おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

天王岩(外9、天王岩6)、革命ならず

W君と天王岩。
狙いは八月革命(11b)。
まず、無名ルート(5.8)、クラックジョイ(5.9)でアップ。ジョイを登るとき、手がぬめる、ちょっと嫌な感じ。7分丈のTシャツで、寒いくらいなのだが。勉太郎音頭、ここで腕の力を使っても、という気持ちがあり、テンションを交えながら登る。

八月革命は、かかっていたヌンチャクを借りて1便目、ムーブの確認。3ピン目のガバを取りに行くまでが自分核心だが、思っていたムーブより、左足が上がらない。
自然と、左手も上がらないので、いきなりガバを取りに行くのではなく、カチを持って、右手ガバを先に取る方法に、ムーブを変更。
2便目、ヌンチャクが外されたのでマスター。テンションを交えながら、ムーブの確認。いい感じで、行けそう。
3便目。絶対落とすつもりで気合を入れていく。練習したムーブでガバを取り、3ピン目のクリップまで、初めてつながった。しかし、思ったより腕が消耗してる。ガバを取ればレストできると思っていたが、想像よりレスト体勢が難しい。疲れる前に登ろうと、すぐに右手デッド。これは取れたが、次の左手が決まらず、フォール。
4便目。4時過ぎだったが、湿度が上がったのか、やけにヌメる感じで、3ピン下の左手カチが保持できずにフォール。腕のヨレもあっただろう。前もこのあたりで落ちたが、けっこう大きなフォールになる。足をどこかにぶつけて痛い。チョンボしながら登りなおして回収。
4:45のバス→ホリデー快速で帰る。

御茶ノ水に6時半到着。時間があったので、江戸川橋で軽く登って追い込み。

八月革命、3日、通算9便。手の順序はほとんど固まったようだが、足位置がまだ微妙。ヌメらないうちに登るのが核心か。
[PR]
by seeyou44 | 2011-04-30 22:03 | 外岩クライミング | Comments(3)

革命前夜(外岩8、天王岩5)

先週に続いて、W君と天王岩。
朝10時にバスを降りて上の岩場に着くと、すでに10人ほどの人が。冬の間の無人天王岩になれたせいか、10人もいると大人数に見えてしまう。主要なルートには、ほぼ取り付かれているように見える。
しかし、昨日はけっこうな雨だったので、岩はぱっと見でわかるくらい、湿っている。ずいぶんと濡れているように見えるところもある。
それなら焦ることはない。むしろ、チョークをはたいたり、タオルで拭いたりして、一生懸命除湿しながら登っている先客に環境整備をまかせて、のんびりいくことにしよう。
その先客たちを見るともなく見ていると、どこかで見た顔が……。あ、山野井さんだ。いまトップロープで登り始めたのは、妙子さんじゃないか。ほとんど指のない手で、うまく登っている。こんなところでも登ったりするんだ、とちょっと意外であった。

W君によると、上の岩はまだましで、下の岩場は、びしょびしょだとか。じゃあ、と、今日はアップから上で行くことに決定。まず、だれもとりつかない無名ルート5.8でアップ。
W君はノーリーをやりたがっていて、自分もアップがてら登ってもいいと思ったのだが、グループでとりついている人がいてしばらく空きそうにない、ということなので、涅槃の風(10b)を登り、続いて勉太郎音頭(10bc)へ。
勉太郎音頭は、過去に2回トライしているが、いずれもテンションで、ちゃんと登れていない。グレードの割に苦手意識を感じるルートだ。それで、とりあえず、W君にヌン掛けをお願いしてからトライ。1撃でRP。あれ、こんな簡単だったっけ?という感じで登れて、苦手意識は払拭された。まあ、10bcだからね。

今日の目標はニルバーナ(11b)だったのだけど、山野井さんグループが取り付いているので後ろから観戦。
グループの1人が、最初にマスターで登って、見事に1撃。最後の核心のところでは、右手カチを持ってクリップ。そんなムーブは見たことない(普通はクリップしてからカチをとる)。非常に力強い登りだった。続いて山野井さんが登って、さすがにとても綺麗な登り方。でも、核心でテンションがかかってしまった。
その後も、妙子さんがミンミン(10d)を登ったり、エスパー(12a)にヌンチャクをかけたり(ニルバーナ、エスパー、ミンミンは、出だしが同じボルト)と、空きそうにないので、あきらめて、ヌンチャクがかかっていた八月革命(11b)をやることにした。

