「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

おなかがすいたら登れない(旧)

ネコは空飛び、犬は登る

ブログ引っ越しのお知らせ

このたびブログを引っ越しました。
新ブログは、以下です。

おなかがすいたら登れない
http://try-climbing.com/

ブログタイトルは引き継いで、こちらは(旧)とします。
当面、過去記事はこちらに残したままにします。

最近は満腹でも登れないことが多いのですが、引き続きよろしくお願いします。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-07-26 12:35 | よしなしごと | Trackback | Comments(0)

2か月ぶりのジムクライミング

Kスケさんと、川口のパンプへ。
実に2か月ぶりのクライミング。
5.9からはじめて、10台を何本か登る。
11aにもトライしたが、2トライして登れなかった。
戦艦壁の10cと、10d(両方とも、かぶっていてカバホールドしかないルート)をOSできたのが、うれしかった。

さすがに2か月登ってないと体が動かないかと思ったが、そうでもなかった。でも、指はまったくもたない。ガバならある程度登れるが、細かいホールドはまるで持てない。
登ってなかった2か月で、体重が2kgくらい増えていることも、原因かもしれない。

クライミングって、痛いものだと思い出した。まず、手の皮が痛い。それからきついシューズを履いて、足が痛い。さらに登り続けていると指の関節が痛い。

翌日には前腕にも激しい筋肉痛。
久しぶりにこの感じを味わって、満足。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-07-05 16:00 | ジムクライミング | Trackback | Comments(0)

軽く近況報告など

会社勤めをはじめて、早1か月。
会社の近所に区営のトレーニング施設を発見し、平日も少しは体が動かせるようになりました。
しかし、クライミングはぜんぜんやっていません。手の皮膚って、こんなに柔らかかったのかと、驚いています。

新入社員ですから、会社優先は当然ですね。会社がよくなるように、がんばります!

こういう良い会社になりますように
[PR]
# by seeyou44 | 2016-06-10 11:56 | よしなしごと | Trackback | Comments(0)

GWの有笠で、人生最後のOSグレード更新?

気がつけば、ブログの更新も1ヶ月ぶり。

だいぶ古い話になってしまったが、GWにはKスケさん、Kジロウさんと、有笠にいった。一応泊まりでいったのだけれど、2日めは朝から激しい雨だったので登るのはあきらめた。登ったのは1日だけ。
有笠に行ったのは、何年ぶりだろう? 自分の人生初11は、東の石門エリアの「大いなる山の日々」なので、感慨深い岩場ではあるのだけど、それを登って以来、行く機会がなかった。

・パスファインダー(11bc):オンサイト。これまでは、11a:城ヶ崎の「風に吹かれて」がオンサイトグレードの最高だったので、オンサイトグレード更新。下部は快適、上部はちょっと迷うところがあったが、落ち着いて戻りつつ、乗り越えた。とても気持ちよく登れた。グレードは、11bでよいのではないかと思うが。

・夢を見る頃(11a):カンテから出るところで、ちょうど真正面になった太陽がまぶしくて、ホールドがさぐれず、テンション。わかってしまえば簡単で、2RP。夕方に登ればたぶんOSできたのに、もったいないことをした。

・夢見る頃を過ぎても(11b):上のルートをRPしたあと、そのままつないでみた。が、上部で濡れているところがあって敗退。

・大いなる山の日々(11a):再登。ほとんど忘れていたので、時効FLってことで。登りやすいと思う。

-----------
GWのあと、諸般の事情により、就職をすることになった。
仕事はそんなに忙しいわけではないが、会社勤めはほとんどしたことがないので、慣れないせいか、毎日電車で通勤して、8時間とか9時間会社にいるだけで、ぐったり疲れてしまう。

ちょうどTWの半年パスが切れたこともあり、しばらくクライミングを休んでいた。もう、手の皮がすっかり一般人になりつつある。
今後も、土日どちらかに、すこしジムで登れればいい感じだろうか。

週1で上達は望めないので、このパスファインダーのOSが、生涯最高のOSグレードになる可能性が高そう。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-05-27 14:58 | 外岩クライミング | Trackback | Comments(2)

