おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

文京区湯島の完璧なトマソン

引っ越しで本、雑誌を大量に処分したが、いくらかは手許に残した。
若いころに愛読した本や、影響を受けた著者の本は、めったに再読することがないとしても、やっぱり処分できない。
いまは、多くの本は電子書籍として文章のデータだけを買うこともできるし、いわゆる“自炊”という手もある。場所をとらないのだから、本を単に「情報」として捉えるのであればその方が合理的だろう。
だが、紙にインクで印刷された“モノ”としての本へのフェティッシュな執着または愛情というのは、どうしても捨てられない。ばかばかしいが、ばかばかしいのが人間だ。(と思ってしまうところが、自分のダメなところでもあるが。)


わずかに手許に残した書籍の中に、一昨年に亡くなった赤瀬川原平氏の著作が何冊かある。影響を受けた、ということだろう。
『東京ミキサー計画』や『超芸術トマソン』を愛読したことと、ロッククライミングを愛好していることとは、自分の中で同根で繋がっている。それに類することは、今までもときどき書いてきたが、ロッククライミングは「美」に対する意識を抜きにしては、成立しない。それはいわゆる美意識と呼ばれるものだけではなく、美に対する反省的/対自的な意識、という意味においてである。
(プラスチックホールドを登るインドアクライミングは、また別だと思う)。


先日、前居の近くをトボトボと歩いていたら、ほとんど完璧なトマソン物件を発見した。これには驚いた。なにしろ前居から徒歩で3、4分のすぐ近所だ。駅などへ行く生活道路からは少し外れているものの、その辻だって何度も歩いている。
それなのに、こんな見事なトマソン物件に、なぜ今まで気が付かなかったのだろう? それが引っ越しの直前になって遭遇だなんて、なんだか出来過ぎている。彼の地を離れるにあたっての、神様からのはなむけだろうか。

▼「純粋門」(文京区湯島。2016年1月採取)。通常の門が持つ内部と外部を隔てる役割を超越した、純粋存在としての門。
(とりあえずその時に持っていた携帯電話(ガラケー)のカメラで撮影したので、画質が悪いが)
d0252022_2311138.jpg

d0252022_2311495.jpg

▼裏(内部?)から見ると。鉢植えがいい味を出している。
d0252022_23115763.jpg

d0252022_23113764.jpg

[PR]
by seeyou44 | 2016-02-06 23:37 | よしなしごと | Comments(2)
Commented by Kスケ at 2016-02-10 12:27 x
トマソン物件。何の事やら分からなかったので調べました。面白いですね。。そこから色々と想いを馳せまして、純粋存在としての自分。純粋存在としての従業員。つまりは給料泥棒でも良いじゃないかと思い至りました
(^-^;> 最近仕事が少なくて会社に居ずらくなっていたので救われた気持ちで一杯です(笑)
Commented by seeyou44 at 2016-02-11 21:44
Kスケさん、コメントありがとうございました。家族経営ならではの大変さがあるでしょうね。お疲れ様です。きっと、また仕事が忙しくなる時もきっとありますよ。暇な時は、クライミングに集中して、英気を養いましょう^^ トレーニング欠かさずに!


<< 今週のジム/CM18-21、T... 週末はBJC観戦とジム/CM1... >>