八月革命、先週初めて触ったが、核心と言われる3ピン目の上のデッドを取れずに、敗退していた(ちなみにヌンチャクをかけていたのは同じ人。ツヨツヨなおじさん。推定13クライマー)。

なので、ますは核心デッドのムーブを探るのが先決と考え、途中は「取れたとして~」でチョンボを交えて、3ピン目までかける。核心部、左手ガバを保持しながら、右足を上げて右手を遠いガバにデッド。で、すんなり取れた。あとは、うんこらしょ、って感じで登れそうなことがわかった。
その後、ツヨツヨおじさんが登ったので、すかさずケータイでムービー盗撮。

2便目。2ピンから、カチをつなぐ途中で、まずテンション。3ピン目の横の左手ガバを取って、3ピン目クリップなのだが、左手ガバを取った、と思ったら、取れずにフォール。けっこう大落ちになって、地上1.5メートル?やばかった。
登りなおして、デッドは問題なくとれて、トップアウトでヌンチャクをかけかながら降りる。

3便目。やはり、3ピン横のガバまでがつながらない。3ピン目はヌンチャクを掴んでクリップしてしまう。自分的な核心は2~3ピンの間のカチつなぎであることが確定。指皮がむけて出血。

3便だして、ホールドがほぼ把握できたので、先ほどの盗撮ムービーをガン見。すると、2ピン目のガバからのムーブが違うことがわかった。

4便目。2ピン目からのムーブを変更。前よりはスムーズになった。が、ガバカチ(ガバなのかカチなのかはっきりしろ)にマッチしてからの足位置が決まらない。左キョンをすればうまく行きそうな気もするが、膝の痛みの関係で左キョンは避けたい。スメアでごまかして、登ったが、無理矢理感は否めず、ぴたっと決まった感じがしない。

最後、せみしぐれ(10b)をW君が登った後、クールダウンに登っておくか、と思ったら、全然登れない! 非常に難しくて、とても10bとは思えない。前に、一度触ってはずなのに。。。クールダウンどころか本気で汗をかき、テンションしまくりで、なんとかTO。

八月革命、一般に核心と言われてる、3ピン目の次の右手デッドは、自分の場合は問題ない。その前のカチつなぎの足さばきが、核心。何度かやればできそうな感じがしてきた。
初11bは、ニルバーナの前に、こっちをやっつけてしまおうかしらん。

今日はずっとミウラーVS37(C4リソール)。
[PR]
by seeyou44 | 2011-04-24 22:52 | 外岩クライミング | Comments(0)

天王岩、(外岩7、天王岩4)

土曜16日、W君と天王。
初夏を思わせる暖かい陽気で、ランニングシャツで登ってた。でも、レストのときはちょっと寒くて、長袖を着たりした。

水曜背中筋トレ、木曜胸トレ、金曜ロックラ、ときて、しかもなぜか非常に寝つきが悪く3時間?ウトウトした感じだけで、疲れが抜けきらない。
下で5.8を登ってから、ノーリー。以前楽勝でRPしてたのに、マスターでいったら2テン。2便目は、下部の核心はスムースに越えられたのに、なぜか上でテンション。なんていうか、外岩勘みたいのが落ちていた。
行く前はニルバーナを登りたいと思っていたのだが、この調子じゃそれどころじゃないなあ、と思ったものの、せっかくだからと行ってみたら、ミンミンに取り付いている人がいて時間がかかりそう。
それで、とりあえずかかってるヌンチャクを借りて八月革命。インチキしながら3ピン目まではいけたけど、そこから先の遠い手が届かない。
左手を薄いサイドにして体を上げてみたが、サイドが甘くて、2度外れて落ちた。であきらめて降りた。
後からネットで調べてみると、サイドは使わずにガバを持ったまま体を上げて、デッドで取るらしいが?次の右手を取る場所がわからないので、出せなかった。