最近のジムの記録/CM56-58

#56,51,71
江戸川橋。
リード奥のルーフ壁がホールド替えになっていた。青11a、赤11a、緑11b、黄色11c、すべてOS。黄色は11cということだが、体感11a~b? グレーディングが疑問。

#57,52,72
錦糸町。
雨の降らない土曜だからジムは空いているだろうと思っていたが、あにはからんや、激混み。リード右の新壁は3人待ち、4人待ちが当たり前。
自分の狙いは、左のピンク12b。こっちはそんなに登る人がいないので、やりやすい。
まずはアップがてら、上部のムーブだけを確認。そこだけやれば問題ない。しばし休んだあと、スタートから。そしてとくに淀みなくするする登ってRP。できるときはこんなもんか。常連の皆様に祝福を受ける。

それにしても長かった。20便くらい出しているだろう。間が2週間あいてしまうこともしばしばあり、するとどうしても細かいムーブを忘れてしまうので、時間がかかったし、ホールドが無くなるというアクシデントもあった。でもそれらを考えても、10便くらいでは登りたかった。
落とすということを考えるのであれば、集中して通わないと効率が悪い。練習だと思えば、何便出していたっていいのだけど、最後まで「登り切る」ということも、大切な練習だと思うので、RPにはこだわりたい。

夕方になり、人も減ってきたので、右壁の白12aをトライ。初トライなので(他の人が登っているのを見ているので、フラッシュだが)しっかりオブザベする。しかし、下部の第一核心がよくわからない。いろいろ試して、カチにマッチというだれもやらないオリジナルムーブで抜けらたが、上部もよくわからないところがあり、テンテンでTO。
2便目、さっきのムーブで下部を抜けようと思ったが、できず。やっぱり、みんながやっているガストンムーブの方が良かった。上部はやっぱりわからず、テンテンで、途中敗退。
3便目、一応、RPするつもり。下部は問題なし。しかし、上部の縦ホールド3連発のところが、処理できず。難しい。
その後、顔見知りのKさんが登っているのを見て、ムーブのイメージはなんとなくつかめたが、2つめの縦コルネが保持できるだろうか?
次は、下部はちょんぼして、そこだけやってみた。が、Kさんと同じムーブができない。苦手のピンチに苦手のクロスムーブ。厳しい。。。なにか考えないと抜けられないかも。12aなら、5便以内では登りたいが、難しそうな感触。

最後に、前回もちょっと触って登れなかったトップロープの11b。2トライしてゴール1手前まで詰めたが、そこでフォール。しびれた。

#58,53,73
江戸川橋。
英語の勉強をたっぷりやって、夕方から江戸川橋。
昨日は、そんなにたくさん登ったつもりはないのだけど、身体の芯が疲れている感じで重い。もしかしたら、めずらしくたくさん勉強したせいかも。
リード奥ルーフ壁のピンク11d/12a。じっくりとオブザベしてからOSトライ。ルーフを超えた垂壁のホールドがガバと思いきや、思ったよりスローピーで、フォール。さらに上部のホールドもやや悪い。ペンキだし。
2便目、50氏にムーブを教わり、さっきのところは超えた。が、その上の遠くて悪い左手の1手が取れない。フラッギングか、ルーフについている見えない足を使うか、迷うところ。いずれにしてもやや遠いのだけど、取り先がペンキホールドで、しかも取りに行く前に、垂壁1ピン目がクリップできないので、ちょっと怖い。ルーフなので落ちるだけ、なのだが。
最後は、50氏設定赤テープの下部核心を、そこだけちょっとだけ試す。一応、できたことはできたが、つないだらどうだろう?かなり悪い。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-04-25 14:38 | ジムクライミング | Trackback | Comments(0)

中高年にはボルダリングよりロープクライミング

ボルダリングは身体に悪い。

身体へのいろいろな悪影響があるが、飛び降りて着地する際の、腰や膝への負担が、もっとも大きなものだと思う。
ジムで、分厚いマットを敷いていたとしても、いくたびに、何十回と飛び降りていれば、関節への影響はかなり大きなものがあるはずだ。外の岩場での薄いクラッシュパッドでは、なおさらだ。
これは若い時には、わからなくても、歳をとってから、影響を感じるようになるのが恐ろしい。

木村晋介さんがどこかに書いていたいが、若い時にボルダリングの着地をしすぎて腰を傷めたので、いまは絶対にボルダリングはやらないと。

ジムの関係者やメディアなど、ボルダリングを飯の種にしている人たちは、こういう負の側面はあまり言ってくれないので、自分で意識して気をつけるしかない。

ただしこれはボルダリングだけではない。どんなスポーツも、やり過ぎれば、つまり、ある程度本気でやっていれば、身体に悪い影響があるのは当然だ。ランニングだって、膝や心臓への悪影響がある。なので、ボルダリングだけが、他のスポーツと比べて突出して体に悪いというわけではない(と思うが、比較した研究などはあるのだろうか?)

