がパンパン。

100度壁
・黒/10c:2テン。なかなか面白いルートだと思う。カチがもてない。

奥壁
・赤10a:RP。ガバばかり。だが、けっこうギリギリ。余力があればクライムダウンをして追い込もうと思ったが、とても無理で普通に降りる。

一反木綿
・黄色■5.9:××。2便出したのに、ついに9も登れなくなった。。。終了。


リードは9本。意外と少なかったが、TUNAMI壁11aは、十分に時間を取って腕回復を待ってからトライしてたので仕方ないか。
最初にボルダーをやっちゃうと、けっこう腕に厳しい。
[PR]
by seeyou44 | 2011-08-06 23:51 | ジムクライミング | Comments(0)