おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

クライミングメモ37(ジム33、アキバパンプ18)さよなら、アキバパンプ

夜にアキバへ。
たまたま、江戸川橋での顔見知り(自分よりずっと上手い)がいて、あれこれ教えてもらう。
いわく、アキバは川口(パン1)よりずっとグレードが甘い。アキバの白(3級)でも、江戸川橋なら難しめの青(6級)か易しめの黄色(5級)程度のものもある。グレードのバラツキが大きすぎる、などなど。
おおむね自分の感じていた通り。
ジムのグレードなど、そのジムの中だけで通用するものなのだから、他店と比べてどうこういうこと自体がナンセンスなのかもしれない。それに、ぼくは厳しすぎるグレードよりは甘めの方がいいかなと思っているので、この店の甘いグレード自体には、特に文句はない。江戸川橋のように、ある人が設定した課題だけ異常にグレードが辛い、という方が問題が多いと思う。やる気がなくなるからね。
しかし、せめて同じ系列店(パンプ)では、グレード感を統一した方が、利用者にとってはよいと思うのだが。



たらたら登って、3級(白)を4本落としておしまい。
自分が短時間で4本も落とせるなら、やっぱり一般的なジムグレードより、1~2級は甘いのだろう。
しかし、前回触って指をちょっと傷めた青は、結局できなかった。
最後に、ホールドキャンパ+長もので追い込んでいたら、左手薬指付け根のいわゆる「ガバダコ」が、べろっと剥けてしまった。こういうのって、案外痛いんだよね。

例によって閉店(祝日なので10時)の5分前にはアホ店員がわざわざ2階に来て、「5分前ですよ~」などと叫んで回っている。
叫んで回らなくても、5分前には自分と、もう1グループしかいなかったが。てことは、俺に言ってるのか?相変わらずの客をナメきった態度だが、もう腹も立たない。
なぜなら、本日で回数券をほぼ使い切ったから。
もうここに通うこともないだろう。他店が休みの月曜とか、遅い時間にどうしても登りたい、というようなとき以外は。
さよなら、アキバパンプ。
[PR]
by seeyou44 | 2012-05-05 23:59 | ジムクライミング


<< 100均のすぐれもの1・パチティパス クライミングメモ36(ジム32... >>