もっとも、とっくにクライミングジャンキーになっている人は、なにを言ったって好きなように登るに決まってる。そろそろ50歳を迎え、膝の故障(靭帯断裂)や腰痛を抱えた自分も、体が動くうちはボルダリングをやめるつもりはない。

------
ただし、これからクライミングを始めたい、あるいは若いときに登っていて、またやりたいと思っている中高年(45~50歳以上くらい)の人には、正直、ボルダリングはあまり向かないのではないのかなあ、と。

もちろん、やってもいいのだけど、なるべくクライムダウンを心がけるとか、膝や腰にサポーターやコルセットを着用しておくなど、それなりの安全対策を取って登る方がいいだろう。

一方、ロープクライミング(リードクライミングやトップロープクライミング)は、ボルダリングに比べれば、身体への負担は小さい。ビレイヤーがきちんとビレイしていれば、危険も少ない(無いわけではない)。

一般的に、高所で行われるロープクライミングより、より低いところで行われるボルダリングの方が危険は少ないようにイメージされるだろうが、実は、体への悪影響、健康被害の点では、ボルダリングの着地の方がずっと危険性が高い。
また、運動強度という点からも、一般的に、ボルダリングは瞬発系(短時間で最大の力を発揮する)であるのに対して、ロープクライミングは持久系(中程度の力を長時間発揮する)という傾向がある。
つまり、着地のことを別にしても、運動の内容の面でも、強度の高いボルダリングの方が怪我を誘発しやすいだろう。

というわけで、昨今はジムでのボルダリングが人気ではあるが、中高年がクライミングをやりたいのであれば、ボルダリングよりもロープクライミングの方が適していると思うのだ。

ただし、ロープクライミングは、高所で行うため、もし重大なミスがあると致命的になる。毎回の健康被害は少なくても、一気に命を失う可能性があるのが、ロープクライミングだ。もし取り組むなら、十分にシステムに習熟しておく必要がある。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-04-20 11:25 | クライミング研究 | Trackback | Comments(0)

最近のジム/CM52-55

体重がじりじり増えている。ここらで食い止めて減らしておかないと、大変なことになりそう。危険だ。

#52,47,67
江戸川橋
リード1面ハング壁、オレンジ12c触るも、ボロボロ。なんで?と不思議なくらい登れなくなってた。体重が1キロほど増えたからかな?疲れているのか?

#53,48,68
錦糸町
リードハング壁の右がホールド替えになっていた。この壁、長かったなあ。1年近いのでは?
その新壁の青10dでアップ。そしてその後、課題となっている左のピンク12b。アップも軽めにして、腕がヨレないうちに1撃を狙う作戦。気合を入れて登り始める、下部はスムーズ。そして核心部のランジへ、、、と思ったら、フットホールドがない!? なんと、右壁のホールド替えの際に、間違えてホールドが外されてしまったみたいだ。せっかく調子よく登っていたのに、あえなく敗退。
店長に言って、ホールドをつけてもらう。試しにそこだけ登ってみたら、前と角度が違っていたが、まあ、踏めるから大丈夫。
2便目、フットホールドの角度が以前と異なっていて、踏む感覚が微妙に違っていたことと、隣のルートの人がこちらにけっこう寄っていたのが気になって、ランジが出せず。
8時を過ぎたら急に混んできて、落ち着いて登れそうにないので、ピンクはあきらめ、新壁にトライ。緑11cはOS。レストがたくさんできるので登りやすい。紫11bc。あまり休みなく登ったので、少し腕がヨレて、落ちそうになったが、粘ってOS。
トップロープの11b。下部でムーブができずに敗退。なかなか厳しい。