ニルバーナ、1便目はヌン掛けしながら。各駅停車で。スタート含めて、下部がこんなに厳しかったかな?という印象。やっぱり自分の力が落ちてるのだと思う。
だいぶ休んで2便目。ヌンがかかってるので1便目よりは楽だったが、やはり厳しい。
後でネットで動画を見たら、下部は足使いがまったくダメだとわかった。足を切らずに、下の細かいホールドを捉えながらトラバースして、乗りあがるときだけヒールフックをかける感じか。
核心のところのムーブは、よくわからない。右足を上げて右手カチをとってしまえばあとは力だけなのだが。。。その前の終了点下のクリップの体勢がとても微妙で、そこからカチを取るムーブに移るのが厳しすぎた。
もう少しいいクリップがあるはずと思う。

ヌンチャクの回収にとても苦労した。結局1本目は回収せず、登り返して回収した。なにかいいやり方を考えなければ。

W君が4時に駐車場を出なければならないので4時に上がったら、いまの季節なら6時近くまでできそうなので、時間がもったいない。次回は十里木に停めてもらおう。
6時くらいには事務所に戻ってこれたので、江戸川橋に行ってもいいかと思ったが、くたくたに疲れてしまい、少し仮眠して、そのままさぼり。

銭湯にいって、夜はサイゼリヤで、ビール、青マメと、エスカルゴ、フォッカチオ。久しぶりに美味いものを食べた気がした。戻ってチャットしながらワイン。1時過ぎ就寝。
[PR]
by seeyou44 | 2011-04-17 22:38 | 外岩クライミング | Comments(0)

クライミングメモ 激甘江戸川橋1(p1) 怪我95%

左膝の靭帯損傷から2ヶ月以上が経ったが、まだ完治とはならない。普通に歩くだけでも軽い痛みがあり、足先でモノを押さえて内側にかき込むような動きだと、けっこう痛い。とはいえ、少しずつだが、よくはなっている。いまの感じだと95%くらいの治癒率だろうか。
以前に、小川山で足首を捻挫したときも、たしか完全に痛みがなくなるまで3ヶ月くらいかかったように記憶している。だから、あと1ヶ月もすれば、完治するのではないか。
でも、今より若かったからなあ。。。完全に痛みがなくなることがあるのかどうか?

さて、左足の深いキョンと、カンテで左足で抱えこむようなムーブができない以外は、さしてクライミングには支障ないレベルになったので、久しぶりに江戸川橋のパスを買った。63000円。ちゃんと通えば、結果的に元が取れるのはわかっているが、それでも大金なので、かなり躊躇する。
(前回は最後に怪我で2週間くらい無駄にしたが、それでも半年で53回行ってる。1回あたり約1188円で、十分に元は取れている)
前回もその前もそうだったが、パスを作ったときは、なぜか怪我をして登れない期間があったりする。
1ヶ月か、せめて3ヶ月パスでも作ってくれればいいのに。

それでも、パスが欲しくなるのは、昼間にちょっと時間が空いた、というときに、気軽に行けるからだ。1時間だけ時間がとれる、というようなときは、正規料金ではもったいなくて行く気にならない。パスがあれば、1時間でも気軽にいける。この差が大きい。

2月の頭に、江戸川橋が改装リニューアルになって、1回だけ行き、その後すぐ怪我をしてしまった。その1回で、1階の青は15、黄色は11までクリアした。
以前に比べて、同じグレードがついていてもずいぶん甘くなったという印象だった。
そして、怪我後に久しぶりに行った先週の1回と今日の2回(計3回)で、青と黄色をすべて(20まで)落としてしまった。青はすべて1撃、黄色は20だけが5便くらいかかったが(遠い系のムーブ)、残りはほとんど1撃である。
決して、自分の実力が急に上がったわけじゃない。むしろ、怪我前の調子にはぜんぜん戻っていないのだから、はっきり言って、激甘だろう。

自分の感覚的では、今の青が、以前の緑と青の中間くらい、いまの黄色は以前の青、いまの赤が以前の黄色、という感じ。ほとんどの黄色は、たぶん5級はない。6級程度でしょ。
いままでもホールド替えがあるたびに、「甘くなった」と言われることがあったが、今回はかなり落としている。落としすぎ。
なんだか、がっかりだ。
いまどきのジムらしくない、悪く言えば無愛想、よく言えばツンデレなT-Wallが好きだったのに、デレデレになっちゃったよ。。。
[PR]
by seeyou44 | 2011-04-12 23:36 | ジムクライミング | Comments(0)