#54,49,69
江戸川橋
1階ボルダーの赤4、ランジ部分だけど練習。できず。赤3できず。m上ファイルのランジ課題も練習。これもできず。短時間でおしまい。

#55,50,70
江戸川橋
リードの垂壁左に、50氏とIクラ氏の課題が設定されていた。まず50課題11cd。中間の遠い1手と、上部のマントルが厳しく、その2箇所ムーブが解決できない。IK課題11a。2便出したが、こちらは中間部のムーブが解決せず。これが11aは、けっこう厳しい。
最後は2階でキャンパと筋トレを少し。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-04-19 14:16 | ジムクライミング | Trackback | Comments(0)

最近のジム活動/CM46-51

やっと春の暖かさが感じられるようになってきた。
外岩には良いシーズンになってきたが、スパイダーマン以外、これと言って登りたい課題もなく、通いたい岩場もないので、ジムでゆるゆる遊んでいる。

#46,41,61
江戸川橋
左一面ハングのオレンジ12c、久しぶりに触ったのだけど、意外と覚えていて、2便出して1テン。ここからが大変なのだけど。

#47,42,62
江戸川橋
先日変わったリード垂壁右、黒11b、2便出して登れず。2便目は余裕あったのだけど、足を見失って落ちた。無念。

#48,43,63
江戸川橋。新しい100度壁。黄色まで登れた。水色も黄色も、前より1グレード程度やさしくなっている感じだが、水色13、黄色10は、それぞれ数トライかかった。

#49,44,64
錦糸町
また2週間空いてしまった。そして、またハング左のピンク12b登れず。もう飽きた。。。ボルダーで1階奥壁の黄色が2本登れた。

#50,45,65
江戸川橋
垂壁右、黒11bは本日1便目でRP。通算3便。本当は前回登れていなければだめだったのに。体感11aかな。なんでbにしたのだろう? いまの錦糸町の垂壁右の黒10dは、最初11aとグレーディングされていたが、後に(客の声を反映して?)グレードダウンされた。この黒もグレードダウンされるかもしれない。同壁の50氏テープ課題11bc、下部はまあ普通だが、上部核心部のムーブが???で、敗退。

#51,46,66
江戸川橋
暖かくて気分がいいので、自宅から江戸川橋まで徒歩で行ってみた。約6kmで1時間15分くらいかな? やっぱりちょっと疲れる。
50氏課題11bc、まず上部の核心部だけ探ってみた。設定者に聞いたムーブとは違うが、できそうなムーブがわかった。2便目、スタートからつないでみら、中間部がちょっと苦しくてテンテン。3便目でRP。ちょうど、Iクラさんが一緒にトライしていて、中間部のムーブを参考にさせてもらった。11bcは、グレードが辛いかと思ったが、レストポイントがあるし、自分が計4便で登れるなら、RPグレードならそんなものなのかもしれない。(錦糸町のオオイケさんやオオツカさんが設定した11cは、もっと難しいし)。ただ、初見ではムーブがわかりにくいことは確かなので、それを考慮すれば11cが妥当かも。
トップロープ壁奥の黒10d、三角箱に立ってからの遠い1手(ランジの人が多いらしいが、自分はスタで)もきついが、その後のマントルが激悪。おでこまでスメアして、なんとかずり上がった。たしかにホールドはガバだが、10台のムーブではないような?

帰りも歩いて帰ったが、その努力は翌日の体重計には反映されなかった。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-04-11 13:15 | ジムクライミング | Trackback | Comments(0)

スパイダーマン下部はなんとか/CM45、外5、湯河原3

日曜、Kスケさんと湯河原。8時に小田原でKスケ号にピックアップしてもらい、第1駐車場に到着が8時30分くらい。
梅の宴も終わり、観光客やハイカーは少ない。マットを背負ったボルダラーのグループが何人か見られた。
正面壁に着くと、2名のパーティが「スパイダーマン」にヌン掛けをしていたが、他にはいない。
まだ、湯河原9時発のバスが着く時間ではないので、それが到着したら人も増えるだろうと思っていたが、いつまでたってもだれもこない。結局、終日、2パーティ4名だけの、とても静かな正面壁だった。

2本アップした後、かかっているヌンチャクをお借りして「スパイダーマン」。最初にKスケさんがトライして、中間の核心部までは淀みなくするすると登った。上手い。しかし、ボルト5-6本間が超えられず、そこで敗退。
自分の番となったが、前回と変わらず、2ピン目クリップ後のムーブが作れない。一般的な(?)、縦ガバ保持で左足上げ→右足上げてキョン姿勢のムーブはできそうにない。といって、Kスケさんの、カンテを保持していくムーブもできない。下手すぎる。。。「左足上げ→左手ポケット取り→右足上げてキョン体勢」のムーブで行くしかないみたいだ。
こんな感じかな、というのがわかったので、いったん降り。

2便目、2ピン目の後は先ほど確認したムーブでクリア。
長身というか、多分170センチ以上ある人なら、左足上げのあと右足は下のまま左手がポケットが届くのだけど、自分の身長だと届かない。なので、左手ポケットの前に、左手で微妙なシワをほとんど爪で保持しながら、一度右足を上げなければならない。ここがけっこうギリギリで疲れる。
4-5ピン間の核心は、ムーブを作れかなった。そこから上は、テンテンで、ヌンチャク掴むわ、ボルト踏むわのA0で、なんとかトップアウト。上部が思った以上に悪かった。

ヌンチャクの持ち主に回収を依頼されたが、すでに時間もおしていたので、掛け替えはせずそのまま回収しておしまい。
帰りも小田原まで送ってもらい、小田急に乗って帰った。
Kスケさん、ありがとうございました。

●気温、服装メモ
湯河原の予想最高気温は13度。トップは長T、ユニクロソフトシェル、中綿ジャケット。ボトムは厚パンツ。まだ寒いかと思ったが、日が当たると暑い。登るときは半Tで十分。特に壁に日が当たる午後は、タンクトップでもいいくらい暑い。

●交通メモ
要町から副都心線→千代田線→代々木上原で小田急というルートだと、新宿に出るより少し安い。池袋は自転車のコイン駐輪場代が高いので、要町まで歩いてこのルートでいくのが、時間は少し余計にかかるが、一番安上がりになる。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-03-30 19:44 | 外岩クライミング | Trackback | Comments(0)

先週のジム。ランジ練習/CM42-44、TW38-40、パス58-60

#42,38,58
錦糸町、Kスケさんと。
ピンク12b、2便出して、またしてもゴール1手前まで。ここで落ちるの、3日目だ。いい加減飽きたし、終わらせたいのだけど。。。
3月課題11cは、登れた。

#43,39,59
江戸川橋でOツカさんやSさんとボルセッション。前回も書いたが、苦手のランジを克服するために、青Lで設定より近いホールドを使い、やさしくして練習。ちょっとI崎さんと話したら、「ランジは練習でうまくなる」との言葉に勇気づけられた。ランジは才能だと思っていたが、そうじゃないみたい。
赤1、下部で、左手が上ポケットのムーブは次がどうしても届かない。それで、また右手が上ポケットのムーブを試してみたら、不思議な事に、以前は絶対に離せなかった右足がうまく離せて、黄色半月ホールドまでつなげることができた。
だけどそこから上も難しい。

#44,40,60
昨日に続いて、青Lでランジ練習。だんだん慣れてきて、正規のスタートホールドから飛んで、1回だけ止まった。まぐれかも知らんが。
止まっても、その上がきつい。上のムーブも、そこだけやって1回だけできたが、足の甲の側でホールドを踏むので、めちゃくちゃ怖い。失敗したら捻挫必須、みたいな感じ。
Kハマさんはランジがうまくて、青Lも2回で止めていた。壁にまず引きつけてから飛ぶ、というコツを教わった。意識してみよう。
まだ登っていなかったらしい、青JやKもやってみたが、こちらは割りと簡単。Lだけが異常に難しい。もっとも、手足青は7~4級と設定に幅があるので仕方ないのか。でも、設定の幅はせめて2グレード(7~6級)にしてもらわないと、目安にならないと思うのだけど。
青Lランジで落ちた時に、故障のある右膝がパキっとなって、外れかけて痛かった。本日終了。これがあるからランジは怖いんだよな。
[PR]
# by seeyou44 | 2016-03-28 16:35 | ジムクライミング | Trackback | Comments(0)